CDに埋もれている

  • 2013.07.18 Thursday
  • 22:32
JUGEMテーマ:音楽

何度か書いているけど、CDを買い過ぎている。聞ききれない程のCDが俺の身の回りにあって、それに埋もれている。問題は金銭的なことじゃなくて、一つ一つの作品を聴きこめないことだ。昔は金もなく、1枚のLPレコードを買ったら何度も何度も聴いた。友達に借りたLPもテープに落として何度も何度も聴いた。そうすると当然、曲名も曲の細かな部分やフレーズも覚える。今は、自分のCDの入っている曲が全然脳内再生できない。聴いてみるとなんか、ぼやっと聞き覚えがあるんだけど。。。そんな状態で、音楽と生活や思い出が結びついたりはしないだろう。でも、もう、今更後戻りはできないところまで来てしまった気がしている。

Lovehunter
Lovehunter / Whitesnake
Sumbursr Records Ltd. - 1979

干支Boxの3枚目。Whitesnakeとすれば2ndスタジオ・アルバムということになる。が、すでに2ndにして、サウンドや楽曲は高いレベルで完成している。80年代のへヴィー・メタル時代も人気が高いんだけど、やっぱ、俺は好み的にはグルーブのあるR&Bチックなハードロックをやってるこの時代の音が好きだ。このあたりのアルバムを聴くと、カヴァーデイルに、「元Deep Purple」という肩書はすでに不要だな、と思う。



今年も「しまむら」へ

  • 2013.06.29 Saturday
  • 21:15
JUGEMテーマ:音楽

Kndの通学用ローファーが、後卒業まで半年ちょっとと言うところでもう、靴底がすり減りきってしまい、買う必要がでてきた。そういえば、去年はボーナスが出てからみんなで「しまむら」行って、服とか水着とか必要なものを買ったよねと言うことで、今年も同じ時期に「しまむら」へ出かけた。ローファーの他に、Knd、Shn、嫁さんと服やらズボンやら靴下やらどっさり買い込み、昼食は中の「サイゼリア」へ。俺とKndは「ターメリック・ハヤシライス」、嫁さんとShnは「ドリアとミニホカッチャ」を食した。そして夕飯はまたも俺のスパゲッティ。ボンゴレ・ロッソとキノコバター醤油。ちょっと、体重が増えた。

LiveAtHammersmith
Live At Hammersmith / Whitesnake
Sunburst Records Ltd. - 1980

正月に買った干支縁起物の「Box 'o' Snakes」からCDはやっと2枚目を紹介。これは2ndに当たるのかな。でも、いきなりLiveだ。どっかネットではスタジオで手を入れまくりと読んだ気がする。全6曲だが、そのうち2曲はPurple時代の曲。まだ、オリジナルが少なかったのか。で、聞くとその2曲がいいなぁ、と思ってしまうあたり、ちょとどうかと。まぁ、俺の好きな「Burn」から「Might Just Take Your Life」と「Mistreated」だからなぁ。しかし、この調子だと、今年の干支Box、今年中に紹介仕切らんな。



Blog開設6周年

  • 2013.05.02 Thursday
  • 21:01
JUGEMテーマ:音楽

さて、5月2日。毎年この日はBlog開設記念としていろいろなデータを書いている。今日もBlog開設6周年を記念して、色々データを見ていきたい。

まず、記事の総数2,117。今日のこの記事は2,118記事目。ま、6年ほぼ毎日書いているとこういう数字になるわけで。ちなみに、この1年間で付けた記事の数が351。1年365日のうち、書かなかったのは15日間。ま、帰省の時だけだね。

さて、最近の記事のアクセス数が約約2万人/月。ここのところ記事を書いた後でツイッターに記事のリンクを張るようになったら、アクセス数はすげぇ増えた。けど、コメントを書き込む人がいないので、ロボットか一見さんが殆どだろう。

そして、音楽編。今年初登場のミュージッシャンは34組。去年の41組よりさらに減った。徐々に新しいものは聞かなくなってるというのがデータででも分かる結果だ。

さて。ランキングに移ろう。まず、この1年、より多く回数聞いたミュージッシャンのランキングだ。

第1位 The Rolling Stones 32回

去年の音楽的抱負は90年代以降の音楽をたくさん聴く、だったはずだが、蓋を開けると、1位、ダントツでストーンズ。しかも、32回というのは、過去1位を取った2007年度の20回を大幅に上回る回数だ。バンド結成50周年のイベントに踊らされて、色々買いまくった結果が見事に数字に出たな。

第2位 甲斐バンド 12回

日本人が俺のランキングに入るのも初めて。しかも2位。確かに俺の中で甲斐バンドブームが来たんだよ。で、レコードを買いまくって良く聴いた。まだ焼いていないレコードもあるので、今後ももうちょっと回数が伸びるはず。

第3位 Madonna 9回

第3位にマドンナが入ってしまった。これは全部入り廉価Boxのせいだ、仕方ない。あと2枚、まだ紹介していないアルバムが残っているが、マドンナがランキング入りするのは今年だけだろうな。

第4位 UFO 7回

これはChrisalis Years Vol.IIのせいだろう。とすると、この1年で聴いたUFOはほとんどポール・チェンバースで、マイケル・シェンカーではないってことか。UFOも来年以降はランキングに入ってこないだろうな。

第5位 Fleetwood Mac 6回
同率  Paul McCartney 6回
同率  Thin Lizzy 6回
同率  V.A. 6回

5位が6回で4組。Fleetwood Macはボブ・ウェルチの訃報と、Deluxe Editionへの買い替え。PaulはRamやBox購入のせいというより、恐らくレコード処分の録り直しのためだろう。Thin Lizzyは廉価Boxのせいだ。あと、V.A.ってのはフェスティバル物やサウンドトラックものなので、本来はランキングから外すべきかも知れないな。

第9位 Miles Davis       5回
同率 Peter Frampton      5回
同率 The Doobie Brothers   5回
同率 The Jesus And Mary Chain 5回
同率 風 5回

9位が5回で5組。マイルスは頑張って聞いてるつもりでも、この1年では5回しか紹介できなかった。フランプトンはCDで買い直したり、レコード処分録り直ししたりだな。ドゥービーとジザメリは5CD Boxだな。そして、またも邦楽である風がここにランクイン。全部レコードだけど。

これで、13組。
ちなみに次点の14位は4回で13組もいる。下記だ。

10cc/Alice Cooper/Angel/Everything But The Girl/Jimi Hendrix/Kiss/Led Zeppelin/Pink Floyd/Queen/Rainbow/Rod Stewart/The Beatles/Toto

そして、最後に、これも恒例。この6年間、良く聴いたミュージッシャンのランキングだ。

6年間累計ベスト10(ではなく12だけど)

第1位 The Rolling Stones 78回
第2位 Queen 37回
同率 The Beatles 37回
第4位 Santana 33回
第5位 Kiss 32回
第6位 Led Zeppelin 30回
第7位 Aerosmith 28回
第8位 Cheap Trick 27回
同率 Paul McCartney 27回
同率 Wishbone Ash 27回
第11位 David Bowie 26回
第12位 Pink Floyd 25回

んーん、やっぱストーンズが、2位よりダブルスコアでダントツ。ストーンズ、まだ伸びそうなんだよね。

Trouble
Trouble / Whitesnake
Sunburst Records Ltd. - 1979

今年の正月に縁起物として買った干支の箱から、やっと1stアルバムを載せよう。このアルバム、以前からSHM-CDの邦版を持っているんだけど、あっちのエッジのたったキンキンした音より、こちらの方が音的には好みかもしれない。ハードロックというより、ファンクに近く、また、ギターがそれ程歪んでいないので、バックの音はAORっぽいところもある。バーニー・マースデンの個性が以外にも多く表れているのかもしれない。疾走感溢れる楽曲群は聞いていて非常に気持ちよかった。


干支の縁起物

  • 2013.01.12 Saturday
  • 21:28
JUGEMテーマ:音楽

今日は年明け初のレコード漁りに横浜へ。レコード物色目的で出かけたのは実は久しぶりだ。割引キャンペーンやってたお陰で12程回収して¥2,000ちょっと。安く済んだ、と思いきや、その後ででかい買い物をしてしまった。
今日は、1月の2日に大阪で買ったこれを紹介しよう。
Snake1
Box 'o' Snakes: the Sunburst Years 1978-1982 / Whitesnake

ホワイトスネイクの初期作品のBoxセットだ。実は9月の30日にAmazonで¥10,000で売っていてクリックしたが、散々待たされた挙句、結局入荷できずでキャンセルされた商品。Tower Recordの店舗で買うと倍以上するが、正月だし、干支の縁起物と思い購入。

これは裏の画像。
Snake2



そしてこれが、内容物を広げた写真だ。
Snake3

初期のアルバムが7枚と、ここでしか聞けないReading Rock Festivalの79年と80年のLive、合計CD9枚組に、TVショウやプロモ等の画像を収めたDVDが1枚、さらに、デビュー作となった4曲入りのEP、大判のブックレットとポスターがセットになったもの。今、少しずつ楽しんでいる所だ。
実際、元日はちょっとしたアクシデントが会ったりしたが、2日にこれを買ってからは、運気が上向いている気がする。さすが白蛇、神様。来年は馬関係のBoxを買えばいいのかな?馬って何だ?ニール・ヤング関係?

Snakebite
Snakebite / Whitesnake
EMI Records. - 1979

そして、昨夜は、この中からデビュー作の4曲入りEPをCD-Rに焼いたものを聴いた。ちょっと録音失敗。レベル調整をデカくし過ぎて、曲の途中が酷く歪んでいる。実は、此処の4曲って、SHM-CDで買った「Trouble」のボーナス・トラックで全部収録されているので音自体はあまり貴重ではないのよね。でも、レコードってところが良い。SHM-CDを聴き比べても、キンキンしたエッジの立った音ではないので耳に優しい。Whitesnake。いいね。


書きまつがい

  • 2012.10.11 Thursday
  • 21:02
JUGEMテーマ:音楽

まぁ、相変わらず、会社のPJで飛び交ってる1日1,000通を超えるメールはギスギスしてたり、明らかに馬鹿を晒していたりするんだけど、最近、笑わずには居られないような書き間違いメールが数件あった。まず。「お疲れまです。」「さ」が抜けてるだけで、異様に可愛い感じになった。つぎ、「先ほど、おでん頂いた件ですが」・・・こいつら、会社で「おでん」のやりとりしてるのか!?最後、えらそーなお偉さんのメール。「なんでそんな情報もシャァ出来ていないのですか。」・・・「シャァ」って何だ?赤くて3倍早く動く奴か?って、俺はガンダム知らんけどね。

SlideItIn
Slide It In / Whitesnake
The David Geffen Company. - 1984

レコード処分の為の録り直し。実は、これを聞きながら、Vaioのセットアップをやってたおかげで、見事に聞き流してしまった。今日、昼間、Walkmanで再度、聴いた。やっぱ、このアルバムいいな。ギター、ベース、キーボード、ドラムといった楽器のバランスがとても良いし、もちろんコーラスも、デヴィッド・カバーデルのソウルフルな歌もいい。で、ギター・リフがキャッチーながら、歌メロもちゃんとしているので、楽曲自体も聴いていて気分が良い。残念なのは、2曲めの、ちりちりノイズ。やっぱ、レコードはそういうのから逃れられん。


激疲れ

  • 2012.04.21 Saturday
  • 21:12
JUGEMテーマ:音楽

カローラ・フィールダー、今日、スタジオデビュー。山ほどの機材とKmyさんを乗せてスタジオまで。今日は3曲のリズムトラック、ボーカル、コーラスと、1曲、ドラムとボーカルのトラックを録れた。そして俺は家に帰ってからが大変。そのうち1曲をギター2本入れて、キーボードの音とって録音して、MixダウンしてMp3化して、Webに載っけて、iPodとWalkmanに入れた。これ1時間半くらいでやったぞ。立ちっぱなしでギターと歌を演るスタジオと違い、エンジニア的な作業がメインになるので、それ程疲れないかと思ったが、激疲れた。ギターをずっと座って弾いていると、背中と腰が痛くなるなぁ。

Lovehunter
Lovehunter / Whitesnake
Sumbursr Records Ltd. - 1979

SHMCDの邦盤で買ったWhitesnakeの2枚目。メローな「Long Way From Home」で幕を開ける。メローというより、ブルージーと言うべきか?わりとミドルテンポのグルーヴィーな曲が多く、早い疾走感溢れるハードな曲は少ない(ない?)。そういう意味では何度でも疲れない音楽だけど、ちょっとSHMCD、高音がキツイ気がするな。ボリュームをあげると耳に痛い。良い音の定義は千差万別だが、年を取ると、高音情報量が多いと疲れるんだよな。それでも死ぬまでロック聴くと思う。



嵐のような

  • 2012.01.20 Friday
  • 21:26
JUGEMテーマ:音楽

今朝起きると雨、そして雪に。バスも電車も混んで、雪の中傘をさして会社に出たら山ほどメールが来ていて。俺の路線ではないが電車遅れが発生し、仕事関係者は朝一出社できない人も。そんな中関係者に指示を出しながらメールで状況確認しながら上司の質問を回答。午後になっては別チームから問題解析をぞくぞく振られ、途中関係者といがみ合い、16時からは2時間以上の会議に出席し、席に戻ってから明日の段取りを調整し、電話しまくり。嫁さんからの携帯メールに返事を書く暇もなく。あぁ、嵐のような一日だった。明日も、外出しつつも在宅勤務。

Trouble
Trouble / Whitesnake
Sunburst Records Ltd. - 1979

ホワイトスネイクの1stフルレングスアルバム。少しややこしいが、デヴィッド・カヴァーディルがDeep Purpleを脱退した後に出したソロアルバムのタイトルが「Whitesnake」で、それはバンドではなく、その後Whitsnakeというバンドを組み、「Come On」という4曲入りEPを出した後に、フルレングスのアルバムを発表したのが、これ。サウンドは4期のパープルをちょっと軽く、ファンキーにしたような感じだ。バーニー・マースデンのギターのせいか、若干フュージョンぽさも感じる。間違っても80年代のホワイトスネイクのようなライトメタルではない。ボーナストラックは前述のEPが4曲まるまる入っている。非常に好ましいボーナストラックだ。



ボーリングとカラオケ

  • 2011.07.18 Monday
  • 21:23
JUGEMテーマ:音楽

今日は、珍しく家族4人が休日で揃ったので、みんなでボーリングに行くことにした。ゴールデン・ウィークにはShnと嫁さんと3人で言ったけど、Kndがクラブか何かで行けなかったからな。前々から約束とかしてなくて、今朝、急に行くことにしたので、子供たちはいきなりテンションが上がった。ボーリング場はゴールデン・ウィークの時より空いていた。まぁ学校がまだ休みじゃないからな。アイス食ったりしながら2ゲームしたけど、Kndは初ボーリング、なかなか上手く行かずに、いまいちだったようだ。ボーリングの後、ミスドでお茶でもして帰ろうかと言っていたら、Kndがカラオケ行きたいと言い出したので、ミスドの隣のカラオケ屋に入った。こちらも予定外。昼飯を食いながら2時間、家族で歌を歌っていた。子供はほとんど嵐。俺と嫁さんは昔の曲。まぁ、とんだ散財だったが、滅多にあるもんじゃないからな、いいやね。
それにしても、女子サッカー・ワールドカップ。すごいね。ワールドカップ優勝ってとてつもなく素晴らしいね。日本にとって、今年1番の良いニュースだな。

SlideItIn
Slide It In / Whitesnake
The David Geffen Company. - 1984

このアルバム、いいね。捨て曲なしだ。恰好いいハードロックが10曲詰まってる。俺が買ったのは、アメリカの輸入盤レコードだ。どうも、このアルバムは色々ややこしいらしい。オリジナルのUK盤とは曲順が違う、が、それだけではなく、ミッキー・ムーディのオリジナルのギター演奏を後加入のジョン・サイクスのギターと差し替えて、バッキングトラック自体が違うものになっている。オリジナル版を聴いていたファンからはこの改変は評判が悪いが、俺はこれしか聴いてないので、ハードなギター演奏がコージー・パウェルのドラムとも相性良く、とても良いサウンドになってると思う。



今年最後の記事

  • 2009.12.28 Monday
  • 21:15
JUGEMテーマ:音楽

明日から実家に帰省するので、今日が今年最後のBlog記事となる。T-01Aで投稿するとすぐにパケット代が行ってしまうので、もう実家からはアップしない。で、去年みたいに今年の出来事で大きかったことを書こうかと思ったが、親父が去年末に死んで、新年早々葬儀したってこと以外、あまりないんだよな。でも、まぁ、親父のことを除いて、少し、書いてみるか。


・Fender '52 Telecaster Thin Lacquer Finish Naturalをゲット。
うん、これは嬉しかった。が、まだ一度もお外へ連れて行っていない。なんだか、スタジオで汗まみれになって弾くのがまだ、踏ん切りつかないっつーか。

・The BeatlesのCDリマスター
これも、9月の発売以来、未だに楽しませてもらっている。まだ、当分たのしめそうだ。

・下の子、新インフルエンザ
お陰で1週間、会社を休みました。この直後、家族が発病しても、会社に行っていいことになった。

・上司が変わった
秋ごろ、元の上司が外国に転勤して、上司が変わった。それだけ。仕事は変わってない。

・レコード録音環境一新
プレーヤーとサウンドモジュールを買い換えたので、音が格段と良くなった。なによりもレコードのキーが正しくなったのが嬉しい。お陰で、相当枚数を再度録りなおすことになる。

って、無理やりひねり出しても、たいした話ないんだよな。きっとある意味平和な一年だったんだろう。

LiveInTheHeatOfTheCity
Live... In The Heart Of The City / Whitesnake
Sunburst Records Ltd. - 1980

ホワイトスネークのライブ盤なんだが、ドラムがイアン・ペイス、キーボードがジョン・ロード、ボーカルがデヴィッド・カヴァーデル、ってここまではまるっきり4期のパープル。ベースと2人のギターが違うが、演奏自体は全然危なげない。後のLAメタル化する前なので、ソウルフルだし、ロックだし、聴いていて非常に気持ちよい。バーニー・マースデンとミッキー・ムーディーという2人のギタリストも、それほど派手さは無いがいいプレイをしている。

ってわけで、来年もよろしく。


上の子誕生日週末だが

  • 2009.09.04 Friday
  • 21:19
JUGEMテーマ:音楽

9月6日、すなわち今度の日曜日は上の娘の誕生日だ。14歳になる。はず。が、その日は吹奏楽部の東関東大会があるため、当日は朝から晩まで、明日も朝から夕方まではクラブだ。この夏休みもほぼ毎日クラブで学校に行っていたので、誕生日プレゼントすら買えていない。当日もケーキを食べたりといった祝い事は無理だろう。この14年間でこんな事は初めてだ。少し可愛そうな気もするが、クラブは自分が好きでやっているので仕方ないね。せめて明日は俺が晩飯にスパゲッティ作ってやるからな。

GreatestHits
Greatest Hits / White Snake
Geffen Records, Inc. - 1994

Deep Purpleって、ハードロックバンドなんだけど(と、高校生くらいのときは思っていた。今聴くと3期と4期はファンクロックバンドだということが分かるが)、ホワイト・スネークはハードロックではなく、基本はR&Bだ、と、何処かで聞いたか、読んだかした覚えがある。で、一番最初に手を出したのが、このベスト版だった。「ただのメタルじゃん??」ってのが第一印象だった。確かに、80年代の中盤にゲフィン・レコードに移籍した途端、MTV狙いのL.A.メタルバンドに変身し、大ヒットしたそうだ。まぁ、今聴くと悪くないCDなんだけど、買った当初は物凄く外したと思ったものだ。


PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM