マイルストーンクリアだが

  • 2014.02.01 Saturday
  • 00:52
JUGEMテーマ:音楽

今日、とりあえず、ずっと大きな目標だったマイルストーンを無事クリア。あ、仕事の話しね。しかし、ある手順で100%発生する問題は内包していて、それの解決期限が2月2日中。つまり、また土日に釈迦力で問題解決に当たらなきゃいけない。が、俺は明日は休ませてもらうことにした。先週予定していた俺の誕生日ディナーを予約してあるので、夕方からはどうしても外せず。問題継続の場合、日曜に出ることで勘弁してもらった。

Toriko
虜 / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1982

おととしにやってきた甲斐バンド、マイブーム。かなりブームは去っているけど、レコードは残っていて。久しぶりに載せる。これはNew York3部作と呼ばれているものの1枚目。Mixがボブ・クリアマウンテンだそうだ。まぁ、当時の音ではあるが。徐々に、ギターロックではない音になってきていて、初期や中期のファンとしては戸惑いを覚えるサウンドだな。



Face Bookってやつは

  • 2013.05.31 Friday
  • 21:11
JUGEMテーマ:音楽

Face Bookって奴は、思いも掛けない人と連絡が取れたり、連絡取れた上で会う事が叶わなかった人と数十年ぶりに会う事が出来たりして、そりゃ、驚きとともに、便利だなと思う反面、それ以上に鬱陶しかったりする場合がある。当時、全然コミュニケーションをとった覚えもないクラスメートから友達リクエストが来たり、まぁ、それは良いんだけど、第三者が友達紹介までしてくる。なんで、お互いその気もないのに、無関係の奴が、友達になれと勧めてくるのか、その思考回路が分からん。そう、もう、数十年、違うフィールドで生きてきてるんで、経験も考え方も違うんだという大前提が、なぜないんだろう。

BrokenHeartForSale
破れたハートを売り物に / 甲斐バンド
EMI Music Japan. - 1981

ここまで来た。甲斐バンド81年のアルバム。アフリカン・パーカッションにカブレているのはTalking Headsの「Remain In Light」のせいだろう、と思ったら、あっちは83年。こちらの方が先だった。とにかく、今次点で甲斐バンドの中では俺の一番のお気に入りアルバムだ。A面の2曲めから5曲目までのロケンローな楽曲が最高に恰好良い。B面のメローな歌謡ロックも非常に気分にはまるし、なによりも「観覧車」のオリジナルが聞きたくて、レコードが見つからないこのアルバムを紙ジャケCDで買ってしまったくらい、好きだ。ただ1点、甲斐自体の声の魅力は落ちてきているように感じる。



Band休止中について

  • 2013.05.12 Sunday
  • 21:07
JUGEMテーマ:音楽

先日のKndとの会話。
Knd:「父ちゃん、もうバンド、辞めちゃったの?」
俺 :「あぁ、今はね。」
Knd:「なんだ、もう友達に『うちのお父さんバンド組んでるの』って言えないじゃん。」
どうやら、俺がBandをやっている時は、自分の父親がBnadをやっていると言うことが、それなりに自慢だったらしい。
俺 :「じゃぁ、友達に『うちのお父さんボカロPやってるよ』って言えばいいじゃん。」
Knd:「えー、そんなの言いたくない。」
同じ音楽をやってるにしても、ボカロ関係ってどうもオタクのイメージが付きまとうんだな。Band=恰好いい。ボカロP=恰好よくない。という図式が、ボカロに興味のない女子高校生にはあるようだ。

懲りずに、新作へのリンクを張っておく。

ニコ動:http://www.nicovideo.jp/watch/sm20783033
Youtube: http://youtu.be/D1VsNo4LA_g

RUminnoUta
流民の歌 / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1981

ずっと順番に来ているので、夕べはこれ。ちゃんとDigital Sound Cleanerで録り直した。ほぼノイズレス。前作「地下室のメロディ」の前が2枚組Live「Million Dollars Night」だったので、「またLive盤?」と、当時も思った。しかも、今度はLP3枚組だし。演奏にやたらパーカッションを入れるようになった時期で、これがのちの「破れたハードを売り物に」につながっていくんだよな。でも、「Million Dollars Night」に比べてギターの音が小さいんだよ。演奏は悪くないのに音で損をしてる。人気的には最高潮の時代のLiveと言うことで、悪くはないけどね。



ビニ傘破損

  • 2013.04.03 Wednesday
  • 21:11
JUGEMテーマ:音楽

昨日に続いて降り続く雨。二日続けて朝から雨の中を通勤。昨夜は土砂降りの中、いつもの様に歩いて帰り、ズボンびしょ濡れだが、今日も予報で雨とわかっていたので着替えず。今朝は雨プラス風も強くなっていて、会社近くの高層マンション、会社の入口近くで異常な暴風。ビニール傘の骨が完全に歪んだ。お猪口になったわけではなく、上からの風圧だけで傘が壊れた。でも、まぁ、ここ数年、傘なんてビニール傘で十分、壊れれば捨てれば良い、って思ってる。それに透明なビニール傘に慣れると、たまに色付きのちゃんとした傘を差すと、向こうが見えずに怖かったりするんだよな。

BasementMelody
地下室のメロディ / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1980

この頃は、一般的な人気でいうとピークの頃だったろう。出すシングルはともかくヒットしてた。「漂泊者(アウトロー)」はハードロックだ、アルバム未収録だけど「ビューティフル・エネルギー」はフォーク・ロック調だ、音楽的幅も広く素晴らしい。・・・なんて評を見たことがある。しかし、俺はこのアルバム、好きな方ではない。とにかく、楽曲がつまらない。歌詞もいまひとつ共感を覚えない。タイトル曲はマリンバやシタールが入った無国籍風な曲で、ブライアン・ジョーンズ在籍後期のStonesを彷彿とさせる。



横浜レコード漁り

  • 2013.02.23 Saturday
  • 21:13
JUGEMテーマ:音楽

この前の日曜日、Kndと横浜に行ったんだが、完全にKndの用事のためだったので、今日は宝くじを買いがてら、レコードを漁りに再度横浜へ。今日は嫁さんと二人。まず、処分レコードを15枚持って行って、全部で¥250くらい。相変わらず労力に見合わないが、目的はレコードを市場に戻すためなので仕方ない。で、中古レコード12枚購入。今、5枚以上で1枚につき¥200offやってるので、全部で¥2,000ちょっと。CD。1枚分の料金だ。帰ってからは今日もまた俺のパスタ。今日はスパゲッティーニではなくリングイネでミートソースと、ほうれん草ベーコンクリームを作った。あー、自分で作っても美味い。

MillionDollarsNight
Million Dollars Night / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1980

やっぱ、「My Generation」の次はこれでしょう。後の「流民の歌」とかに比べると非常に音が良いLive。人気爆発した頃なので、初期の曲もまだ説得力をもって演奏されているな。ま、色々パクっては居るんだけど、このバンドはそれも込みで楽しめるんだよな。「港からやってきた女」から「三つ数えろ」に流れる所なんか、ベタだけどいいなと思わせるし。あぁ、そう言えば、俺、このツアーのLiveを大阪のフェスティバルホールで観てんだ。忘れかけてたけど。思い入れを感じるのはそれも原因か。



5年半ぶりの東京ディズニーランド

  • 2013.02.15 Friday
  • 22:57
JUGEMテーマ:音楽

あー、帰ってきた。俺は前回ディズニーランドに行ったのは2007年の9月。つまり5年半ぶり。他の家族はそれ以後もちょこちょこ行ってはいるけど。5時過ぎに起きて6時に家を出発したお陰で渋滞には会わずに済んだけど、現地に7時半には着いて開園まで1時間半待ち。そして9時の開演と同時にファストパスと並びを並行でガンガン、アトラクションをこなして行って。昼ごろから生憎の雨模様になったが、そのお陰もあり普段よりも短時間で乗れる、観れるものが多く、今まで、1日でこれほど多くのアトラクションをこなしたことはない。モンスターズ・インク、ビッグサンダーマウンテン、白雪姫、フィルハーマジック、プーさんのハニーハント、ホーンテッド・マンション、蒸気船なんとか号、キャプテンEO、バズ・ライトイヤー、カリブの海賊、ロジャー・ラビット、ミッキーの家、グーフィーのペイントなんとか、トゥーンタウンのミニコースター、食事2回、おやつ一回、おみやげも買って、閉園時間までびっしり。上のKndが今年18歳。4人揃ってディズニーランドってそろそろ最後かもと思うと、体力と時間の限界まで居ようかと。みんな楽しんだけど、Shnが一番喜んでいたな。

MyGeneration
My Generation / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1979

「Hero」の大ヒットから乗りに乗った状態で制作されたであろうアルバム。実際人気的にはピークを迎えようとしていた頃だ。俺も、この辺が大好きだった。Stonesのパクリだろうがなんだろうが、それをフォークや歌謡曲と掛けあわせたような日本ロックとして、今も気恥ずかしさを感じながらも気持ちよく聴ける。この後2枚組Liveの「Million Dollars Night」に収録される曲が特に好きだったな。


しばらくCD購入を控えようかと

  • 2013.01.21 Monday
  • 21:07
JUGEMテーマ:音楽

もう、今まで何度も思っているけど、しばらくCD購入を控えようかと。去年は結局250枚くらいのアルバムをCDで購入、そのうち3分の1くらはまだBlogに載せれていない。いや、あくまでもアルバムの数なので、5CD Boxは5でカウントしてるし、2枚組アルバムは1でカウントしている。したがって、使ってる金額とは直結しないけど。その上レコードも相当数買ってるので、聴き切れる訳がない。1年365日しかないのに、年間300枚くらいのアルバムを買っていると、聴き込めない。なのに、現時点で今年は去年を上回るようなペースでCDを買ってる。これじゃいかん。自戒しよう。

誘惑
誘惑 / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1978

このアルバムに収録されている「からくり」って曲が、大ヒットシングル「Hero」のB面だった。友達と半分づつお金を出して「Hero」のシングル盤を買ったので、確かだ。つまり、このアルバムの頃、甲斐バンドは大ブレークを果たした。確か「ベストテン」も出演拒否しながら、別スタジオにファンを入れて1回出演したのもこの頃だ。「翼あるもの」とか「嵐の季節」とか、重要曲もあるが、全体的には結構陰鬱な曲が多い。しかし、甲斐の声はそんな楽曲でも楽しめる。

酷い社食

  • 2012.12.20 Thursday
  • 21:03
JUGEMテーマ:音楽

今年の9月から、だっけ。北館の夕飯の社食が廃止になったのは。それまで、軽食系を北館で出していたときは、蕎麦、うどんも2種類、カレーも2種類、ラーメンも2種類出していた。特にグレードの高い方のカレーとか、結構美味くて食ってたんだけど。定食を中心とした南館に統合になって、全部、まずいもの1種類に変わってしまった。じゃぁ、定食物を食えばいいかというと、これが数少ないメニューのローテーションで、かつ、高い。社食で¥600、¥700超えって、あり得ない。今時、牛丼チェーンに行くと、単品だと¥300しない。野菜や汁物付けても¥500でお釣りが来る。今日、¥500を超える社食の酷い丼ものを食って、心底嫌気が差した。

CircuaAndCircus
Circus & Circus / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1978

レコード処分、するつもりはないが、録り直し。甲斐バンドを順に紹介するためには「この夜にさよなら」の次に「誘惑」を紹介する前にこれを聞かねばならない。俺は「Hero」で大ブレイクを果たす寸前に甲斐バンドを聴き出したので、このアルバムは一番最初に聞いたアルバムだと思う。今回1stから順に聞いて行って此処にたどり着いた印象は、やっぱ、古臭いけどロックだなということ。まだ、のちのアリーナクラスのLiveではないので、客との親密感や、ホールの音の臨場感とかあり、良いね。まぁ、タイトルからしてStonesのパクリではあるのだが。


初鍋

  • 2012.12.02 Sunday
  • 21:06
JUGEMテーマ:音楽

一昨日の夜Shrsと飲んで、ちょっと昨日はカロリー摂取を自粛していたら、風呂あがりに妙に体重が減っていた。で、今日はこれくらい大丈夫だろう、とか思いながら食ってたら、一日で元の体重に戻ってしまった。増える方向は簡単だな、オイ。ま、晩は今シーズンの初鍋だったから無理もないか。今日はちゃんこ鍋にしてもらった。タラと鶏と豆腐、後は野菜や春雨入れて美味しく頂いた上に、最後の占め雑炊。こりゃ食うって、食っちまうって。雑炊、お腹いっぱいになったのにまだ食いたかったもんな。

KonoYoruNiSayonara
この夜にさよなら / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1977

「またストーンズ?」と嫁さんが聞くくらい「Memory Motel」な「最後の夜汽車」で始まるアルバム。これは、唯一、以前からCDでもってるアルバムだ。まぁ、十数年前に買った時も既に懐かしいアルバムではあったが。「そばかすの天使」あたりが聞きたかったんだろうと思う。もう、ここまで来ると「よく知ってる」甲斐バンドなんだよね。そして、「Hero」でブレークするまで後もう少しなんだよな。



いろいろ不自由

  • 2012.10.29 Monday
  • 21:02
JUGEMテーマ:音楽

ちょっと数えてみた。したら、今年に入って、200枚のCDを買っていた。レコードは含めずに。厳密に言うと、200セットのアルバムと言うのが正解だから、廉価な5CD Boxは1ではなく5でカウントしているし、2枚組のアルバムは1でカウントしているが。で、ある程度聴きこんでから載せようと思っていたので、相当数がまだここに載せられなくて、どんどん溜まってきている。毎日、聴きたいCDを聴いて、翌日、ここで紹介しようと思ってたのに、ここに載せるためのCDをまず聴かなきゃいけない、っていうとても不自由な状況だ。それはおかしい。なので、聴きたいCDを聴いて、聴きこみが足りなくても、第一印象だけでもいいからここに載せることにした。

ガラスの動物園
ガラスの動物園 / 甲斐バンド
東芝EMI株式会社 - 1976

3rdアルバム。ここから、リアルタイムでは無いにしても、学生時代、昔に聴いたことのあるアルバムということになる。で、やっと、ロック・バンドらしい音楽になってきている。と同時に、派手なパクリも、ここから開始。俺が気付いただけで、ルー・リード、スティーリー・ダン、オールマン・ブラザーズ・バンドのそっくり曲があり。別にいいけどね。でも、やっぱ昔に刷り込んだ曲って、流れると、無意識に歌ってしまう。昨夜はじっくり聴こうなんて思いながら、気づくと歌ってた。



PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM