連日定時あがり

  • 2015.05.27 Wednesday
  • 20:54
JUGEMテーマ:音楽

昨日は給料日で定時上がりしたが、今日も水曜の定時間日なので、定時上がりした。昨日は晩飯が家でなかったけど、今日は嫁さんバイト休みなので、当然作ってあるはず。で、家に帰り着き、まず、週末回すレコードを1枚洗剤で水洗いし、夕飯。今日は、豚肉となすの味噌炒め。野菜サラダ、春雨サラダ、味噌汁、ごはん、漬物。あぁ、美味い。俺は麺も好きだけど、普通の定食形態の飯も好きだなぁ。

PlasticLetters
Plastic Letters / Blondie
Capitol Records, Inc. - 1977

LP Boxから2枚目。俺はBlondieの現役時代のアルバムで、これだけCDで持っていなかった。なので、今回LPで聴くのが初。まだ、3rd以降のハイセンスなポップは聴けないが、その萌芽は見られる。「Denis」のメロディラインなんて十分キャッチーだ。しかし、このLP Box。思ったほど、高音質じゃないんだよね。DP-500Mで録り直し必要か。

LRを補正する手順

  • 2015.04.22 Wednesday
  • 20:59
JUGEMテーマ:音楽

LRを戻すのに、最初「Digital Sound Cleaner」で簡単にできると思ったが。LとRをそれぞれ片Chずつコピーして、新しいファイルに逆に張り付ければよいと思いやってみると、有音と同じ長さの無音部分がファイルの後ろに付き、これではだめだ。結局、「SoundEngine Free」というフリーソフトを拾ってきて、メニューから左右入れ替えを選んでやってる。これは楽。しかし、FlacからWaveへ戻す。1曲ずつLRを入れ替えて保存する。WavwからFlacへ変換する。ジャケット画像を含むメタ情報を登録する。サーバに置き直す。という手順が必要で、それなりに面倒。

Blondie
Blondie / Blondie
Capitol Records Inc. - 1976

BlondieのLP Boxから1枚目。これもちゃんとLRを戻してから夕べ聞き直した。パンクとニューウェーブの狭間から出てきたようなバンドだが、やはりデボラ・ハリーのボーカルが良い。サウンドもパンクに比べると演奏力もあり、曲もそれなりにキャッチー。やっぱ、いいやね。

今年度最終日

  • 2015.03.31 Tuesday
  • 21:11
JUGEMテーマ:音楽

昨日、休肝日。予定では今日も。家に帰り着き、嫁さんに「今日は、何か、祝い事とか(暗に飲む理由)ない?」。嫁さん「んー、Kndの整形に来年まで行かなくて良くなったことくらい?」。なんじゃそりゃ。今日届いたLP Boxを祝って解梱から楽しもうかと思ったら、一緒に来たShnの筆箱のせいで解包されちまってるし。筋トレしながら思いついた。「そうだ、今日は、今年度の最終日だぞ。1年で言うと大晦日みたいなもんだぞ。今年度の労をねぎらう意味で今日は飲むべきだろ。」と言ったら、家族全員が冷たい目で笑っていた。

Beautiful The Remix Album
Beautiful The Remix Album / Blondie
Chrysalis Records Ltd. - 1995

LP Boxが届く前祝に、90年代後半に買ったこのCDを聴いた。当時、レコードは実家に置きっぱなしで、Blondieが聴きたいと思った俺は、街のCD屋でベストと思しきこれを購入。そしたら、リミクサーによる完全なRemixアルバムで、オリジナル楽曲のかけらもない。エレクトロなループに、デボラ・ハリーのボーカルだけカットインしている楽曲群が延々77分。前半は面白いけど、途中からその冗長さも相まって飽きまくる。やっぱ、オリジナルが良いよな。



中古の物、古いもの(1)

  • 2014.07.29 Tuesday
  • 21:41
JUGEMテーマ:音楽

俺の母方の死んだ祖父は100歳近くまで生きたんだけど、60歳くらいの時にくも膜下出血で1度死にかけたことがある。俺はまだ小学校にはいるかどうかくらいの頃で、お袋に連れられて鳥取の病院まで行った記憶が微かにある。鳥取の母の実家(と言っても疎開組の借家だけど)は祖父の趣味で、戦国時代の槍や兜や胴、真剣とかの骨董品が結構飾ってあった。で、その時に、親戚の誰かが依頼して、祖父の事を霊媒師か占い師かに観てもらったことがあるんだけど、それらの骨董品にそれらを使っていた武士の念が残っていて、悪さをし、病気はそのせいだ、なんて言われたことがある。で、それを機に骨董品はどんどん処分されていったんだよな。で、この話は明日に続く。。。

GreatestHits_Blondie
Greatest Hits Deluxe Redux / Blondie
Hostess Entertainmen - 2014

先日載せた「Ghosts Of Download」と抱き合わせのベスト盤。抱き合わせと言っても、全曲、再録音しているので、結構聴いてて面白い。完全に楽曲はオリジナルのままの再現をしているんだけど、やっぱ、楽器も録音状況も違うので、微妙に音が違うんだよね。しかも、ボーカルは30歳以上の年齢差があるので、やっぱ、オリジナルのままではない。そこが妙に新鮮で面白いベストだ。



この2週間

  • 2014.07.26 Saturday
  • 20:57
JUGEMテーマ:音楽

ここ2週間は、やはり非常に気分が落ち込んでいたし、あらゆる事を考えた。恐らくすぐ治療を始めなきゃいけないので、早ければ来週にも入院。手術を行う事になれば、夏季休暇の帰省が出来なくなる。お袋になんて言おう。坊さん呼んだり、お袋の自宅療養用ベッドを返却したりするのを変更してもらわなきゃ。あと、子供にも本当の事言うしかないよな。Shn受験生だから要らん心配はかけたくないんだけどな。それにしてもどの治療法で治療できるんだろう、金掛かるよな、etc・・・・。そして、今は生還した気分。まだ100%安心と言うわけではないけど、ここ2週間に比べると全然気分が軽い。

GhostsOfDownload
Ghosts Of Download / Blondie
Hostess Entertainmen - 2014

今年出たブロンディの新譜だ。新譜の内容は結構良く、1曲目のレゲェ調の曲なんか「Super Heavy」っぽかったりするけど、以降、ノリも良く、聴いてて気持ちの良い曲が多い好盤だ。しかし、新譜のみでは売れないと思ったのか、これに、全曲再演のベスト盤が抱き合わせで付いている。さらに俺の買ったやつは1977年CBGBでのLive DVDもついた3枚組。DVDはブート並だが、今頃70年代のブロンディのLiveが観れるとは。


定期検査通院

  • 2014.01.17 Friday
  • 20:59
JUGEMテーマ:音楽

おととい、仕事でちょっと遅くなり、Blogパス。そしたら夕べはさらに0時を回る時間になって二日続けてパス。とにかく、仕事が良くない状態のまま佳境で。そんな中、俺は今日、肝機能検査の定期通院のため休暇。エコーやって、採血して、待たされて、診察受けて。帰宅後、会社の状況をメールで眺めるもちっとも好転していない。後ろめたく、なんだかメール出すのもためらわれるが、そうも言ってられないな。

Blondie
Blondie / Blondie
Chrysalis Records. - 1976

ブロンディのデビューアルバム。聴いたのは3日前の夜だ。これはレコードではなくCDで購入。確か、何か目当てのものをHMVで買うのに、マルチバイにするために選んだ1枚。時代的にもパンクの文脈の中からでてきたビートバンドで確かに1stはその傾向が強いね。後にもっとポップになって、音楽性も拡大するけど。



社食、顧客満足度アンケート

  • 2013.02.19 Tuesday
  • 21:09
JUGEMテーマ:音楽

今日、会社の社食や売店を経営している関係会社から、顧客満足度調査の為のWebアンケート依頼があった。アンケートに答えると飲み物をプレゼントというので、・・・いや、そうではなく、日頃社食で言いたかったことを伝えるためにアンケートに回答。まず、北館の夕飯社食廃止、そのため、和麺、中華麺のメニュー削減は非常に不便、って事と、牛丼のチェーン店で¥500以下で満足できる品が食せるご時世に、夕食のセットメニューは高くて不味い。という貴重な意見を書き込んでやったぞ。これで、ちょっとは顧客満足が上がるような努力がされればいいけど。さ、明日、無料のペットポトル貰うか。

Hunter
Hunter / Blondie
Chrysalis Records Inc. - 1982

「Autoamerican」に続く、Blondieのラスト・アルバム。つい最近レコードで回収。発表から30年経ってゲットって訳だ。作風、サウンドは「Autoamerican」に似てるかな。結構ゆったりとした曲や、どこかレトロなサウンドの曲が多い。セールスはジリ貧で、故にバンドは解散したそうだけど、結構ヒットした「Autoamerican」自体、俺はあまり好きではない。その前、「Eat To The Beat」がずば抜けて良かった。そこで聴けるタイトなビートポップ、New Wave、パンク。それを「Autoamerican」に期待して、コケたもんな。




昔のアルバムの長さ

  • 2012.05.16 Wednesday
  • 21:09
JUGEMテーマ:音楽

昔、学生時代。LPレコードってだいたいが45分以下だった。で、何度も聴くと盤が磨り減るので、なるべくレコードは掛けない。1回の再生でカセット・テープに録音。そしてカセットを聴いていた。そんなわけで大体が46分テープでアルバム1枚か、90分テープでA面とB面にLP1枚づつの2枚を録音していた。たまーに、50分くらいあるLPだと入らなくて困ったもんだし、逆に30分少々のアルバムだと余ったテープに全然関係ない曲を入れたりして、アルバムを台無しにしていた。ここ数年、何百枚かのLPをCD化したけど、40分を切るアルバムも多いんだよな。時代は変わりCDがメインになり、80分の収録ができるようになると、ミュージッシャン側も長いアルバムを作るようになったが、音楽に真剣に向き合うのに、80分で長すぎるんだよな。緊張感が保てず、聞き流してしまう。やっぱ、アルバム1枚40分で妥当な気がするここ数年。

AutoAmerican
Autoamerican / Blondie
Chrysalis Records Inc. - 1980

リアルタイムで買った俺のレコード。前作「Eat To The Beat」がすごく気に入って、タイトなビート・ロックを期待して購入。そしたらいきなり、映画音楽のようなオーケストラインストだわ、50年代風だわ、レゲェだわ、なじみないラップだわ、オールドジャズだわが出てくるので、物凄くがっかりした覚えがある。が、懸命な人なら気づくように、単にパンキッシュなビートロックバンドが、それだけ音楽の幅を拡げてきたアルバムだってことで、質が低いわけではなく、当時高校生の俺がわかってなかっただけだ。ちなみにこのLP、俺は初回生産分で、おまけのシングルが付いており、A面「Call Me」のスペイン語バージン、B面デヴィッド・ボウイの「Heroes」のカヴァー・ライブだった。多分、この音源、今、売られていないのでは?



お袋が機種変

  • 2011.12.13 Tuesday
  • 21:12
JUGEMテーマ:音楽

数日前、お袋から電話があり、それには出られなくて嫁さんから聴いた話なんだけど。姉の旦那が年明けからこっちに転勤になり、姉貴も頻繁にこっちに来るようになると、大阪に居るお袋としてはせめて電話で姉貴といつでも喋れるようにしておきたいと。そこでお袋を姉貴の家族契約にしてしまえば、通話料が無料になる、ということを何処かで聞いて、でも今は、姉貴の家族はDoCoMoでお袋はauなので、年末に俺が帰ったら一緒に手続きに行ってもらおうって思ってるって。いやいやいや、姉貴のところの家族契約に入るんなら、俺と手続きに行ってもだめじゃん。と思っていたら、今日再びお袋から電話。今日姉貴とショップに行ってMNPでauからDoCoMoに替えたって。また、新しい電話機の使い方を年末に教えてあげなきゃ。

ParallelLines
Parallel Lines / Blondie
Chrysalis Records Inc. - 1978

レコード処分の為の録り直し。まだ初期のパンク・ロックのイメージが残る3枚目。ブロンディって、シンセを中心としたNew Waveのイメージが強かったんだけど、ここでは多分にギター・パンクだ。ビートもいかにもパンク。曲も短め。デボラ・ハリーのボーカルもまだ青い印象だ。でもそんな中でシンセが曲をリードしだすアルバム後半の「Heart Of Glass」はやはり秀逸。次作で大ブレイクする寸前の勢いを感じるアルバムだ。



給料日に楽しみなし

  • 2010.11.26 Friday
  • 21:10
JUGEMテーマ:音楽

今日は11月の給料日。以前は定時に上がって、家族で待ち合わせて夕飯外食とかしていたけど、それもなし。定時で上がること自体が特別な日って感じだったけど、いまじゃ、ワークライフ・バランスの考えからか、月の半分は定時で帰りましょう、とかいうルールになり、もはや給料日は定時で帰る日のうちの一日に成り下がった。これで、家に帰ったらさ、ワインとか気を利かせて買ってあったりしたらまだ「いい日」な感じするんだけど、そんな気の付く人は家族の中に居ません。給料日なんてつまんねぇな。

ParallelLines
Parallel Lines / Blondie
Chrysalis Records Inc. - 1978

もはやブロンディなんてそんなに聴きこまないだろうって分かっているのに、つい買っちまった。やっぱ当時、ちょっとでも欲しいなと思って、でも買えなかったレコードって、今、安く売ってると買っちまうな。このアルバムは俺の持ってる「Eat To The Beat」の1枚前のアルバム。シンセ中心のNew Waveだと思っていたら意外にギターロックだった。パンクっぽいっちゅかね。俺の持っている「Eat To The Beat」にも「Sunday Girl」と「Heart Of Glass」が入っていたけど、本来は、こちらのアルバム収録曲。キャッチーでとても良いよ。



PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM