定期肝機能検診休暇

  • 2009.06.30 Tuesday
  • 21:15
JUGEMテーマ:音楽

明日は2ヶ月に1度の肝機能検診のため休暇だ。ここの所、肝機能の数値は至極正常で、問題はない。今不安があるとしたら、この手の酷いアトピーと肝機能に何らかの因果関係があった場合だけだな。以前、体中に赤い発疹が出ているときも肝機能と関係はなかったので、恐らく大丈夫だろう。
問題は病院の後だ。渋谷に行って、クーラーを買うのか、ギターを買うのか、それとも行かないのか。下の子のスイミングがあるのであまり時間がないので、おとなしく家に帰るというのが一番無難で恐ろしくつまらない選択肢だが。

Live1969
Live 1969 / Simon And Garfunkel
Sony Music Entertainment - 2008

サイモンとガーファンクルの蔵出しライブ。1969年、「明日に掛ける橋」のリリース直後(直前)で、解散間際のライブだ。出だしの数曲は、ポールサイモンのアコギ1本と二人のハーモニーだけでライブが進む。そして中盤からピアノ、ドラム、ベース、ギターがバックで入るが、とても控えめな音だ。あくまでも主役はポールのギターと二人のハーモニー。そういう意味ではとても地味なアルバムなんだけど、演奏、曲、唄、そのものがとても良く、ギミックは一切無いけれども音楽それ自体の魅力でとても良い気分にさせてくれる。


暮らし安心指定業者

  • 2009.03.06 Friday
  • 21:25
JUGEMテーマ:音楽

夕べ寝る直前に嫁さんが台所で騒ぎ出して、「何だ!?」と思ったら、シンクの下部、床との間から水が流れ出し、台所の床がびしょ濡れになっている。どうやら、配水管の水漏れのようだ。とりあえず、寝て、今日、業者を呼ぶことにしたのだが、まず頭にうかんだのが「お任せ下さい、水のトラ〜ブル!」っていうCMで有名な○○シアンだ。が、Webでちょいと評判を見たところ、ろくな事が書いていない。で、嫁さんに電話し、市の水道局のページに載っている家の近所の指定業者を呼んでもらうことにした。すぐ来てくれて、今日のうちに直してくれた。どうやら、配水管の詰まりが原因だったようだ。¥8,000ちょいで済んだが、結局また臨時出費だ。

Bookends
Bookends / Simon & Garfunkel
Sony Music Entertainment Inc. - 1968

爆笑問題ではない。念のため。前半部(昔のレコードA面)はアメリカ社会をテーマにしたコンセプトアルバム、B面はヒット曲を収録したベストアルバム、という趣向の作品だ。もう、俺にとってはサイモンとガーファンクルはフォークではなく、アコースティックなアメリカン・ロックだ。「ミセス・ロビンソン」や「冬の散歩道」も大好きなんだけど、やっぱベストトラックはYesもカバーした「America」だな。

全身アトピーその後

  • 2009.01.13 Tuesday
  • 21:27
JUGEMテーマ:音楽

全身のアトピーだが、お袋が、薬局をやってる俺の従兄弟に相談したところ、「それはストレスやな。」と言われたそうだ。おれ自身も親父の葬式の時、心療内科に掛かったほうが良いと言われた。確かに、親父の通夜、葬儀前後は全身の赤いプツプツは酷い状態だったが。反面、顔のアトピーは少しましになっていた。が、わき腹のプツプツは消えかけるとその上に次から次へと新しいのが出てくるという状態で良くならない。今日、皮膚科に行ったら、先生からも「ちょっとゆっくりお休みになった方がよろしいと思います。」と言われてしまった。ゆっくり休んでいる最中だよ。今。そしてまた、ステロイドまみれだ。

TheConcertInCentralPark
The Concert In Central Park / Simon And Garfunkel
The David Geffen Company - 1982

'82年に一晩限りで行われたサイモンとガーファンクルの再結成ライブだ。当時この2枚組みのLPも聴いてみたかったんだよなぁ。でLP回収。2枚組みがCD1枚にまとまると、とても気分が良い。サイモンとガーファンクルはベスト版に入っているような有名曲しか知らないので、そういった曲はとても楽しめる。知らない曲はそうでもないが、全体的にバンドサウンドで、フォークというよりアメリカンロックとなっており悪くない。穏やかな気分でライブ全体を楽しめた。


待ちの時間

  • 2008.05.19 Monday
  • 21:19
JUGEMテーマ:音楽

ヤフオクは今日、出品者から送付の連絡が入り、商品の配達待ちだ。
先週の水曜日、セミ・オーダーのギター見積もり依頼を出したが、まだ、来ない。とりあえず、見積もり待ちだ。ギターの購入自体は、「ボーナスみてから!」と嫁さんに言われているので、具体的な行動は、ボーナス待ちだ。
上の娘がこの時間になって、KUMONからまだ帰ってこない。雨も降ってんのに。
"The Waiting Is The Hardest Part"

BridgeOverTroubledWater
Bridge Over Troubled Water / Simon & Garfunkel
Sony Music Entertainment Inc. - 1969

いやぁ、このアルバムはいいね。名曲揃いだ。超有名曲も含め、もともとフォーク小僧だった俺の琴線に触れる曲が目白押しだ。サイモンとガーファンクルは、ベストでばかり聴いていて、オリジナル・アルバムを買ったのは、これが初だ。「明日にかける橋」を聴いて、ポールは「Let It Be」を作った、とも言われている。で、俺が一番好きな曲が「The Boxer」だ。このアルバムでサイモンとガーファンクルは解散してしまうのだけど、ほとんどの曲を作るサイモンでさえ、ソロではこのデュオ程成功しなかった。


PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM