フォノ・イコライザー

  • 2010.02.09 Tuesday
  • 21:14
JUGEMテーマ:音楽

去年の末期に新調したレコードプレーヤーと、サウンドデバイスの組み合わせ。最初は「すごく良い音だ!」と思ったけど、最近そうでもなく感じている。まず、サウンドデバイスの入力レベルの上限が低く、最大で録音しても音が小さめ。かといってちょっとでもオーバーすると小さい音の癖に歪むし。まぁこれは後でPCでPCMファイルの音量を上げるからいいとして。プレーヤーから録音した音があまりにも低音偏重だ。あるレベル以上の高音が取り込めていないようだ。波形を見ると明らかに変。やっぱ、プレーヤー内蔵のフォノ・イコライザーなんか使ってるからだろうな。ちゃんとしたフォノ・イコライザー専用機が欲しいな。

BryanAdams
Bryan Adams / Bryan Adams
A&M Records Inc. - 1980

ブライアン・アダムスのデビューアルバム。若い。音を聞くと、声がまるで少年のように若い。楽曲も若さを感じる爽やかな出来のロックン・ロールだ。「Reckless」のような貫禄(って言っても十分若いが)は感じられないが、これはこれで好感を覚える。少し、ギターの音が遠慮がちというか、控えめなのが残念だ。もっとばりばり前に出てきていたらもっと好きかも。ジャケットは裏も表もダサい。それも1stたる所以か。


スポンサーサイト

  • 2019.05.26 Sunday
  • 21:14
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM