録音マテリアル色々

  • 2009.07.12 Sunday
  • 21:18
JUGEMテーマ:音楽

昨日のスタジオ、Kmyも録音機材を持ってきていて、それも俺みたいに、「とりあえず、音の録音できるMp3プレーヤ」と言った感じではなく、本体に小さな三脚が付いてるは、外付けのステレオマイクを接続するわで、なんか凄そうだった。実際にできあがったものは4chをちゃんとMix Downしたそうで、低音もちゃんと入っている良い音のマテリアルだった。まぁ、昨日はスタジオでもベースでかかったが。次回からのスタジオでの録音はKmyに任せた。1個Jobが減った。一方、コンテストは、昔CD作るために録音したマテリアルからキーボードの類を抜いて、ドラム、ベース、ギター2本の演奏にMixしなおして応募しようかと言う話になり、今日、1曲、ギターを入れなおし、Mix Downしてアップした。メンバーの合意とれれば、これで応募しようかと思ってる。

DownTwoThenLeft
Down Two Then Left / Boz Scaggs
CBS Inc. - 1977

大ヒットアルバム「シルク・ディグリーズ」の次作。ボズが商業的には全盛期の頃だ。サウンドはやはりAORで、非常にやわらかい音なんだが、リズムの基本はファンクにある。ディスコといっても差し支えない。耳あたりが非常に良いので、落ち着いて聞けるが、ややもすると聞き流してしまうサウンドだな。注意して聞くと、ジェフ・ポーカロのドラムやスティーブ・ルカサーのギターなど、ToTo以前の凄腕スタジオミュージッシャンの演奏が楽しめるはずだ。


スポンサーサイト

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 21:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM