スケープゴート

  • 2010.06.02 Wednesday
  • 21:26
JUGEMテーマ:音楽

また、この国の首相が辞めた。だいたい、前回の選挙であの党を信じて投票したこの国の国民のレベルが低いといわざるを得ないだろうな。政権交代する前から、こんな状態になるのは分かりきっていたじゃん。それでも、あの首相は、悪気なく、ただ愚直なだけだったように思える。罵倒されまくるのが分かりきっている状況で、最悪の回答をもって逃げもせず沖縄に乗り込んで頭を下げたあの姿は、俺は別の意味で立派だったと思うよ。まぁ、党とすれば、スケープゴートを仕立て、次の選挙に臨むんだろうけど、・・・困ったね、投票しても良いと思える政党が本当に無くなったよ。消費税を上げるって言っている政党だけには死んでも入れたくないしね。

TheBabys
The Babys / The Babys
Crysalis Records Inc. - 1976

2ndを先に聴いて、「良質なブリティッシュ・ポップ」だと思ったが、これは1st。ポップどころか、どちらかと言うとハード・ロック、もしくはヘヴィー・ロックだ。プロデューサーとしてボブ・エズリンも参加しており、本格派のロック・バンドなんだけど、何故か、レコード会社はアイドル路線で売りだそうとした。日本語帯の煽り文句「戦慄の時・・・魅惑の暴走!青春を突走れベイビーズ」さらに、アルバム邦題「恋のチャンス ベイビーズ誕生The Babys」。訳が分からん。日本語解説もベイ・シティ・ローラーズやバスターを引き合いに出して話をしているし。ルックスもアイドル的じゃないじゃん。ちゃんと音楽で勝負できたでしょうに、アイドル路線で売ればもっと儲かるとだろうと思った、レコード会社の戦略ミス。これも政策失敗だな。

これは1stと2ndの2in1でお得。


スポンサーサイト

  • 2019.12.13 Friday
  • 21:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM