給料日に自社戻り

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 20:57

JUGEMテーマ:音楽


今日は給料日だが、都内の打ち合わせ2個の内、後の方が1時間ずれの18時からの予定となっていて。16時会議が終わった後、そのままぶっちしようかと思ったが、後の会議の内容結果も気になるので、とりあえず、自社に戻ることにした。会社の近くで早めに夕食を食って、自分のフロアへ。18時近く、Web会議のアドレスを探すも、自分には案内が来ておらず、他の人の予定からは転送できないことが判明。手打ちでURLの呪文を打ち込むもエラー。1箇所誤り見つけ、会議に接続した時には俺の知りたい箇所は終わった後。会議終了後上司に電話をかけ、結果を聞くとまだ結論でずとのこと。なんか、なんもかんも空回りで上手くいかねぇ。

HavanaMoon
Havana Moon / Santana
CBS Inc. - 1983

いい音で録り直したくなり、再回収。80年代のSantanaは、結構ポップで聴きやすいんだよね。このアルバムも非常にポップ。ラテン風味もあるものの、下手するとハードロックの趣もある。好みの分かれるとこだろう。


嫁さん通院付き添い休暇

  • 2019.10.21 Monday
  • 20:58

JUGEMテーマ:音楽


予定通り6時に起きて、7時前に家を出。1時間ちょい電車に揺られ、2ndオピニオンを受ける病院に到着。受付を待ち、データを提出し、またひたすら待ち。2ndオピニオンの面談自体は15分程度。でも、まぁ、嫁さんは物事のプライオリティが見えてきたのでスッキリしたようだ。お腹が空いたので近くの食堂で海鮮ものを食べ、お寺をお参りし、繁華街まで歩き、ライオンでちょっと飲んで、帰って来た。あれやこれや、いろいろ、うまく行ってほしいな。

Lotus
Lotus / Santana
Columbia Records. - 1974

HMVのバーゲンで買った3枚組の新品LP。当時を復刻したのかと思いきや、例の16面体だっけ?のジャケットは再現されず。でまぁ3枚組のボリュームなんで、なかなか聴く機会なく、やっと聴いたので載せる。昔廉価のCDを買ったんだけど、音がデッドで余り好ましく思えなかったんだけど、やっぱLPだと聴く気になるね。宗教に傾倒していた時代なので、ちょっとそっちっぽいけど、まぁ、良い演奏のLive盤だと思うよ。



やっと2人でKirin City

  • 2019.10.20 Sunday
  • 20:55

JUGEMテーマ:音楽


嫁さんの腰もやっとなんとか出かけられるくらいに復調。中古レコードの在庫が無くなって来たので新宿まで。処分するレコードを10枚ほど持ってDiskへ。その後、やっと二人でKirin Cityへ。嫁さんは腰だけじゃなくて奥歯も痛いと言っていまいちノリは良くない。売ったレコードに代わって6枚ほど回収し帰宅。さて、明日は2ndオピニオンを受けるために、別の医療機関へ行く。6時起きだ。

Burn
Burn / Deep Purple
Warner Bros. Records Inc, - 1974

PP-300で録り直し。当時俺が買った輸入盤レコード。ジャケットとかもう結構ふにゅけてる。当時の子供にとって、「Highway Star」や「Smoke On The Water」に並んで人気が高かったのが「紫の炎」、そう、このアルバムのタイトル曲だ。なので、当時の俺は「Machine Head」とこのアルバムが2代名盤なんだと思っていた。



ネット好調1週間持たず

  • 2019.07.19 Friday
  • 20:52

JUGEMテーマ:音楽


夕べ、Blogを付け終わった後、いつもの様に音楽を聴こうとNAPを立ち上げるも、「しばらくお待ちください」のままで、いつまで経っても音楽Serverが表示されない。一旦NAPの電源をOFF/ONしてもだめ。これはもうネットワークのせいだろうと、数日前に買った無線LAN中継機を電源OFF/ONしたが、今度は中継機が親機と繋がらない。しょうがないので、今度は親機を電源OFF/ONして、AOSS待機状態にしてしばらく待ったら、ようやく繋がり、無事NAPにもServerが表示された。絶好調だと思ったネットワーク。1週間も持たねぇ。

Africa Speaks
Africa Speaks / Santana
Starfaith Llc. - 2019

先日出たサンタナの新譜。輸入盤CDで購入。なんだかんだ言っても、Santanは新譜出ると買っちゃう。この新譜はタイトルがあらわす通り、非常に土着的なサウンドだった。特にボーカルはアングロサクソン系では、全くない。この歳でコンスタントにアルバム出すだけでも素晴らしいね。




お馴染み、通院休暇

  • 2018.11.15 Thursday
  • 21:24

JUGEMテーマ:音楽


今日は木曜、週報3本と長い会議の日。しかも部下の一人が予定外の休み。忙しいって。いくらそのうち1本の週報を金曜に変更したからと言って、俺が明日休暇なので、結局今日出すしかなく。
そう、明日は自分の肝機能検査結果通院休暇。先週、エコーやった時に、技師に「お酒を控えてください」と言われたので、明日の医者の見解がとても怖い。そして、医者の後も家事三昧が待ってるんだよな。明日の晩御飯はスパゲッティかな。

Santanas Greatest Hits
Santana's Greatest Hits / Santana
CBS Inc. - 1974

サンタナ、初期のベスト盤。中古LPで回収。恐らく輸入盤。解説もインナーもなく、紙の内袋にレコードがそのまま入っているタイプで、ジャケットも汚い。しかし、録音してみたら、臨場感たっぷりでノイズも殆ど無い良い音の盤だった。これがだからレコード漁りは辞められない。初期のラテンロックのサンタナ、良いよ。



夕社食〆

  • 2017.12.25 Monday
  • 21:18

JUGEMテーマ:音楽


今週は、御用納めまでまだあと3日残っているが、明日、給料日、明後日、水曜定時間日、そして最終日と、もう夕食の社食が無い。つまり、今日が夕社食の〆だった。聖なるクリスマスの夜、1年最後の社食で食ったのは、塩タンメンだった。結局ラーメンかよ、俺。しかし、昔に比べると、クリスマスが全然盛り上がらないな。TVとかで、昔は特番をやっていたし、ニュースでも話題にしていたし、街も浮足立っていたような気がする。まるで、ハロウィンと入れ替わったかのような感じだな。

Amigos
Amigos / Santana
CBS Inc. - 1976

最新環境での録り直し。一番最初に買ったサンタナのアルバム。というか、中古ではなく、新品でアナログを買ったのはこれが最初で最後だな。目当ては「哀愁のヨーロッパ」だったが、今では全曲好きだ。



猫が来た

  • 2017.06.17 Saturday
  • 21:18

JUGEMテーマ:音楽


今日13時過ぎに猫引き取りの約束。俺は一人散歩。嫁さんとShnが車で引き取りに行った。14:00過ぎ、うちに猫が来た。前の飼い主が結構、放置するタイプ、しかも親猫が外に出るタイプだったので、ノミが居るかもとか言われ、KndにLineを飛ばすと、「キャリーから出さないように」とのこと。出たくてにゃーにゃー言ってるけど、キャリーに入れたままにしておくと、そのうち大人しくなった。しばらくして、寝たので、目を離していたら、知らん間にキャリーの中でトイレをしてしまい、大騒ぎ。嫌がるところを嫁さんがお風呂で下半身洗ったり、その後タオルにくるんで拭いてやったり、「ノミは!?」ってのもぶっち。Kndが病院からノミ取り薬を持って帰って来てくれて塗って。で、本当は24時間とかそのままにしなきゃなのに、Shnの部屋でキャリーから出してしまって、さっきノミの存在が確認されまたも大騒ぎ。・・・とりあえず、これからうちの子だ、よーこそ。
Alto



SantanaIV
Santana IV / Santana
Santana IV Records. - 2016

昨年出たサンタナの新作なんだが、1971年の「Santana III」の時のメンバーが集結したアルバムとなっている。つまり、1972年の「Caravanserai」で袂を分かったニール・ショーンやグレッグ・ローリーのジャーニー組が再参加している。なので「Santana III」の次のアルバムと言うことで、このタイトル。音楽性も当時の楽曲群に近い独自のラテンロックとなってる。




一眼らしい写真

  • 2017.02.06 Monday
  • 20:59

JUGEMテーマ:音楽


ミラーレス一眼のPen-8を買った動機は、「Shnをうらやましがらせたい」というのが大きく、正直、一眼のデジカメなんて、誰が欲しいんだろう、その割には人気高いな、くらいに思っていた。
Pen8

実際、ミラーレスとは言っても、それまで使っていたコンデジに比べれば大きく、持ち歩くのには向かないかなと思ったし。コンデジでさえも、最近はスマホの写真でいいか、とか思ってたし。でも、実際に撮った写真を見て納得。違う。全然違う。絵の綺麗さ、ピントの合った部分のくっきり具合、ピントの合っている部分と合っていない部部分の差、それによる立体感。で、気づくとPen-8で写真を撮るのが楽しくなってた。1枚、嫁さんが撮った素敵な写真を載せておこう。
Beer



Amigos
Amigos / Santana
CBS Inc. - 1976

これも録り直し。俺が中学生の時に「哀愁のヨーロッパ」が聞きたくて買ってみた輸入盤。初めてのサンタナ。これも、大きく「外した」と思ったレコードだった。そして、やはり、今では大好きな1枚。「Dance Sister Dance」とかたまらん。この曲は「Moonflower」でのテンポアップした演奏もカッコ良いんだよな。ありがとう、中学の時の俺。


アンガー・コントロール

  • 2016.12.13 Tuesday
  • 21:16

JUGEMテーマ:音楽


今日も会社でくっそムカつくことがあって。大人なので怒鳴り散らしたり、机を叩いたりとかはしないが。アンガー・コントロールで、6秒間深呼吸して我慢すると、怒りが収まる的な事を言うが、あれはあくまでも、「切れない」ための対策であって、胸の中の渦巻く怒りが無くなるわけではない。で、じっと怒りを耐えている時に、嫁さんからLine。「サンタピカチュー出るってよ。」・・・流石に既読スルーした。

MoonFlower
Moonflower / Santana
CBS Inc. - 1977

もう一度、良い音で録り直したいと思い、再回収した2枚組LP。Liveとスタ録が交互に出てくる作品集だ。やっぱ、「Amigo」からのLive演奏は魅力で、当時ヒットもした「哀愁のヨーロッパ」は名演だと思う。さて。良い音で残せたこのアルバム、手元に残すか、再度処分するか、それが問題だ。



やっと週末

  • 2015.08.21 Friday
  • 21:30
JUGEMテーマ:音楽

やっと、1週間の勤務、終了。やっぱ、長期休暇明けってしんどい。ほんの1週間前に実家から戻って来たばかりというのが信じられないくらい夏季休暇の記憶が遠い。が、まぁ、やっと週末。嫁さんは明日、長い盆休み明けのバイト再開。夜は二人で映画に行く予定。それまで俺はレコード録音三昧かな。前回のジョギングからもう3週間経ってるから、走りたい気持ちもあるけど、下手すると映画が無理になるからなぁ。

Amigos
Amigos / Santana
CBS Inc. - 1976

実家から持って来た1枚。中学3年生の時に「哀愁のヨーロッパ」が聴きたくて買ったLPだ。何度も同じことを書いているが、それ以外の曲、ラテンロックが全然理解できず、がっかりした記憶あり。いまじゃ、どっちかって言うと「Europe」が邪魔なくらいに感じている。それ程、他の曲のリズム、ノリが気持ち良い。

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM