JUGEMテーマ:音楽


更に昨日より1時間遅いので、いつもより2時間遅く。寝るのも2時間遅く、明日は2時間分寝不足で。と、もういいか。
あれから22年。嫁さんの妊娠検査薬で陽性が出て、休み明けに病院に行こうと言って寝た夜。とてつもない揺れでぶん回された次の朝、それからの酷い日々。多数の犠牲者。ライフラインの分断。まぁ、いろんな記憶がよみがえるんだけど、やはり、普段はその思いも薄れつつあるなぁ。忘れちゃいかんことだと思う。

The Royal Scam
The Royal Scam / Steely Dan
ABC Records Inc. - 1976

スティーリー・ダンの中古LPを始めて見つけたので、回収してみた。本当なら「Aja」あたりがあれば嬉しかったんだけど。とは言いつつ、ここでも既に超絶テクのミュージッシャンを招いてのAORが完成していて、できればもっと良い音のレコードで聴きたかったくらいだ。



JUGEMテーマ:音楽

5年前(?)、健康診断でF判定出る。血糖値やら尿酸値やらコレステロール値やらどれも高めで。で、ダイエットして11Kg体重減らし、1年後の検診に臨んだら、今度は前年より悪いG判定。前年の悪いところは全部解消していたんだけど、肝機能の数値が3桁の異常値で。それからも、赤血球や白血球の数値異常やなんやらでA判定は出ず。今年も結局、高血圧、ヘモグロビン値異常、善玉コレステロール異常とかでD判定だ。多分、酒と塩分を減らすとクリーンになるんだろうけどね。

Aja
Aja / Steely Dan
MCA Records,Inc.- 1977

持ってた古いCDの音が悪かったので、HMVのマルチバイで買い直した。が、聴き比べたら古いCDと音圧が変わらない!こりゃ、また意味のない買い替えをしたか!?と思いながらボリュームを上げて聴き進めると、結構音が良い。というか、明らかに以前のCDでは聞こえなかった音が聴こえる。で、Netで調べてみたらこの1999年のCDはちゃんとリマスターされていたことが判明。あぁ良かった。スティーリー・ダンを悪い音で聴くって、殆ど意味がないと感じるもんね。この非常にポップなJazzというか、Jazzyなロックというか。でも、明らかにフュージョンでは無いんだよな。

JUGEMテーマ:音楽

J-45いいねぇ。最近なまってたからちょっとギター弾くと指が痛いんだけど、とにかく暇を見つけてはぽろぽろとなんかしら弾いていた。ピックでがん!と弾くのも良いけど、なんか指弾きで優しい音を出すのも、いいんだよな。音がいい。でも、今日も忙しかったな。その原因の一つが、自分のWeb Pageの更新だ。ギター等楽器の取得、売却で変化があると、「ギターの部屋」を更新しなきゃなんないからな。前回更新したのは1年半前で、やっぱ、テレキャスを買った時だった。Home Pageにも書いたけど、アコースティック・ギターを買うのは、恐らく今回が最後だと思う。エレキは、いつかまた買うと思うけどね。ここにも、Home Pageに載せたアコースティック三姉妹の写真を載せておく。
AcgSisters
左Martin DM、右Celebrity、中央J-45

Aja
Aja / Steely Dan
MCA Records, Inc. - 1977

恐らくスティーリー・ダンの最高傑作だろう。ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーのユニットが兎に角腕利きのミュージッシャンを集めて音にこだわり抜いて作った作品だ。非常にJazzyでフュージョンぽい音楽だ。グラミーも獲った。楽曲も当然いいんだけど、このアルバムをリアルタイムで好んで聞いてようなオヤジどもはとかく音質にもうるさく、やれ、SACDは凄いだの、リマスター効果がどうだの、いややっぱアナログで聴くべきだだの、ちょっと鬱陶しい議論をする傾向があるのが難点だな。俺も、これはいい音で聴きたいんだけど、持ってるCDは古くてリマスターされていないようなんだな。まぁ、それで音楽の質が変わるわけではないけどね。


JUGEMテーマ:音楽

上の子がクラブ休みと言うので、また下の子と祖父母で出かけて行った。晩御飯を一緒にと言われていたので、俺と嫁さんも午後から横浜へ。久しぶりにCDを物色したりしていた。昨日に引き続き、なるべく歩き、なるべく食べず、ウェイトを落とそうと頑張っていた。待ち合わせがみなとみらいになったので、横浜から歩いた。結局今日も15,000歩程、距離にして9Kmほど歩いたのだが、まぁ、今日のはちんたらしたスピードだったので、それほど効き目なし。それよりも恐るべしなのは美味い回転寿司だ。食べ過ぎないように硬く決心していたのに、やっちまった。結局、ウェイトは昨日と変わらず。明日、リベンジだ。

TheRoyalScam
The Royal Scam / Steely Dan
MCA Records,Inc. - 1976

「幻想の摩天楼」という邦題のついたスティーリー・ダン、5枚目のアルバム。76年という時代に物凄く緻密なサウンド構築をしている。人が演奏しているのに、打ち込みのような正確さだ。既にバンドのふりをしているだけで、ウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲン以外は、外部ミュージッシャンだ。所謂クロスオーバーなサウンドで、十分ジャジー。この路線で自作「Aja」はグラミー取ったり、大ヒットになるんだよな。


JUGEMテーマ:音楽

FujigenのWeb Design Systemでレスポールタイプのギターの写真を眺めると、ハイポジションのボディ上部や、体に当たる横の部分の角を取った、「コンターカット」という加工がされている。ところが、先日送られてきた俺の作成中ギターの写真は全くコンターカットがない。
Guitar2
で、早速Fujigenの担当者にメールで問い合わせたところ、
1.Custom Shop のEasy Componentのレスポールは、通常のGibsonシェイプを採用している。
2.コンターカットを行うこともできるが、追加料金が必要。
3.また、納期が遅延する。
とのこと。

でも、コンター加工、頼んだ。おれは、Gibsonのレスポールを持っているので、Fujigen製の違う個性を際立たせたい。塗装工程中断で、コンター加工、その後改めて塗装工程に入る。納期は10月中頃になってしまった。

そして、明日から夏季休暇。10連休だ。今夜は家族4人で待ち合わせ、インドカレーを喰った。さて、明日から充実した休みを過ごしたいと思う。

KatyLied
Katy Lied / Steely Dan
MCA Records Inc. - 1975

仮面ライダーの写真ではなく、バッタだと思う。まぁ、仮面ライダーも元のデザインはバッタか。スティーリー・ダンの4枚目かな。結構フュージョン、結構AOR。夕べは宴会後ということもあり、聞き流してしまった。

夕べは久しぶりに飲みに行った。一月ぶりだ。Nksmは研修で不在。Kjoは会議後に合流する予定で、俺はプライベート携帯を机の上に出しておいたが、何故か社用携帯に掛けて来て、気づかず、帰ってしまった。なので、YmstとShjさんの三人だった。この三人組も不思議なコミュニティで、去年の夏は秋葉原にメイド喫茶探検に行ったりした仲だ。全員B型だが、まぁ平和に会話ができている。俺は歩いて帰るので終電を気にしないが、他の二人は当然電車で帰る。ふと気づいたら23:45になっていてあせった。一週間の疲れと、アルコール、長距離徒歩で、風呂からあがったら、即ダウンだった。

Gaucho
Gaucho / Steely Dan
MCA Records, - 1984

スティーリー・ダンは、ドナルド・フェイゲンと、ウォルター・ベッカー二人のプロジェクトだ。アルバムごとに二人が凄腕外部ミュージッシャンを連れてきて作品を完成させる。これは大ヒットしたAjaの次のアルバムだ。鳴らしている音はまさにフュージョン。JAZZよりのA.O.R.だ。このあと、スティーリー・ダンは解散状態となるが、2000年に「トゥー・アゲインスト・ネイチャー」を発表し復活。さらっとグラミーを掻っ攫った。すげぇ。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM