JUGEMテーマ:音楽


社内のPJの中で、ボトムアップの小集団活動をやって、それを1年に一度、社長やら常務やらのトップがフロアを回って成果発表する、というイベントがあり。今回、うちの部にその順番が回って来て、部門長が俺のPJを指名しましたと。でも、担当はリリース前の作業で連勤しているような状態なので、当日の発表はその担当にやらすとして、ストーリー作り、資料作りは俺にやれと。その時点で既に異常に変な話しなんだけど、俺視点の資料を部門長視点で指摘して修正させるものだから、もう、ボトムアップの小集団活動のお話には見えないような資料になってきていて。担当は、これを発表するんだけど、まぁ、いいや、知らね。

Every Picture Tells A Story
Every Picture Tells A Story / Rod Stewart
Mercury Records Ltd. - 1971

先日「Sing It Again Rod」を聴いたら、オリジナルアルバムも聴きたくなり、最新環境で録り直し。このアルバムがマーキュリー時代では一番の名盤と言われているな。タイトル曲もノリ良くカッコいいが、やっぱ
「マギー・メイ」はフォーキーな名曲だと思う。好きだ。


JUGEMテーマ:音楽


俺の夏季休暇最終日は、とても寒く冷たい雨が降り、とてもじゃないが「夏」とは程遠い気候だった。なので、昼は嫁さんと家系ラーメンを食って少し温まった。その後はいつもの家での休日と同じ。レコードを回して、Walkmanのメンテしてって感じで終わった。夕方、Altを俺の部屋に入れていたら、俺の椅子に乗って来て、俺の背中側でじっとしている。俺が退くと、椅子の上でウトウトしだした。Altは未だに滅多にケージ以外では寝ないのに、珍しい。その後も、リビングで自分から俺の膝の上に載ってきたり、嫁さんに抱かれて眠ったり。今までになく甘えん坊になっていた。きっと、Altも寒くて、人のぬくもりが心地よいのだろうな。

Sing It Again Rod
Sing It Again Rod / Rod Stewart
Mercury Records. - 1973

実家から持って帰って来た1枚。これは俺が学生時代に買ったもので、マーキュリー時代のロッドの楽曲を始めて聴いたベスト盤だ。その後、オリジナルアルバムもすべて聞いたが、「この曲いいな」と思う曲は、このベストに収録されている曲が多かった。ってことで、結構強力なベスト盤だ。



JUGEMテーマ:音楽


あれほど渇望した俺の連休もあっと言う間に半分が終了。今日はお出かけをせず、普通の休日の様にレコード録音と近所散歩をした。しかし、きのうあたりから体に変調をきたしている。自分のBlogを紐解くと、2009年に発症した手アトピーが完全に再発した。左右、特に左の手に数え切れな程の小さな水ぶくれができ、時として非常に痒い。原因は、ここの所の紫外線によるものか(これが一番ありそう)、2月からの会社のストレスが連休中に体に出てきたか、深酒が肝臓を壊したか、連日のお出かけで過労になり抵抗力が低下したか、定かではない。しかし、両手とも異常に不愉快だ。

BlondesHaveMoreFun
Blondes Have More Fun / Rod Stewart
Warner Bros Records. Inc. - 1978

最新環境で録り直し。しばらくロッドを聴く気分ではなかったんだけど、ここの所復活。この高校時代の友人が俺の家に置いていったレコードも何度か録音している。世間的にはこれのせいでパブリックイメージが悪くなったけど、「Da Ya Think I'm Sexy?」のディスコサウンドも他のロック、フォークも結構好きなアルバムだ。



JUGEMテーマ:音楽


前回のWindows10のUpdate後からだと思うが、マウスの動きが何かに引っかかるようにカクカクしだして、キーストロークのマクロが消えたり、調子悪いなと思っていた。で、なんとか直したいと思い、USBレシーバーを違うポートに刺したり、不要と思われるサービスを停止したりしたけど、今度は、音楽再生用のNASにファイルのコピーができなくなり、絶不調。結局一旦ネットワークドライブの割り当てを外し、再アサインしたらなんとか動くようになったが、さて、これで、どれも復調したんだろうか。

Absolutely Live
Absolutely Live / Rod Stewart
WEA Records B.V. - 1982

ロッドの人気絶頂期・・・いや、ちょっと落ち目になった頃か・・・の2枚組Live。これも中古CD屋で回収したCDをもっているが、中古レコードで見かけたので回収。そしたら、CDでは1枚に収めるために何曲かオミットしてたんだね。この2枚組LPの方が曲数が多かった。まぁ、80年代に差し掛かってはいるが、ヒット曲のオンパレードで、ロッド好きなら楽しめるLive盤だ。


JUGEMテーマ:音楽

今日は父の日、ということで。母の日に、嫁さんにサーティワンのバーレルパックを買ってあげたお返しか、買い物ついでに、シングルモルト・ウィスキーを買って来てくれた。Glenfiddichの12年物だ。随分昔に飲んだことがあるはずだけど、どんなだったか忘れてしまった。後で少し飲ませてもらおう。でも、母に日や父の日は、嫁さんの日や旦那の日ではないんだけどね。俺の父はもういないので、実家に電話する意味もない。

BlondesHaveMoreFun
Blondes Have More Fun / Rod Stewart
Warner Bros Records. Inc. - 1978

俺の記憶では、ここからロッドの評判が悪くなったと思う。「スーパースターはブロンドがお好き」という一般のロックファンの気持ちを逆なでするかのような、調子に乗った邦題も悪かったんだと思う。ジャケットもいかにもで、バブリーなイメージが定着してしまった。でも、「Da Ya Think I'm Sexy?」のディスコティックサウンドも好きだし、ほかの曲は相変わらずのロックン・ロールとフォークバラードで、決して質が落ちてるわけではないと思うんだけどな。



JUGEMテーマ:音楽

今日、嫁さんはバイトの土曜日。Shnは友達とオープン・キャンパスへ見学に行き、Kndは普通にお勤め。ってことで俺は一人。本来ならジョギングをするところなんだけど、今度の水曜にがん検診を受けるのに、変なの出たら嫌なので、自粛。一人散歩と相成った。Book Offを冷やかしても、何もなく、ただ、初夏の街を歩く。で、昼時で腹が減って、家系ラーメン屋に入る。固め、少な目、サービスライスは断り、豆板醤を突っ込んで家系ラーメンを平らげた。久しぶり、いつ以来だ?後は、レコードとCDリッピングで一日暮れた。

FootLoseAndFanctFree
Foot Loose & Fancy Free / Rod Stewart
Warner Bros. Records Inc. - 1977

俺のレコード。中学生の時に買ったのかな。なので、俺のリアルタイム、ロッドはここ。出だしの「Hot Legs」が大好きだった。周りのみんながやたら良いと言っていた「I Was Only Joking」は実は俺はあまりピンと来なかった。フォーク少年だったのに。ワーナー時代のロッドは後年、評価が低いんだけど、ここら辺はまだ、良い音楽をやってると思う。


JUGEMテーマ:音楽

今夜は、嫁さんとKndが女子会へ出かけてしまった。お相手は、Kndが幼稚園の時から友達の子とその母親。昔から母親同士も仲良くしていて、あちらは転勤族で色々引っ越しされていたが、ここの所は戸塚の方で落ち着いてらっしゃる。娘もお互い成人になったので、久しぶりに4人で、という話だろう。で、俺とShnは夕飯自己解決。水曜日の定時間日は社食ないからね。で、俺は散歩コースにある商店街で天ぷら屋のチェーン店に入った。なんか九州が発祥の店らしい。「博多定食」とかいう天ぷら定食を頼んだら、ちゃんと一品ずつ揚げてくれて、目の前のバットにおいてくれるという方式。天ぷらはエビ、キス、肉、しめじ、レンコン、イカ、大根で、これに御飯と味噌汁が付いて¥980。まぁ、安いよね。

Smiler
Smiler / Rod Stewart
Mercury Records Ltd. - 1974

ロッドのLP Boxから、ラスト。「Every Picture Tells A Story」あたりで確立した、ハードエッジなロックン・ロールと、マンドリンなんかを使ったアコースティックなフォーキーな曲が混在するという路線を踏襲したアルバムだ。これも至極良い。これで、マーキュリー時代が終了し、ワーナーに移籍。バブリーなスーパー・スター路線を歩むんだけど、コアなファンはマーキュリー時代が一番好きだ、という人が多いようだ。

JUGEMテーマ:音楽

最近のレコード録音の傾向として、「好きだったアルバムを良い音で録り直す」と言うことが多い。今だと去年の年末に買ったカートリッジ、DL-103を使った録り直しだ。去年の頭からLP Boxを相当枚数買っているし、Box以外にも、ZeppelinやIron Maidenのようにバラで買っている新品レコードもあるし、長期休暇の時に実家から持って帰って来た自分の古いレコードもある。これらを休日に、凄い労力と時間を使って録音しまくっている。が、月曜の朝、出社するときにWalkmanで「何を掛けよう」と見ると、そこには、新鮮味のないアルバム群だけが一覧で並んでいたりする。なんだかなぁ。

Never A Dull Moment
Never A Dull Moment / Rod Stewart
Mercury Records Ltd. - 1972

LP Boxから4枚目。ラス前ってことか。1作前の「Every Pictures Tells A Story」の路線とあまり変わらないサウンド傾向を持ったアルバムで、これも非常に気持ちよく聴ける。前作よりも更にフォーキーで、メローな楽曲が多いかも知れない。このフォーキーなアコースティック・ロック・サウンドがこの頃の特徴だ。いいね。



JUGEMテーマ:音楽

昨日から具合の悪化した嫁さん。まぁ、今日は端から弁当無しにしておいたんだが、いつも会社に持っていく水筒のお茶もなし。空っぽの通勤カバンで家を出る。会社の最寄り駅でスーパーにより、なるべく量の少ないのり弁なんかをお茶と一緒に購入。お茶はペットボトルのままなので、会社で時間が経つとぬるくなる。お茶をのみ終わった後に会社を出るまでに、水ともう1本お茶を買い、飲み干す。で、今日は初社食夕食ラーメンを食し、ほんの少し残業して会社を出る。帰るコールするも、嫁さんの声のおっさん度は上昇。今日は熱が出たと言っている。嫁さんダウン、継続中。

Every Picture Tells A Story
Every Picture Tells A Story / Rod Stewart
Mercury Records Ltd. - 1971

ロッド、アナログBoxから3枚目。私見だけど、マーキュリー時代では1番の名作ではないだろうか。リラックス感と、それでいて自然体から繰り出される演奏のハイテンションさが格別だ。また、タイトル曲を筆頭に名曲が多く、とどめは「Maggie May」だろう。好きな1枚だな。

JUGEMテーマ:音楽

先週の金曜日に客先指摘があって、今週はちょっとした佳境だった。が、それも、「そもそも論」で考えれば調節が付く問題なんじゃないの?と疑問を呈し、客先調整を図ってもらったら、あっさり承認された。なんやねん。それにしても、最近はまだPJが楽だな。ほんの2年くらい前にやってたPJの佳境は土日も休めず、目途見えず、ってのが続いたり。それ以前のPJでは、土日必ず呼び出し電話が掛かる、って状況だった。今のPJはそんな修羅場にならずに終れると、いいな。

GasolineAlley
Gasoline Alley / Rod Stewart
Mercury Records Limited. - 1970

ロッドの2ndソロアルバム。LP Boxから。この辺はいいねぇ。タイトル曲のギターとボーカルだけの進行も良いし、続くカバーの「It's All Over Now」でタイトル曲のフレーズが出てくるのも遊んでて面白い。後は「Country Comforts」の様なアコースティック・フォークの楽曲も心地よい。これが次に「Maggie May」に繋がっていくんだろうな。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM