JUGEMテーマ:音楽


なんとか夕方の休み時間が残っている時間にいつもの長い会議が終わり、さあ社食行こうと思った所で話していた数人に呼び止められ、そのまま立ちっぱなしで雑談会議が始まり、敢え無く社食時間終了。それから、メールを2本ほど書いて、会社を出、帰宅途中の富士そばで旨辛肉ネギ蕎麦をかっ込み、帰宅。するとリビングに、みんないた。嫁さん、Knd、Shn、Alt。ちょうとAltがリビングの床で晩御飯を食っていた。なんか、こういう光景って、血圧下がるよな。

Shoot Out At The Fantasy Factory
Shoot Out At The Fantasy Factory / Traffic
Spectrum Music - 1973

Zeppelinを掛けていたけど、Altが落ち着かない様子なので、やめてこっちを掛けた。5CD Boxから、ラスト5枚目。ここでも基本路線変わらず、結構な長尺インスト演奏を絡めての唄もの。激しすぎない気持ち良い音楽だな。もっと聴き込みたい。



JUGEMテーマ:音楽


そして月曜日。夏季休暇明けの勤務開始。でも、通常日程の人は今日まで休みの12連休なので、今日も出社している人の数は少なく、ちょっと休出のようだった。こっちの休みは6日間で終わったので、半分。それよりも何よりも、帰省の予定が壊されたことに対する鈍い怒りが収まらない。新幹線、駅弁、実家裏の商店街、駅前のイズミヤ、母と行く王将での晩餐、古潭のラーメン、難波City、八坂神社、墓参り、西京極、三条、中学時代の友人との飲み会、そういったものがすべてぶち壊された。10月に姪の結婚式で帰省するとは言え、夏に行くのとはわけが違うわけで。

The Low Spark Of High Heeled Boys
The Low Spark Of High Heeled Boys / Traffic
Spectrum Music - 1971

5CD Boxから3枚目。これまたクールな印象の音で、いろんなジャンルを内包しているが、やっぱ、アルバム出だしのフルート演奏のせいかJazzの印象が大きい。しかし、最近気づいたけど、俺、スティーヴ・ウィンウッドのヴォーカルがあまり好きではないな。


JUGEMテーマ:音楽


今日、午前中に仕事を抜け出しみどりの窓口に行き、帰省用新幹線チケットを全払い戻し。会社に戻るとバイトに行ってる嫁さんからLine。お袋から電話があったよう。その場で俺が実家に電話を入れ、帰省できないことが決定した旨知らせる。そして、夕方は都内。打ち合わせを終わらせ職場に戻ると、「この二日で立ち上がればいいなぁ」と言っていたプログラムが予定通り動いたことを知る。ここのところ何一つ予定通り進まなかったけど、かすかな光明が差した。

John Barleycorn Must Die
John Barleycorn Must Die / Traffic
Spectrum Music - 1970

トラフィックは、いったん解散後、70年に活動再開するんだけど、その時に発表されたアルバム。Jazzやアコースティックフォークと言った、それ以前のサイケ色も感じるロックとは明らかに触感が違っている。俺はこっちの方が好き。


JUGEMテーマ:音楽


俺の大好物と言えばラーメンな訳で、しばらく前まで、土日の朝飯はラーメンと決まっていた。ところがここ数年、昼飲みが常態化し、そうすると、朝は軽くパン1個で済ますようになった。しかし、毎土日に昼飲みしているわけでもなく、昼飯に外でラーメン、と言うのも増えてきている。で、以前の俺なら、真夏でもストイックにラーメンを食っていたが、流石に最近はのこの暑さに参って、熱いラーメンを食う気がしないことも多い。今日は、近所の美味しいラーメン屋で、ラーメンではなく魚介つけ麺を食ってしまった。素晴らしく美味いが、最後にスープを何口か飲まずに終ってしまうので、満足感が8割程度しかないんだよね。

Traffic
Traffic / Traffic
Spectrum Music. - 1968

5CD Boxから2枚目。バンド名を冠するアルバム。やっぱ、ちょっとJazzyな雰囲気があるんだけど、ここでは「Pearly Queen」「Feelin' Alright?」と言ったデイヴ・メイソンの曲が素晴らしいね。



JUGEMテーマ:音楽


担当しているPJの1個が今、佳境だ。目標としていた納期が今週末なんだけど、まだちゃんと動いていなくて、各担当は頑張っているんだけど。そんな状況で、昨日、今日、俺は結構早く帰って来てしまっている。都内での打ち合わせが二日続けて18時に終わり、そのまま自社へ戻っても、結局は状況把握しかできず、それじゃ明日の朝でもいいじゃねぇか、と思い、直帰している。で、早く帰ると、筋トレ、風呂の前に1時間くらいAltと遊べるんだよね。この誘惑がとてつもなく強力だ。

Mr. Fantasy
Mr. Fantasy / Traffic
Spectrum Music. - 1967

Trafficも廉価CD Boxが出ていたので、買ってみた。5枚で2千円ちょっと。普通のCD1枚分の値段。で、まず一枚目「Mr. Fantasy」。でさ、5CD買っておいてなんだけど、俺、スティーヴ・ウィンウッド、どうも相性良くないわ。一時期80年代ソロ作のLPを聞いたり、それ以前はBlind Faithを聞いたりしたけど、いまいちピンとこず。これも同様。「良いな」と思う瞬間もあるけど、どうもふざけているとしか聞こえない楽曲もあり、いまいち聴きどころがつかめていない。




嫁さん、まだ殆ど歩けず。今日も子供を連れて俺が買い物&ご飯作りだ。昼は子供にケチャップライスを。俺と嫁さんはつけ麺を。おやつはシュークリーム(下の子だけチョコケーキ)。晩御飯は昨日の残りのカレーライスだ。
ここのところ事情でBANDが活動休止状態だった。先日Srisと会ってそろそろ再開しようということになり、メンバーの都合もついたのでスタジオを予約した。BAND再始動だ。

JohnBarleycornMustDie
John Barleycorn Must Die / Traffic
Island Records, INC. - 1970

元々、スティーブ・ウィンウッドのソロ作として製作が始まり、Trafficのメンバーが合流し、結果的にTrafficの再結成版となったアルバム。これもやたら名作の誉れ高い。が、俺が既に持っているTrafficのアルバムがいまいちピンと来ていないのと、Blind Faithのウィンウッドにそれ程感銘を受けていないため、期待していなかった。が、聴いてみて驚いた。こりゃ確かに名作だ。出だしのジャジーなインスト、やたら、スタカンっぽい(って、逆だけど)。JAZZだけではなく、R&B、トラッドフォークも取り入れたロック作品で、質も高く、聴いていて非常に気持ちが良い。


去年の夏、ダイエットを始めた頃、筋トレをやるとともに、プロテインを飲みだした。嫁さんには「マッチョ目指す気?」とか言われたけど、俺の理想はボクサー体型だった。涼しい季節になると、飲むのがつらくなってやめたが、最近暑いのでまた風呂上りに飲みだしている。別に今もマッチョを目指しているわけではなく、なんとなく疲労回復が早い気がする。気のせいか?

Traffic
traffic / Traffic
Island Records Ltd, - 1968

スティーブ・ウィンウッドと、デイヴ・メイスンが在籍したバンドだ。出だしの3曲くらいはいい感じなんだけど、何故か途中から聞き流してしまう。スティーブ・ウィンウッドは、ブラインド・フェイスくらいしか聴いたことがなく、どこがいいのか、正直あんまり分からない。逆にデイヴ・メイスンはソロのアルバムを二枚ほど(LiveとBestだが)聴いたが、こちらはいい。柳ジョージはずっとClaptonの真似をしていると思っていたが、実はデイブ・メイスンの影響が大きいと気づいた。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM