JUGEMテーマ:音楽

2月の中から東京に外出扱いで出かけているが、早くもそこの仕事が終わりそうだ。Ymstと二人で、ほとんど担当者のような仕事をやって、プログラムを組みまくって、Workstation3台使ってデータ処理しまくって、出来上がったら、はい、さようなら。って感じ。恐らく俺は来週の後半には自分の職場に戻るだろう。この2か月弱、ものすごく濃かったなぁ。18年ぶりに会う人たちと飲み会までやったしなぁ。なんか、もう長期の安定したPJってなかなかないのかね。

FromLuxuryToHeartach
From Luxury To Heartache / Culture Club
Virgin Records Limited. - 1986

レコードで回収したカルチャー・クラブの4枚目。もう、カルチャー・クラブを回収することもないだろう。3rdの出来がいまいちで、チャートアクションも陰り、このアルバムは音楽的には非常に良いが、ボーイ・ジョージのドラッグ逮捕でやはり売れなかったそうだ。うん、独自のファンク・ロックにソウルが混じって、とても良い80年代音楽だと思うよ。



JUGEMテーマ:音楽

今日のBlog、分かりにくいタイトルを付けたけど、どういう話かというと。レコード収集を始めた数年前に買ったレコードで、すでに処分したもの。でも、当時の俺の録音機材と技術では雑音まみれのファイルとCD-Rだけが残り、しかも回転数(キー)までおかしいというもの。それがまだ気に入った内容なら、CDで買い直したり再度レコード回収するんだけど、そうでもないもんは、ゴミなんだよね。聞くこともなく、容量の小さなWalkmanに入れるわけでもなく。とすると、もう、そんなCD-Rは捨ててしまいたい。んだけど、音楽を捨てるのって、抵抗あるよなぁ。

WalkingUpWithTheHouseOnFire
Waking Up With The House On Fire / Culture Club
Virgin Records Limited. - 1984

カルチャー・クラブの3枚目。「せんそーはんたーい」なんて日本語歌詞も入る「The War Song」が耳に残るが、音楽的にはトロピカルっぽいのあり、全体的には明るく楽しい雰囲気がみなぎっている。が、セールスはあまり伸びず、アイドル的な人気はひと段落してしまったようだ。次の4枚目は未聴だが、名盤らしい。確かに、このアルバム、これ!という決め手に欠ける気がする。全体的にレベルは高いんだけどね。良くも悪くも80年代の音だ。



JUGEMテーマ:音楽

今日、帰宅すると、先日のがん検診の結果が郵送で届いていた。もう、あれだね。この歳になると全部「所見なし」なんてこたないね。今回悪かったのは「脂肪肝」「白血球値異常」そして「眼底小出血斑」。「脂肪肝」は今までわかってるもので、定期的に外部の病院で検査を受けているし、「白血球値異常」も、医者に相談して「あなたはそういう人、心配ない」と言われているが、最後の右目の「小出血斑」ってなんだ?あと、せっかく前日の晩から飲食制限したのに血糖値の測定がされていない。ってことは、通常の健康診断でまた飯抜きがあるってことか?あと、前2回悪かった高血圧は正常値になっていたので、良かった。

懲りずに、新作へのリンクを張っておく。
ニコ動:http://www.nicovideo.jp/watch/sm20783033
Youtube: http://youtu.be/D1VsNo4LA_g

ColourByNumbers
Colour By Numbers / Culture Club
Virgin Records Ltd. - 1983

カルチャー・クラブの2枚目。ジャケットの印象や当時の何となくの記憶から、非常に80年代的なサウンドなんだと思い込んでいたが、音だけ聞くとむしろエレクトロニックスやシンセの音はほとんどなく、非常に良質なソウル、ファンクミュージックだ。「Karma Chameleon」「It's A Miracle」「Time」「Miss Me Blind」なんてところが大ヒットしたね。お化粧大男の印象でキワモノ扱いされる場合もあるけれど、80年代の良質な音楽の一つだったことは間違いないだろう。



JUGEMテーマ:音楽

今日からShnは二泊三日でスキー教室、八ヶ岳に行っている。もちろん学校行事だ。人生初スキーはどう?とか、バッサリ髪を切って友達に何言われた?とか聞きたいが、明後日も晩までコミュニケーションが取れない。今の時代、携帯くらい持って行かせても良いのに。ま、Kndも中1の時に行ってるし、そんな心配する行事でも無いんだけど、一人居ないと妙に寂しさを感じる。居ても自分の部屋に篭ってることが多いんだけど、気配もないと空気感が違う。そんな訳で、今日の我が家は不完全だ。

KissingToBeClever
Kissing To Be Clever / Culture Club
Virgin Music Ltd. - 1982

レコードで回収。カルチャー・クラブの1st。リアルタイムではボーイ・ジョージの女装ルックスの話題が先行していたお陰で、俺も、アイドルか色物の様に見ていたし、まともに音を聞くきもなかった。しかしながら、ちゃんと音を聴くと、結構高い音楽性を有していることが分かる。基本80年代の音だが、リズムはファンク。でも、良く聴くと「Love Twist」なんてスカのリズムを取り入れてるし、有名な所では「Do You Really Want To Hurt Me」はレゲエだ。兎角、こういうリズム重視の音楽は、聴いてると体が動くね。しかし、レコードの録音で音歪があるのは興ざめ。これも録り直そうかなぁ。



1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM