外部へ経過観察を出す理由

  • 2011.12.21 Wednesday
  • 21:09
JUGEMテーマ:音楽

定期検査の為、病院へ。いつものように採血して、待たされて、診察。俺の担当医の患者が全然呼ばれねぇんだけど、あの医者ちゃんと時間通り来てんのか?やっと呼ばれて、結果を聞くと、全然正常。また3ヶ月後。代わり映えしない。相変わらず白血球も少ないが、産業医が大げさに言っただけらしいし。これだけで毎回¥5,000以上の金がかかるし、エコーが入るともっと高い。昔は会社の診療所でこちらの自己負担なしで経過観察してくれたが、最近は、産業医が大げさに言って従業員を不安にさせ、すぐ外部の専門医に診てもらえと言っている気がする。会社で費用を持つ診療所での経過観察者数を減らすせば、福利厚生費の支出も減らせるもんな。従業員数に係る健康保険の費用は固定費だからな。外に出された従業員は自腹で医者にかかるしかないってわけだ。

Believe
Believe / Orianthi
Geffen Records. - 2009

マイケル・ジャクソンの「This Is It」で一躍脚光を浴びた若い女性ギタリスト。その頃に出されたアルバムで、HMV ONLINEとかでも大々的に売り出していたっけ。これもBook Offで¥500で回収した。今じゃ、なんかJ-Popの女のPVでギター弾いてんの見たし、川崎のラゾーナで営業やってる時点でブームは去った感満載だな。このアルバムも1曲1曲は結構良くて、ギターもすげぇし、ボーカルもアラニス・モリセット並にエモーショナルだ。でも、今時の音圧の高い録音と同じサウンド傾向のアレンジは通して聴いていると飽きちゃうんだよな。俺的にはポール・リード・スミス使ってる時点で好感度高いんだけどね。



PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM