JUGEMテーマ:音楽


梅雨もとっくに明けたし、今は7月下旬だし、夏真っ盛りと言って良いだろう。普段事務所の中にいる分には一日中エアコンが効いているので全然平気だが、今日みたいに都内への外出があると、やっぱ、外はくそ暑い。まぁ、朝、出勤で外を歩くだけで異常に汗をかく程暑いんだけどね。今日はやたらと喉が渇き、午後は頭がボーっとして、少し気持ち悪かった。でも、8月の質の悪い暑さに比べると、まだましな気がするんだよな。特に夏季休暇中の大阪、これは酷い暑さだろうと。覚悟しなきゃな。

Come On Over
Come On Over / Olivia Newton-John
EMI Recotds. - 1976

中古レコードで回収。邦題「水の中の妖精」。まぁ、ビジュアルからそう付けたくなるのも分からないでもない。内容は「Jolene」を含む、カントリーポップだ。後の「フィジカル」をヒットさせたディスコ歌手と言うのとはちょっと違う。なので、こちらの方が好ましいサウンドだな。


JUGEMテーマ:音楽


夕べは職場の飲み会だった。今日付けで俺が異動になるのと、今までやって来たPJが終わり俺のチームがバラバラになるので、まあ最後の打ち上げっていうか。幹事をやってくれた新人ちゃんの女の子が、食べログで結構点数の高い店を予約してくれて、結構安くで、異常なボリュームの食いもんと飲み放題。持つカレーに串が5本程度、その上にボリューム満点の鶏鍋に〆のチャンポン麺とあっては、飲み放題と言ってもあまり酒の入る余地なく、満腹で帰って来た。って訳で、解散だ。

Love Performance
Love Performance / Olivia Newton-John
Toshiba EMI - 1976

1976年の来日公演のLive盤。日本だけで発売された、そしてWikiによると、CDによるリイシューもされていない貴重なLiveだ。「フィジカル」のレオタードねぇちゃんより全然前のまだカントリーを歌う若いシンガー風情の時代で、やっぱ「Country Road」と「Jolene」はいいねぇ。そして、つくづく思うのは、歌のうまさだね。Liveでこれだけ正確なピッチで聴かせる歌の実力は若いけど凄いなと思う。


JUGEMテーマ:音楽

結構長い間、会社から早く帰る習慣がついていた。出向中にワーク・ライフ・バランスの話から、月に半分は定時退社しましょう、という取組を行い、それが習慣化したもんだ。なので、だいたい、週2回は6時くらい、そうでない日も7時くらいには会社をあがるようにしていた。なので7時過ぎに会社に残っていると非常に遅い時間に残業している気分だった。ところが先月からめちゃくちゃなPjに入り、早くて20時、場合によっては22時とかまで打ち合わせ等で残ることが増えてくると、それはそれで、普通の感覚になってくるんだよな。全然うれしくはないけど。

GreatestHitsII
Greatest Hits Vol.2 / Olivia Newton-John
MCA Records. - 1982

オリヴィアのベスト盤Vol.2をレコードで回収。「Physical」とか「Xanadu」とか好きな曲もあるけど、やっぱ、ベスト盤で正解、レコードで正解、って思う。それに楽曲自体は少しカントリーフレーバーの漂うVol.1の方が好きかな。「Country Road」とか「Jolene」とかね。こちらはやはり、よくも悪くも80年代。初期とは違ったダンスミュージックや、映画のサウンドトラックで大変な人気を博していた時代だね。ベスト盤2枚で大変満足した。



JUGEMテーマ:音楽

今TVで夏の定番、怖い心霊物の番組やっていて、あー怖かった。昔、それこそ子供の頃は怖いもの見たさで、結構、こういうの好きだったんだけど、最近、ダメだね。嫁さんは逆に、心霊ビデオとか見ても「けっ、作りモンがァ」とへっちゃらなんだけど、俺は、最近、怖いもん見るのが、しんどい。そう、なんか、体的にしんどいんだよね。しんどい思いしてまで見たくないちゅうか。一方、中1のShnは昔の俺のように、喜んで見ている。Kndは怖がりだからだめ。

OliviaGreatestHits
Greatest Hits / Olivia Newton-John
EMI Records Ltd. - 1975

「Physical」を聴いた時に、オリヴィア・ニュートン・ジョンなんか、ベスト盤で十分だ、みたいなことを書いたが、それは逆に、子供の頃聴いたヒット曲が聴きたいって意味で。これをレコードで見つけ回収。兎に角「Country Load」と「Jolene」がとても聞きたかった。30年以上ぶりに聴けて、よかった。当時はラジカセを買ってもらった姉貴がAMラジオで流れた楽曲をカセットに録ったものを聴いてたもんな。初期のオリヴィアはとてもカントリーちっく。そういう意味では80年台よりアメリカンロックに近いかも知れない。まぁ、バラード中心だけどね。


JUGEMテーマ:音楽

Canonのプリンタを使っているのだが、インクの減りが激しく、また、1色で¥1,000くらいする。6色セットだと¥5,000を超える。直ぐにインク代がプリンタ代を超えた。また製品のラインナップの作り方もおかしく、5色セットだと、何故か「灰色」が無い。普通に使用すると「灰色」があまり減らないわけではなく、どう考えても明らかに、「ダブ黒」とか言っている太い方の「黒」が余る。そこで、詰替用の互換インクと言うものを買ってみた。残量のICリセッターも付いている。純正インクの空っぽのやつに天板に穴を開け、インクを入れて、蓋をし、残量ICをリセットするだけで、簡単にできる。それにしても改めて驚いたのは、1カセットに入れるインクはたかだか6、7mlだ。これで¥1,000ぼったくってるって?

Physical
Physical / Olivia Newton-John
EMI Records Ltd. - 1981

レコード処分の為の録り直し。改めて聞き直したが、やはり大ヒットした「Physical」以外の曲がいいと思えない。特にイルカの声を収録したグリーンピース丸出しのエンディング曲は、そのコンセプトも合わせ吐き気がする。でも、この間Shnの卒業式でリコーダー演奏で聴いた「Country Road」とか、聴きたいな。あと、懐かしのヒット曲、「ジョーリーン」とかね。そうだよな、しょせん、シングルヒット歌手なんだから、お手軽にベスト盤1枚買っとこうかな。それで十分だろ。



JUGEMテーマ:音楽

今日、昼休み。弁当を食べ終わって、携帯のメールを見たら、嫁さんから連絡あり、「コンタクトができたって知らせが今あった。」。コンタクト屋は会社から歩いて10分ほどの距離。昼休みの残り時間はたっぷりある。いつもは音楽を聞きながら昼寝をするんだけど、今日はコンタクト屋までコンタクトを取りに行った。コンタクト屋でメガネからコンタクトに替え、見え方の違いから少し目眩を感じながら会社に戻り、ノートPCの文字を見て感激した。老眼鏡を掛けなくても普通に見える。今もコンタクのままこれを書いている。良く、見える。結局、去年末からの目が見えない騒ぎは、ただただ、メガネスーパーのメガネばばぁがちゃんと検眼できなかったせいだということがよく分かった。

Physical
Physical / Olivia Newton-John
EMI Records Ltd. - 1981

オリヴィア・ニュートンジョンは70年代、カントリーに根ざしたポップを歌っていて、非常に人気があったのだが、Rock好きの小僧が聴きたいと思う楽曲ではなかった。ところが80年、エレクトロなサウンドでイメージ・チェンジし、この表題曲を大ヒットさせた。レオタード姿で踊り歌うPVも、コミカルで人気が高かった。80年代サウンドが嫌いだと言いながら、やっぱ当時のヒット曲が無性に聴きたくなることもあり、レコードで回収。色々佳曲ぞろいだと思うが、ラスト、イルカの声を収録したグリーン・ピース丸出しの曲は閉口。



1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM