JUGEMテーマ:音楽

姉貴の嫁ぎ先でちょいと困ったことが発生。年明けに義兄が関東に転勤になるらしい。基本単身赴任なのだが、義兄は足が悪く、姉貴はできるだけこちらで世話をしたいと思っているらしい。が、上の娘は嫁に行ってるのでいいとして、下の娘が来年大学の4回で就職活動あり、放っておく訳にも行かず、大阪は持ち家で、しかも飼い犬が2匹もあり。さて、どうする。で、せめて犬の1匹でも俺のところで引き取れないかと聞いてきたが、丁重にお断りした。うちの嫁さんに世話ができるわけねぇ。

Avalanche
Avalanche / Mountain
Sony Music Entertainmen - 1974

やっとこれでマウンテンも5CD Box Set終了。最後は74年のスタジオ作。既にオリジナルのメンバーではなく、メンバーを入れ替えての再結成後のアルバムだ。初期のゴツゴツ感が少し薄れて、ハードロックなんだけど、すこしポップ色も入ってきている気がする。ところ何処の曲で使われているフェイザーの少し掛かったアコースティック・ギターの音の非常に気持ち良いし、ハード・ブルースな曲も良い。後、面白いのはハードロック調の「Satisfaction」のカバーかな。こういったカバーでオリジナルをこえるものって殆ど聞いたこと無いが、これもそうだな。



JUGEMテーマ:音楽

最近、昭和の芸能人が良く亡くなると思ってたら、今日の訃報はちょっと驚いた。柳ジョージは高校生のある時期、一番好きなミュージッシャンだったからなぁ。レイニーウッドのアルバムは、1stから「Woman & I」までは買っていたし、その後も友達に借りて聴いていたし。流石にソロになってからはフォローしてなかったけど。前回、夏休みで実家に帰った時、柳ジョージとレイニーウッドのアルバムを全部持ってきて、録りなおそうと思ってたところだ。1stは最終曲の音飛びで壊れたけど。今夜はちょっと、柳ジョージの音楽を聴こうと思う。

TwinPeaks
Twin Peaks / Mountain
Sony Music Entertainmen - 1974

68分、ほぼ70分ちかいLiveアルバムだが、そのうち31分は「Nantucket Sleighride」だ。それ故、世間のこのアルバム評を見ると、他の曲は良いけど、その曲があまりにも冗長だ、長いのに同じフレーズの繰り返しで飽きる、工夫がない、等、評判が悪い。が、俺に言わせれば言い掛かりだ。70年代のこの時代、こういう演奏がLiveアルバムの醍醐味の一つだ。Deep Purpleの「Live In Japan」の「Space Truckin'」やZeppelinの「Song Remain The Same」の「幻惑されて」とかもたちが悪いが、それでも、非難はされていまい。このアルバムは一旦分裂したバンドを再結成させた後の日本公演の模様で、「カンシャシテマソ」とかのMCが脱力させてくれる。



JUGEMテーマ:音楽

何度も書いているが、俺は会社の帰りは歩いている。が、今日のは流石にヤバかった。台風直撃の暴風雨の最中に5Km程の帰宅路だ。まぁ、最寄り駅まで歩いたとしてもびしょ濡れなので、とりあえず、歩き出したんだが、まず、傘は意味なし。速攻でおちょこになるし、雨防げないし。で、車道の側では風で車の方へ押されるし、すぐ横で看板倒れるし。雨が痛いし、生木が折れている横で生えている木が異常に風に煽られてるし。とにかく、何かが飛んでこないかだけを気にして、家まで辿りつたときには、当然のようにびしょ濡れだった。でも、後でTV見たら、JRも私鉄も止まってたみたいだから、俺の選択は正しかった。あー怖かった。

FlowerOfEvil
Flowers Of Evil / Mountain
Sony Music Entertainmen - 1971

5CD Boxの3枚目。レコードではA面スタジオ録音、B面Liveという変則的なもので、しかもB面に関しては、「長時間録音のため、録音レベルを低く記録してあります。」という注意書き付き。でアルバム自体は50分もある。最初にレコードで聴いた時とはかなり印象が変わって、とても心地よい。マウンテン自体が今の俺の気分に合ってるというのもあり、演歌調のハードロックも、冗長なLive演奏も気持ちいい。ギター演奏も難しすぎないと言うのが良いね。



JUGEMテーマ:音楽

細々と継続している、俺のバンド活動。明日はスタジオだ。新曲はGeorgia Satellitesの「Sheila」という曲だ。Georgia Satellitesをカバーするのは初めてだ。まぁ、Georgia Satellitesなので、基本3コードのシンプルなRock'N' Rollなのだが、合わせてみないとどんな出来になるかは分からない。バンド演奏はナマモノだからね。明日の相棒は久々にGibsonレスポールを持って行こうかと思っている。ちょっと気になってるのは台風の影響だ。車から出た後の楽器の搬入とか、滅茶苦茶雨降ってたらやだな。

NuntucketSleighride
Nantuchet Sleighride / Mountain
Sony Music Entertainment - 1971

うん、いいね、この演歌ロック。タイトル曲なんかまさに演歌チックで、特に日本人の琴線に触れる音楽なんじゃないかな。数年前にこのアルバムを初めて聴いたときはピンと来なかったんだけど、今はとてもいいぞ、マウンテン。ごりごりした70年代ハードロックの音なんだけど、早く性急な曲がないので、落ち着いてハードな音に身を浸らせることができんだよな。ギターも速弾きなんてないし、いざとなったら自分でもできそうな感じも好感だな。と書いてみると、まるで、年寄り向けのロックのようだ。



JUGEMテーマ:音楽

昨日、Shnが作った嫁さんのミサンガが切れた。と、思ったら、今日は、Shnが作ってくれた俺のミサンガも切れた。2日続けてってのは偶然でも凄いが、二人とも「金持ちになりたい」って願いなので、これはいよいよ念願成就か。って、サマー・ジャンボはかすりもせずに終わったけどね。今、新しいのをShnに発注中だ。
さて、2回目の夏期休暇前の6日勤務。明日も出勤。そして、明日で終わりだ。やっぱ、6日会社あると思うと、今週は異様に長く感じる。恐らく明日も、休暇の人は多いだろうし、土曜なので、電車も空いてるだろう。

Climbing
Climbing! / Mountain
Sony Music Entertainment - 1970

最近、マウンテンのプチ・マイブームが来ている。数年前に「Nantucket Sleighride」を買ったんだけど、それほどはまらず、最近レコードで買った「Live - The Road Goes Ever On」が妙にツボを付いた。特にそこで演奏されている「Nantucket Sleighride」が良いように感じた。って訳で、5CD Setをゲット。これは1枚目。レズリー・ウェストのソロを経て、バンドとしてのデビューアルバムだ。「Nantucket Sleighride」もそうなんだけど、ここでも妙に演歌っぽいマイナー調の曲があり、日本人の琴線に触れる。派手すぎない、ゴツゴツした手触りのロックは、俺の好みの1つだ。



JUGEMテーマ:音楽

また晩飯、社食ネタだ。
火曜日、社食で醤油ラーメンを食べました。そして、昨日、家に帰ると、カレーライスでした。と。さて、今日、社食で何を食うでしょう?って、選択肢が、醤油ラーメン、カレーライス、蕎麦しかないところで、このローテーションだと、蕎麦食うしかねぇ。まぁ、木曜日の蕎麦のトッピングには牛すじ肉があるので、それにキツネを付けていただきましたとさ。今、またもや口の中に口内炎が3箇所も出来ていて、非常に苦しい。これも白血球が少ないせいか?でも、食事は美味しく頂いている。

MountainLive
Live "The Road Goes Ever On" / Mountain
CBS Sony Records Inc. - 1972

マウンテンのライブだ。「Flowers Of Evil」もB面はLive晩だったが。これは4曲しか入っていない。B面は17分を超える「Nantucket Sleighride」の1曲のみで、アルバム全体でも38分くらいだったかな。短いので気軽に聴けるのが良いが、ゴリゴリしたハードロックサウンドはある意味地味で、聴いていて疲れない。気分良く聴ける。結構マイナーコードが主体な曲調も落ち着いて聴ける一要因だろう。というか、俺の気分に合いやすいサウンドなんだろうな。このレコードは比較的ノイズが少なかったしな。




JUGEMテーマ:音楽

ここのところ、体調に関わる不快感で一杯だ。まず、先週末、ちょっと体重が重めなので、減らそうと思い、土日でなんとか許せるスコアになったのだが、月火と頭痛で安静、運動不足。また、先週後半はホホバオイルが合わないのか、ステロイド剤を塗らなかったせいの脱ステロイドリバウンドか、顔が腫れ上がって真っ赤なひどい状態になった。顔は再度医者にもらった薬でほぼ腫れは引いたけど、日曜あたりは最悪だった。そして、今も続く頭痛。そして、最悪は今日の体重。暴食した覚えも無いのにいきなり週末に比べると2Kg程重くなってた。一体、何のリバウンドだ!?

FlowersOfEvil
Flowers Of Evil / Mountain
CBS Sony Recordes, Inc. - 1971

マウンテンはCDを1枚持っているのみ、って所に、このレコードを回収。まぁ、昔のハードロックって音だし、聴いていて落ち着くけど、このレコードの解説にある注意書きが面白かった。「B面は29分以上もあるので、レベルを低めにカッティングしているから、アンプのヴォリュームを上げて聞いてください」ってな文言。このアルバムはA面スタジオ録音、B面ライブで、確かにB面は30分近くある。しかも1曲めのメドレーが25分位あるんだけど・・・ハッキリ言って冗長。無駄に長いと感じた。嫌いじゃないけどね。



1

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM