JUGEMテーマ:音楽

ゴールデン・ウィークも後半に突入。今日は家族四人で川崎へ。子どもたち二人を映画館に放り込み、俺と嫁さんは2時間ほど買い物と、ランチ。ランチは19年ぶりくらいに入った中華屋で鍋焼マーボー飯を食った。旨かった。
って訳で、Blog開始まる三年。今年もデータで振り返ってみようと思う。まず、この1年でつけた記事数は361。1年が365日と考えると、本当にまめに毎日つけていることになる。三年間の記事累積数は1,048で、1,000を超えた。日々のアクセス数は100〜200程度。なんかのキーワードに引っかかった場合は瞬間的に600とかいう日もあるが、コンスタントでは100ちょっとだ。

さて、次に聴いた音楽編。まず、新登場のミュージッシャンは66。去年が80を超えていたので、今年は新登場は多くなかったと言える。そして、この1年間、多く聴いたミュージッシャンのランキング、ベスト10だ。

2009年のトップ10
第1位 The Beatles 15回
結局、去年9月にリマスターボックスを買ったのが効いてビートルズがトップ。実際は、Blogにカウントしていない時も聴きまくっていたので、倍以上は聞いているだろう。自分の感覚でもこの1年はビートルズをよく聴いたと思う。納得の1位だ。

第2位 Kiss 10回
2位がKiss?ちょっと意外。あ、そーか、誕生日に買ったメンバーのソロとかもKissでカウントしているからか。後、新譜も出たからなぁ。

第3位 Prince 9回
これもちょっと意外だが、そ〜言われれば持ってるCDをやたら掛けたかも。こちらも3枚組の新譜「Lotusflow3r」を三日に分けて記録したりしたからか。

第4位 Michael Jackson 7回
これは、やはり訃報のせい。マイケルブームが来たのは俺だけではないはずだ。そろそろ一回忌が来るというのに、未だに聴いたりしている。

第5位 Aerosmith 6回
同率 Dave Mason
同率 Foghat
同率 George Harrison
同率 Little Feat
同率 Queen
同率 Santana
同率 The Rolling Stones

6回で5位が8組も入った。Dave Mason、George Harrisonはレコードを買い漁ったせいだな。あと、FoghatとLittle Featは5CDセットのせい。それ以外のAero、Queen、Santana、Stonesは、好きで聴いているってだけだな。
で、これで、ベスト10のはずが12組になってしまった。ついでに、5回で13位のミュージッシャンは以下だ。

第13位 Bruce Springsteen 5回
同率 David Bowie
同率 Dokken
同率 Electric Light Orchestra
同率 Eric Clapton
同率 Jeff Beck


結局、レコードを多く回収したか、CDを多く持っていたけど、今まであまりBlogに載せなかったミュージッシャンが上位に組み込む結果となった。

そして、これも恒例、最後にBlogを初めてからこの3年間でよく聴いたミュージッシャンのランキングを載せておく。

3年間累計トップ10
第1位 The Rolling Stones 29回
第2位 The Beatles 26回
第3位 Led Zeppelin 20回
同率3位 Santana
第5位 Paul McCartney 17回
同率5位 Wishbone Ash
第7位 Kiss 16回
第8位 Eric Clapton 15回
同率8位 Prince
第10位 Queen 14回


うーん。結局、「大人のロック」等の雑誌でオヤジが良く聴くとされるミュージッシャンがベタでランキングされているので、この結果は少し恥ずかしいかも。1位がStonesで、2位がBeatlesって。それでも俺は好きなものを聴き続けるけどね。できれば、新しいものも増やしたいと思いつつ、これからもよろしく。

OnStage
On Stage / Loggins And Messina
CBS Inc. - 1974

この2枚組のレコードは、ロギンス&メッシーナのLiveなんだけど、A面の最初はケニー・ロギンスの生ギターの弾き語りで幕を開ける。普通Liveと言うとノリの良い派手な曲で始まると思うのだが、この上なく地味なスタートだ。そして6曲目くらいでやっとバンド演奏。そして7曲目くらいでやっと、ジム・メッシーナが合流する。で、カントリーっぽいブルーグラスを聞かせると思ったら、サイケっぽいデッド風の長尺の曲もありで、よく言えば非常にバラエティに富んでいるが、果たしてロギンスの甘い声の弾き語りとジャム・バンドの演奏を同じステージで聴いて楽しめるファンがどのくらい居るんだろうかと疑問になる。「アメリカン・ロック」という広いカテゴリーを愛する人でないと、正直、全部を聞くのは厳しいのではないだろうか。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM