JUGEMテーマ:音楽


俺の見ている2個のPJのうちの1個が早くも、というか、最初から上手くいっていない。ある意味当然で、経験のない技術領域の管理を、経験のない管理者(俺)が見て、経験のない担当者と協力メーカでむりやりチームを立ち上げて、キツイ日程で走り出したら、1ヶ月も経たないうちにボロが出て計画から大きく遅れだして、「どうすうんの?」と客から言われている。そのせいで、また明日は夜の20時からの打ち合わせで都内へ呼び出された。お蔭で毎日都内で晩飯食ってる。今日は、ちょっと前から気になってたラーメン屋に入ってやった。

Sweet Forgiveness
Sweet Forgiveness / Bonnie Raitt
Phino Entertainment. - 1977

5CD Boxから3枚目。あまりサウンド傾向は変わらず、穏やかなウエストコースト風サウンドだ。Bluesではない。聞いてて落ち着けるし、気分いいんだけど、戻って来て何度も聴くことはないだろうな。と思う。



JUGEMテーマ:音楽


今日は、そろそろ中古レコードの在庫が少なくなってきたので、要らないレコードの売却と仕入れに横浜に。数年前に国内版中古で買ったZeppelinの「II」「Presence」も売ってしまった。で、回収できたのが6枚。一時期に比べるとホント、手ごろな良いレコードが無くなってる。
さて、Shnは夕方から友達とラーメンを食べに出かけて、晩飯を要らないと言うので、普段Shnが居たら食べられない「辛い」スパゲッティを作ろうと。俺はアーリオ・オーリオ・ペペロンチーニが食いたかったんだけど、嫁さんはアラビアータが食いたいと言う。仕方ないので、アラビアータと、しめじソーセージバジリコオイルを作った。アラビアータは相当とんがらしを入れたら、嫁さんがひーひー言いながら食い、仕事から帰ったKndは一口しか食べれず。代わりにオイルの方を食いきっていた。本当はKndには作りたてを食べさせてあげたいんだけどね。

Home Plate
Home Plate / Bonnie Raitt
Phino Entertainment. - 1975

5CD Boxから2枚目。サウンド傾向は変わらず、ブルースではなく、アメリカンポップ、AORに近い。やっぱ、リンダロンシュタッドに似てると言うか。そういう意味ではさりげないカントリー臭も入っているのかも知れない。聴いていて気持ちいけど、後には何も残ってない感じだ。


JUGEMテーマ:音楽


俺の新しい仕事は、隣の事業部の人3人と組んでやるらしく、フロアの一島に4人が座っている。ところが、今日、その3人が全員休みやがった。お蔭で今日のクリーンルームは3人くらいしかおらず、俺の周りは誰もいない隔離状態。まぁ、どうでもいいが。
さて、俺の誕生日の1週間後はShnの誕生日だ。今度の日曜に17歳になる。って訳で、この土日はShnの誕生日週末。まずは明日のディナーだな。

Streetlights
Streetlights / Bonnie Raitt
Phino Entertainment. - 1974

実は結構前に、ボニー・レイットの5CD Boxを買っていた。ボニー・レイットと言えば、女性ながらスライドギターの名手で、ブルースをやっていると思っていた。が、聴いてみたこいつらは、ポップス。ちょうどリンダ・ロンシュタッドの音楽と同じようなポップなロックだった。ボーカルもの、と言って良い。まぁ、良いんだけどさ。


JUGEMテーマ:音楽

帰るコールの時に嫁さんが一言、「父ちゃん、旅行のパンフあるようなところ、通らないよね?」。なんだか良く分からないが、明日、上の子が学校でポスターを作製するのに、アメリカの資料が居るらしい。先生は、「お父さん、お母さんに、旅行のパンフレットか、インターネットで資料を集めてもらって下さい。」と言ったそうだ。と、この言い草も良く分からない。とりあえず立ち寄った駅には旅行代理店もパンフもなく、家に帰ってからネットで見繕ったが、「何が」欲されているのか分からず、とりあえず旅行のパンフ2つと、ニューヨークの写真を印刷して子供に渡した。はて、これは先生が果てしなく馬鹿なのか、ちゃんと理解、説明できないうちの子が馬鹿なのか、俺が親ばかなのか?

NickOfTime
Nick Of Time / Bonnie Raitt
Capitol Records, Inc. - 1989

会社入ってすぐの頃、まだ、二人部屋の寮に住んでいた頃に、知らない女性ミュージッシャンがグラミー賞を取りましたとさ。で、興味を持ってCDを買ってみた。1曲目の表題曲以外、全然良いと思えず、ラックの肥やしと化すこと早20年。いいじゃねぇか、このアルバム。基本ブルース、もしくはR&Bで、当時ですら相当なキャリアを持つ女性ロッカーだ。というか、このアルバムで起死回生をはかり、ヒットしたらしい。しかし、グラミー賞を取る作品って、ちょっと地味で、いい音楽なんだけど、どうも、選考者が「どう、これ選ぶなんて、俺って趣味いいだろ?」って自慢していそーな感じがするなぁ。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM