JUGEMテーマ:音楽

そして、今日からゴールデン・ウィークに突入。なんと今年は10連休だ。夕べからわくわく気分で、酒飲んで寝て、さて、初日の今日は、いつもの俺の楽しみ、渋谷へレコード処分、レコード漁りに出かけた。骨のくっついていない嫁さんもゆっくりだと大丈夫だと言うので、一緒。まず、13枚のレコードを処分。¥180って、ちょっと前に値が上がったのがもとに戻っている感じだ。その割には中古レコードは高騰したままで、なんとか6枚ほど選択。後はTowerでクラプトンのLive LP Boxをゲット。その後、Kirin Cityで昼飲みし、その後俺はみんなで食べるようにGodivaのトリュフを奮発して買って帰った。

ChicagoLiveInJapan
Live In Japan / Chicago
CBS Inc. - 1972

数年前・・・、もう4年くらい前かな。このアルバムがリマスターの邦盤で再発されたタイミングで買い直した。それ以前に2枚組中古LPで録音はしていたんだけど、その頃はやっぱりリマスターされたCDの方が音が良いと思っていたので。Liveの内容は、録音状態を含め素晴らしいが。日本語で歌われる2曲はキツイ。後、今、いまいちブラス・ロックの気分じゃないんだよね。

JUGEMテーマ:音楽

ここの所、雨が多い。今週に入ってずっと傘が必要になってる。この季節って、意外に雨が多いんだよな。桜が咲いたと思ったら、きつい雨や、寒気や、凄い風であっという間に散ってしまうこともあるからね。また、雨のせいか、気温も不安定。25度を超える夏日があったと思ったら、2月並みの寒さがぶり返したりして、通勤の服で困る。会社の帰りの長距離歩きは、雨ではびしょ濡れになるし、ちょと暑いと汗だくになるし、寒いと冷たい汗をかくし。なんか、良い気候の春、ってのが味わえないね。

ChicagoX
Chicago X / Chicago
CBS Inc. - 1976

これもずいぶん前にレコードで回収。シカゴの10枚目、と言いつつまだ76年か。戦うホーン・ロック・バンドからメローなAORバンドに遷移している過渡期のサウンドだ。いや、ちょっとAORが勝ってきてるか。ピーター・セテラの超甘バラードがもう聞けるもんな。ん、だからチョコレート?


JUGEMテーマ:音楽

今日、会社の部門で下期のキックオフ的な会議があったんだけど、その中で20分ほど、今俺が一人でやってるPJの要素技術の説明を行った。まぁ、ボリューム的に20分でわかってもらうのは無理な内容なので、駆け足でさわりだけって感じではあったんだけど。あまり伝わった感はなかった。それにしても、昔に比べて、俺は説明したり話をしたりすることが下手になったと感じる。やはり、本をあまり読まなくなったからか、加齢で頭の回転が遅くなったからか。この毎日のBlogも10年前だったらもっとましな文章を書いていたんじゃないか、と思う。

ChicagoVIII
Chicago VIII / Chicago
CBS Inc. - 1975

レコードで回収したシカゴの8枚目。なんだか、メローな曲が多く、全体的に、つまらーん感じになった。1stの緊張感やカッコよさは、すでに無く、これからAORバンドへ移行してしまう時期なんだろう。しかし、毎回書くけど、Net Audioの調子によって、音楽がさらにイラつくものになってしまう場合があるのが、嫌だ。



JUGEMテーマ:音楽

朝一にメールをチェックしたが、しばらくして、会社のPCにアクセスできなくなった。やべぇなと思っていたら出社している上司から電話が入り、ある指示を受けるも、ネットに繋がらなくなった事を告げると、「あ、目の前でネットワークの工事してる。」と。結局、上司が自分でなんとかすると言う話になり、俺は逆に、メールが読めないので、久しぶりに会社の状況を放っぽって日曜日を過ごした。でも、忙しい。散歩して、Kndの部屋の机と椅子を組み立てて、Bandの歌詞カードを準備して、歌いまわしを練習して、ギターをひと通りリハビリして、Kndが昨日買った嵐のシングルをShnのiPodとKndのWalkmanに入れて、俺も2、3枚のアルバムを自分のiPodとWalkmanに入れて、夕飯にお好み焼きを焼いて、ってしたら、もう日曜の夜だ。また明日から会社だ。ちくしょー、休みの時間が足りねぇ。

ChicagoVII
Chicago VII / Chicago
Warner Music Group Company. - 1974

シカゴの5CD Boxもこれで終わり。Cicago III以来のアナログでは2枚組だったそうな。頭から聴いていくと、初期のブラスロック、ジャズ的なアプローチが復活していて、おっ、とか思ったが、だんだんメローな曲や、アコースティックな曲、コーラスワークが大きな曲と様々なタイプの曲が飛び出してきた。ちょっと調べてみたら、V以降のポップなアプローチを進めたいメンバーと、初期のブラスロックの路線に戻したいメンバーの意向が対立し、それぞれをぶち込んだアルバムになったそうだ。故の2枚組。しかし、それ程取っ散らかった印象もなく、Bandの音の裾野が広がった様に感じる良いアルバムだと思う。



JUGEMテーマ:音楽

同じ部の人がアメリカに出張している関係で、本当は会社の始まりは8:50なのに、8:30から打ち合わせ。これから毎日だ。で、向こうは午後の3時半くらいなので、朝から日本側でやって欲しいことが溜まっている状態。それを朝一で引き取り、向こうが夕方になるこちらの午前中に大車輪で働き、ふと、午後になると何百件というメールが一個も読めていないことに気づく。その溜まりまくっているメールにも重大な内容や、問題調査をこちらに振るメールが埋れている可能性が大。ひと通りのメールをチェックできるのが夕方。その間にも、電話や打ち合わせやなんやかや。夜になってこちらのアクション結果をまとめてアメリカ側にメール。いや、忙しいって。

ChicagoVi
Chicago VI / Chicago
Warner Music Group Company. - 1973

圧倒的なボリュームを誇った初期のアルバム群から、Vで始めてシングルLPでアルバムを発表。そしてこのVIにいたっては40分を切るボリュームに凝縮された。小粒な佳曲で埋められているアルバムだ。戦うブラスロックの雄といった趣は影を潜め、ピアノの弾き語りだったり、ハーモニカがリードしたり、ポップな作品が並ぶ。良い曲が多いし、決して嫌いじゃないんだけど、このアルバムがChicagoである必然をあまり感じ無い。初期のイメージが強いと違和感を感じはじめるアルバムだろう。後期のAORバラードバンドのイメージしかない人には良いだろう。



JUGEMテーマ:音楽

Band活動が停滞して久しい。もう、10月くらいからスタジオに入っていない。そんな状態では、やはりギターをなかなか真剣に弾かないんだよな。ちょっと前だとレコードを録音するのに忙しく、ギターを触る時間さえ無かったし。このままでは腕が鈍っていくばかりなので、今年から休日もそんなにレコードを回さないことにして、時間を開け、ちょっとずつギターを弾くことにした。最近はアコースティックギターで高校生の時のようにフォークソングを弾き語りすることが多い。昔と違ってがならなくともそれなりに歌えるので、それ程うるさくないはず。で、今日はやっとFujigenをギタートレイナーに接続し、弾いた。今年の初エレキだ。しばらくリハビリを続けようかと思う。

ChicagoV
Chicago V / Chicago
Warner Music Group Company. - 1972

5CD BOXだが、Chicago、Chicago IIの後は何故かVまで飛ぶ。まぁ、これが目当てで買ったんだけどね。1stから3rdまですべてアナログは2枚組のレコード。そしてIVは、カーネギーホールでのLiveでなんと4枚組。圧倒的な物量を誇っていたChicagoが始めて発表したシングルアルバムがこれだ。その分、小粒になったのか、というとそうではなく、冗長な部分が削ぎ落とされたと観るべきだろう。シングルヒットした「Saturday In The Park」はポップな出来だが、どちらかというとまだ異質。まだブラスの聴いたJazz寄りのロックがガンガン聴けるアルバムだ。



JUGEMテーマ:音楽

三が日は、朝食のお雑煮を食う前に、お節をつまみに熱燗を1杯飲む、ってつもりだったが、その前の夜の飲酒とつまみで胃もたれがし、今日は飲むのを辞めた。なんか、朝や昼は控え、夕飯とその後に暴飲暴食をしている気がする。でも、実家に帰った時に比べると、体重はむしろ減り気味。大阪帰ると必ず1Kgくらい太って帰ってたものなぁ。今日はレコードも2枚録音したし、普通の休日のようだった。夜は嫁さんのハンバーグ、相変わらず、美味い。さて、明日から今年の勤務が始まる。ひどい状況だけど、始めようか。

ChicagoII
Chicago II / Chicago
Warner Music Group Company. - 1970

本当のアルバムタイトルは「Chicago」。1stが「Chicago Transit Authority」だったので、「Chicago」を名乗っているのはこの2ndアルバムからだ。ややこしい。そして、これもアナログ時は2枚組だったそうで、少年達は気安く買えなかったそうな。基本的に1stと路線は変わらず、Jazzyなブラスロックなんだけどポップで聴きやすい、という絶妙な世界。恐らくアナログ2枚目にあたるアルバムの後半は組曲形式になっており、曲が途切れなく流れるので、気を抜いているといつの間にか、曲が変わっているということになる。ボリュームがあるので、気軽に何度も聞けないが、良いアルバムであることには間違いない。



JUGEMテーマ:音楽

朝起きて、会社のメールをチェックして、って事をひと通り片付けた後、年末の横浜に嫁さんと出かけた。先日のレコード回収が不調だったので、リベンジを兼ねてCDを探したんだけど、欲しい物は見つからず。小さなビルに入っていたレコファンがダイエーの1フロアに移転しており、大きくなっていた。広さで言えば渋谷のレコファンに匹敵。¥380のレコードを5枚ほど補充。他に、Disk Unionで、「Shine A Light」のDVD、Tシャツ付き未開封中古と、Dorrsの全部Boxを中古でゲット。またしばらく聴く物に困らないな。で、今夜は今年最後の俺のスパゲッティを作った。アルトーノとカルボナーラ。美味いね。会社の状況は相変わらずだ。

ChicagoTransitAuthority
Chicago Transit Authority
Warner Music Group Company. - 1969

Chicagoの1st。最初は「Chicago Transit Autority」というバンド名だったが、これがシカゴの交通局からクレーム入り、「Chicago」にバンド名を変更したそうだ。このアルバムは、凄い良い。アナログ2枚組、CDでは76分強。ブラスロックなんだけど、ジャム・バンド風な演奏パートあり、非常にパーカッシヴな部分あり、また実験的な部分もあり(7分を越すギターのフィードバックはちょっと辛かったが)、政治的な歌詞あり、それでも根底はポップで聴きやすい。歌のメロディも良い。非常に楽しめるアルバムだ。



JUGEMテーマ:音楽

レコードストックが無くなってきたので、今日は予てからの予定通り渋谷のレコファンにレコード処分とレコード回収に行った。売ったのは20枚。ところが、今日は何故か¥380で「欲しい」と思うものがあまり見つからなかった。丁度店頭在庫が少なかったのか、¥380物を減らしているのか。一方邦楽のLPで懐かしく、聴いてみたいものがあり4枚も買ってしまった。後、検盤の結果結構傷物があり、4枚ほどキャンセル。結局はLP9枚しか買わなかった。此処数年で一番不作だ。んーん、レコード回収の趣味も潮時なのか?

LiveInJapan
Live In Japan / Chicago
CBS Inc. - 1972

物の本に、「同じ72年のDeep Purple Live In Japanに匹敵するLiveの名盤だ。」と書いてあり、いつか聞いてみたいと思っていた物が、前回のレコード回収時に発見。買ってみた。確かに、「V」を出した直後のLiveだけあり、初期のブラスロックの中に、ポップさが絶妙にブレンドされたおいしいサウンドだ。演奏も歌も申し分ない。しかし、1枚目と2枚目におのおの1曲、全2曲ある、日本語詩をつけた歌はちょっと。。。メンバーの日本のファンサービスなんだろうけど、ありていに言って変。後、大阪フェスティバルホールの実況盤らしく、曲間のMCで「おきに(おおきに)」と叫ぶのもちょっと興ざめ。



JUGEMテーマ:音楽

後1週間で給料日だが、今月は特に金がない。前回の給料日から次の給料日までの間、CD1枚、レコード1枚買わなかったというのは、就職してから初めてではないだろうか。お陰で今、欲しいCDが溜まっている。まず、グラミーを受賞したロバート・プラントとどっかの女性シンガーのコラボ。次にProdigyの新譜。そしてU2の新譜。後、スティーヴィー・ニックスのLive盤が出たそうだし、4月に入るとDepeche Modeも新譜出すんだよな。でも、給料日早々にHMVで予約してある12枚組みDVD「Kissology」が来るんだよな。来月も金がなさそうだ。

ChicagoIII
Chicago III / Chicago
Warner StrategicMarketing - 1971

'80年代以降、シカゴってグループはA.O.R.バラード、ポップのバンドだと思われているが、デビュー当時は硬派で時にイデオロギーチックなブラスロック・バンドだった。デビューから3枚目までのアルバムは全て2枚組み。4作目のカーネギー・ホールのLiveに至っては4枚組みだというのだから、当時のキッズは、買えたのか?この3rdアルバムも今ではCD1枚に収まってる、が当然70分超えだ。が、3つの組曲を中心とした収録曲はブラスを中心としたヘビーロック、R&B、JAZZ、時にはクラシックを内包し、飽きることなく最後まで聴かせる。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM