JUGEMテーマ:音楽


昨日は嫁さんと二人で渋谷へ。昼飯に味噌ラーメンを食って、KinksのCDを買って帰宅。夜はちょっとお高いフィレ肉を買って来てもらってそれをステーキにして、風呂上りは嫁さんが買っておいてくれた赤ワインを飲んだ。そして今日は、誕生日プレゼントの一つとしてもらったWatermanのボールペンを仕舞うためのケースを探しに最寄りのデパートへ。ちょうど良い感じの牛革のペン射しが半額だったので、それを買って、昼は安い中華屋で少し飲んで。夜ご飯はこれまた俺のリクエストで巻きずしと蕎麦。後はひたすらレコードを回していたなぁ。この3日で10枚レコードを録音した。お楽しみはここまでだ。

Arrival
Arrival / Abba
Polar Music AB. - 1976

正月に実家から持って帰って来たレコード。買ったのは俺じゃなく、姉貴か、お袋だった。やっぱ、今の環境ではレコードの程度さえ良ければCDより良い音になるので、録音したくなる。これはまぁまぁだったな。アルバムは「Dancing Queen」を擁するAbbaのブレイクスルー作だ。


JUGEMテーマ:音楽

ここのところ数年前から、Stonesのアーカイヴ物蔵出しが凄い。まず、2009年の「Get Yer Ya-Ya's Out(40th Anniversary)」が始まりだったか。Stones自身の演奏にB.B.KingとAik&Tina TurnnerのLiveを収めたスペシャル・パッケージ。そして2010年に「Exile On Main St. -Deluxe Edition-」。それと連動するかのように、その時期のドキュメンタリーDVDとして「Stones On Exile」。そして、ミック・テイラー在籍時代の72年のLive DVD「Ladies & Gentlemen」。2011年に入ると、今度は「Some Girls(Deluxe Edition)」。そして、そのツアーのLive DVD「Some Girl Live In Texas ' 78」。一方時を同じくして、Archive Web Siteのネット販売限定でLive音源の3連発、「The Brussels Affair」、「Hampton Coliseum (Live, 1981)」、「L.A. Friday」。このアーカイヴLiveは後2公演分販売されるそうで。そして、今日、マディ・ウォーターズとのジョイントLive DVD「Live at Checkerboard Lounge 1981」が到着。ひー、全部買ってる俺も俺だが。

TheAlbumns
The Albums Bonus Tracks / Abba
Polar Music International AB. - 2008

アバのスタジオ盤ボックスの最後は、アルバム未収録曲を1枚に集めたもの。各アルバムはオリジナルフォーマットに留め、ボーナストラックを追加せずに、こういう番外編にまとめるってのは非常に良いね。ビヨルンがボーカルをとる初期のシングルから、「Ring Ring」「Waterloo」と言った初期ヒット曲のスエーデン語バージョン、ディスコ期の「Summer Night City」(めっちゃカッコ良い)やら、後期の曲。とにかく、これもいい曲が満載。「Gimmi!Gimmi!Gimmi!」が始まると思わず、「お、マドンナ」と言ってしまうが、オリジナルはこちら。

いやあ、このボックスは本当、良かった。


JUGEMテーマ:音楽

明日からゴールデン・ウィーク。9連休。問題が発生した場合はオンコールだけど、今現在問題ないことを確認して早めに帰宅。晩飯食って、しばらくしてさぁ、風呂入ろうと思ったら、会社の携帯に電話。早速、ある件で対応してくれとの要求。それからメンバーに電話していつ対応できるか調整して、要求してきた人に電話返して、って、もう仕事してるじゃん。結構、初っ端からはらわた煮えくり返りだ。

TheVisitors
The Visitors / Abba
Polar Music AB - 1981

アバのラスト・オリジナル・アルバム。ジャケットもグループの終焉を物語るかのように、全員離れた場所で違うところを見つめている。曲調も今までのような明るいだけのものではなく、暗く重いものも多い。なので、当時は面食らったファンも多かったそうだ。だが、楽曲の質はピカ一だ。サウンドプロダクションも含め、非常に上質な所にまで到達してしまった感がある。女性のヴォーカル&ハーモニーも最高。最後の曲がシンプルで美しく、物悲しい。




JUGEMテーマ:音楽

今日、Shnの小学校の卒業式だった。俺は子供の入学式、卒業式は出席しないポリシーだったんだけど、一人目と違いだんだん周りの関心も薄くなってきているような気がして、出てやることにした。朝から小学校くんだりまで行って、寒い体育館で2時間も、証書授与やスピーチや呼びかけや歌を見たり聴いたりするにはなかなか辛かったが、式は滞り無く終了。その後また校門で生徒が出てくるのを30分以上、寒空の下で待たされて、やっと、自分の子に近くで会えた。友達と卒業式の為に用意した一張羅を着てるところを写真に納めてやり、昼食をファミレスで食って帰ってきた。Shn、卒業おめでとう。これでうちには小学生以下の子供が居なくなってしまった。

SuperTrouper
Super Trouper / Abba
Polar Music AB - 1980

もう、かなり後期のアルバム。音楽の完成度が非常に上がってきており、すでにただのポップスの枠には収まらない作品のように感じる。大げさか。前作までのディスコ路線は一段落しており、ビートだけを見るとちょっと地味になっているかもしれない。そのぶん、メロディとアレンジ、サウンドが格段に質が高く、何度でも聴けるアルバムだ。いやぁ、アバに駄作なしだな。



JUGEMテーマ:音楽

今日も出社している上司と仕事関係者が気になりつつも(というか今も障害調査依頼が複数件来ている状態だ)、去年12月上旬に出したES-135の修理が完了したという連絡が今週あり、車で横浜へ。たかが1時間の無料駐車券を得る為に、何のCDを買うか40分も悩んで、殆ど意味なし。ギターは、ピックアップセレクターのスイッチが馬鹿になって、リアやフロントで止まらず必ずセンターの位置になってしまうと言う症状。修理に出す前は、まぁ、スイッチの部品交換と工賃で¥1,500くらいかなと思っていたが、結果、工房での作業工賃やらなんやらで、まさかの¥10,000超え。やっぱ、Gibsonだと、メンテも高くつく。まぁ、何にしても、お帰り、ES-135。

Voulez-Vous
Voulez-Vous / Abba
Polar Music - 1979

アバが相当ディスコ・サウンドに接近したアルバムだ。タイトル曲を筆頭に、まさに捨て曲なし。いや、アバって好き嫌いはあるにしても、どう考えても音楽的には良いものじゃん。当時はディスコって、ロックと比べると少し格下に見られた傾向があるそうだが、今の時代、音楽が多様化しまくって、その中でも90年代のジャミロクワイとかのディスコリバイバルがあったりして、全然そんな風潮はない。このあたりのアルバム、今一度世間で再評価されて欲しい。と書いて気づくが、そうか、ミュージカル「マンマ・ミーア!」があったりして、とっくにされてるか。



JUGEMテーマ:音楽

今週、早く上がれた日は、寸暇を惜しんで働いて、まず、ボカロ・カレンダー作成終了。後、年賀状と、嵐カレンダーとロック・カレンダーだ。そんな中、明日はSrisと飲む予定。金曜日、忘年会のピークらしいが二人でも入れる所があるのか?と少し不安ありつつ。で、うちの会社の標語、「飲んだら持つな」。というのがあり、つまり飲む時は、会社のPCや情報の入ったものを持つなと。しかし、週末にPCがなく、会社のメールが全然見れないのはあまりにも不安なので、今日、NotePCを持って帰ってきた。明日は1日、会社では、DeskTopで仕事しなきゃ。

The Album
The Album / Abba
Polar Music International. - 1977

いやぁ、ホント良いアルバムだな。まさに捨て曲なしだ。甘いだけの退屈なバラードはここにはなく、新境地と言われたダークな印象な「Eagle」から組曲編成の「The Girl」まで、様々な曲調の曲で占められている。そして、意外にロックでビートを感じる曲が多いので、ノレる。「Take A Chance」のコーラスとか、特に好きだな。後、やはりどの曲もメロディが秀逸。かつ、女性二人のボーカルも最強だ。あ、これで3日続けて女性ボーカルを聴いてしまった。偶然だけどね。



JUGEMテーマ:音楽

朝一で会社のメールをチェックしたら、夕べの11時過ぎにこっちに断りもなく障害調査を振って来てた馬鹿が居て。お陰でまた関係者に電話して調査依頼。こちらの被疑を晴らすためだけの調査で、本来は必要な箇所で調べる必要があり、夕方そのメールを入れた。
が、裏では散歩にも行き、帰ってきてからは次回バンドの新曲のコピーを開始。ネットに転がってるTAB譜のお陰で、あっという間にコピー終了。歌詞の印刷も終了。そして、録音途中の仕上げに掛かった。エフェクタのSnd/Rtnの方法が未だ分かっておらず、今日、やっと解明。それからリズムのずれ箇所をパンチ・インでギター4本分修正し、Mix Down。うん、今回はまぁ満足かな。これでやっと2曲目完成。次は何を録ろおうかな。

Arrival
Arrival / Abba
Polar Music AB - 1976

アバ名義2枚目でこれ。そう思うとやはり凄いグループだ。まぁ、グループとしては4枚目のアルバムだけど。ここでは何と言っても「Dancing Queen」だな。この曲が聴きたくて、多分姉貴がリアルタイムでこのLPを買った。なので俺が一番始めに聴いたアバのアルバムはこれだ。だから思い入れも大きい。そして「Dancing Queen」だけじゃなくて、名曲のオンパレードだ。「When I Kissed The Teacher」「Knowing Me, Knowing You」「Money, Money, Money」「Tiger」と言った所が特に好きだった。



JUGEMテーマ:音楽

なんだか、仕事でトラブルが絶えない。いつも複数の障害とか、まずいことが起こっている。こうなると仕事の大半がトラブル処理になってきて、なかなか予定が立たず、従って定時で上がれない。今週は1度も定時退社できていないなぁ。定時で上がれないと家で飯が食えない。なので普通は社食になるけど、今日食った「きゃべつたっぷり豚骨醤油ラーメン」は不味かった。たっぷり入っているキャベツが茹でただけのキャベツで味もなんにもしないんだから。明日は定時で上がって家で飯が食いたいなぁ。

Abba
Abba / Abba
Polar Music International AB - 1975

アバの3枚目アルバム。ここでやっと「ABBA」と名乗っている。相変わらず質の高い音楽をやってるんだけど、結構そのフォーマットはバラエティに富んでいる。普通のポップロックからグラム・ロックやレゲェ、ファンク、そしてクラシカルなインストまで。曲としてはミュージカルで有名になった「Mamma Mia」や初期の大ヒット曲のひとつ「SOS」、感動的なバラード「I've Been Waiting For You」等名曲が揃っており、ホント、いいアルバムだ。



JUGEMテーマ:音楽

いや、買わないよ。買うつもり無いよ。ほんの話題として書くけど、Sonyから新しいWalkmanが発表された。Zシリーズというラインナップで、なんと、Android搭載。4.3インチのタッチパネルを搭載し、WiFi機能を持つので、Webブラウザ等のネットアクセスは勿論、Youtubeの視聴も可能で、Androidマーケットからアプリのダウンロード、インストールも可能。要は、Experiaの音楽再生機能の音を良くし、電話機能を取っ払ったアンドロイド・マルチメディア・プレーヤって訳だ。Sonyの出すAndroid版のiPod Touchと言っても良いか。ただ、メモリ容量は最大で64Gbytesだ。それじゃぁ、俺には足りないんだよな。いや、全然買う気はないけどね。

Waterloo
Waterloo / Bjorn,Benny, Agnetha & Frida
Polar Music International AB - 1974

アバの2ndアルバム。いや、ここでもまだ「ABBA」とは名乗っていない。また、まだビヨルンがボーカルを取る曲も多く、アバ史上最初で最後のベニーによるリードボーカルの曲もある。しかし有名な「Waterloo」を筆頭に、良い曲のオンパレードだ。楽しくて、明るい楽曲群。また、「King Kong Song」や「Watch Out」のような、珍しくハードロック、パワーポップと読んでいいような激しい曲もあり非常に楽しめる。世の中に、健全で良いポピュラー音楽と言うものがあるのなら、アバの音楽がまさしくそうだろう。


JUGEMテーマ:音楽

会社の給湯所で、昼食後自分の弁当箱を洗剤で本洗いする馬鹿共は、マジで死んでほしい。そんなのは自分の家でやれ、クソバカタレが。以上、今日の一言。

さて、ネットで、これを見つけて買ってしまった。
TheAlbumns
ABBA The Albums / ABBA
Polar Music International AB. - 2008

アバのオリジナルアルバム全8作品に、ボーナストラックを集めた1枚を加えた9枚組Box Setだ。リマスター済みで音も良いが、なんといっても、これが¥5,000もしないというのが素晴らしい。思わずクリックだ。まぁ、最近アバをレコードで見かけると買ってたんだけど、俺って、そんなにABBAが好きだったっけ?

RingRing
Ring Ring / Bjorn Benny & Agnetha Frida
Polar Music International AB. - 1973

アバのデビューアルバム。だが、実はまだ「ABBA」とは名乗っておらず、「ビヨルン・ベニー&アグネタ・フリーダ」という4人名義の作品となっている。もともとビヨルン・ベニーは男二人のデュオ・グループで、アグネタとフリーダもスエーデンでは人気のソロ歌手だった所に、各々プライベートでもカップルだった2組が合体し作品を作ってみよう、というのが始まりらしい。なので、中にはビヨルンがメインボーカルを取る曲も多く、人気絶頂期のアバとは少し趣が違う。演奏もシンプルで基本バンドサウンド。物によってはギターロック的な曲もある。が、メロディアスなポップセンスは超一流なので、既に非常に質の高い、それでいて聴いていて楽しいアルバムになっている。・・・そう、好きなんだよ。






PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM