JUGEMテーマ:音楽


年が明け、2週間目の勤務が終了。1週めは3日だけ勤務して3連休。2週目は4日で土日。良い感じのリハビリペースだが、来週からはウィークデイがみっちり5日間ある。というか。既に仕事はハイペースだ。ほんの2週間前がお正月だったというのが信じられない。結構ここ数年、年明けの1月が仕事が滅茶苦茶になることが多いんだけど、今年も酷い。今年の酷さは、繁忙さというよりか、理不尽さからあきれるというか。管理職の立場で言うと、そういう風にオペレートせざるを得ない程、予算面、業績面が酷いって事なんだけどね。

SpeakOFTheDevil
Speak Of The Devil / Ozzy Osbourne
CBS Inc. - 1982

オジーのソロ、2枚組のLive。なんだけど、収録されている曲はすべてBlack Sabbathの楽曲という。モダンな音でサバスの曲を聴ける楽しみがある一方、ソロのファンとしてはサバスの曲しかないってどういうこと、って不満も抱く可能性がある作品。まぁ、俺は楽しめた方だけどね。


JUGEMテーマ:音楽

今、台風が近づいているとかで、今朝から結構な土砂降り。なので、今日は1日家に籠っていた。おかげで久しぶりに出しっぱなしのFendar Japanのストラトをピカールとオレンジオイルとポリッシュで磨いて、弦交換することができた。子供は中学も、専門学校もそうそうに明日の休校が決定している。天気予報によると明日の通勤時間が一番、雨風酷そうなんだけど、会社は休みにならないんだよね。また電車止まったら嵐の中、徒歩で会社行くのかな?

Randy Rhoads Tribute
Tribute / Ozzy Osbourne
Sony Musin Entertainment Inc. - 1987

ランディ・ローズのトリビュートの意で発表された87年のLive。ギターは当然ランディ・ローズ。まぁ、オジー自体俺はずいぶんと後追いだし、別に極めてもいないし、だいたいサバスですら聞き出してここ10年くらいだから、特段ランディ・ローズというギタリストに思い入れはない。ただ、良いLiveは好きだ、ってだけだ。



JUGEMテーマ:音楽

既に大幅に遅れているPjに突っ込まれ、1か月もたってないのに「なんで、こんなに遅れてんの、どうすんの?」と責められる。ってのは、まるで安物の不条理ドラマの主人公になったようだ。と、仕事の話は適当にして、でも、だから社食のない水曜日も家で飯の食える時間に上がれず、とうとう三日連続の牛丼屋となった。ま、今日は牛丼ではなく、「フレッシュトマトカレー」食ったけどね。しかし、なぜにカレーライスに味噌汁が付くんだろう。出されりゃ飲むので、お腹が一杯になってしまった。
そして明日はボーナス日。この状況では、家族で待ち合わせとか無理だけどね。

Ozzmosis
Ozzmosis / Ozzy Osbourne
Sony Music Entertainment Inc, - 1995

これは、中古屋で¥500で回収したCD。オジーは昔1回、引退したことがあるそうで、このアルバムは引退後の復帰第1弾だそうだ。引退と言っても2年ほどの期間だったそうだが。このアルバム、クレジットにはザック・ワイルドの名が乗っている曲が多くあるが、解説を読む限り、アルバムでは弾いていないみたいだ。楽曲群は90年代メタルっぽく、非常にハード。しかし、テンポの速い曲は見当たらない。どちらかと言うとミドルテンポでグルーブを聴かせるタイプ、もしくはバラード曲、といった楽曲群だ。気持ちいいけどね。



JUGEMテーマ:音楽

下の子の熱が下がらない。今日一日7度5分あたりを行ったりきたりだ。リレンザ効かないじゃないか。困ったもんだ。熱が下がって、丸3日経って医者に行って、家族が出社していいよと言われるまで会社に行けないのだ。明日の朝の時点で熱があると、火曜日も出社できなくなってしまう。当の本人は2段ベッドの部屋を独占し、部屋を閉め、ドアに「インフルエンザがうつるからはいらないでね」という張り紙をしている、という可愛そうな状態だが。親父の法事に行けなくなったので、せめて仏前のお供え物をと、今日、買って送る手配をしたなんてことは、自宅待機の身で、あってはならない。あぁ忙しい。夕飯時、お袋から「やっぱり来れない?」という電話があったが、下の子がまだ熱あるんで、やっぱり行けない。ごめんな。

TheUltimateSin
The Ultimate Sin / Ozzy Osbourne
Sony Music Entertainment Inc. - 1986

「馬鹿だもーん」に続くアルバム。ギターはジェイク・E・リーだ。とてもかるーく聞き流せる耳当たりの良いLAメタルだが、このジャケットはやっぱりふざけているのか。ものすごいセンスだ。このCDは、その昔一緒にBandやってたギターの人がBandでやる候補曲にと持って来たが、採用しなかった。あまりにも俺のセンスと違いすぎる。と言いつつ、最近じゃ嫌いじゃないんだけどね。


JUGEMテーマ:音楽

世間じゃ騒いでるけど、Blogには特に今まで書かなかった芸能人の覚醒剤騒ぎ。ノリピーの騒ぎで、押尾何某の話は、どこかにすっ飛んじゃったね。あっちの方が人一人死んでいるので大事件の筈なのに。で、ノリピーの此れまでの軌跡とかやたらTVでやって、やたら本人の唄が流れ、そしてCD屋からノリピーのCDが回収されているので、ダウンロードチャートで、上位を独占ってな状況らしい。それも明日にはダウンロードできなくするそうな。なんでかね?歌ってる本人が薬で捕まろうが何しようが、音楽そのものとは関係無いじゃん。俺も、薬で捕まる芸能人は「格好わるー、ばっかじゃないの?」とは思うけど、非難する気は毛頭ない。だって、Stones、Beatles、Jimi、Eric Clapton、Grateful Dead、Aerosmith、その他もろもろの過去ジャンキーを敬い、その作品をこよなく愛して愛聴している身で、日本の芸能人だけ卑下するって、ダブルスタンダードだよね。

BlizzardOfOzz
Blizzard Of Ozz / Ozzy Osbourne
Sony Music Entertainment, Inc. - 1981

俺の昔のイメージだと、これこそメタル、ってサウンドだ。2バスドコドコに合わせてのディストーションギターの低音弦のダウンピッキングバッキング。81年にこれって結構進んでたのかな。とかくランディ・ローズは英雄視されるけど、それは死んじゃったら評価が2割り増しするから?まぁ、良い曲も多いし、サウンドも当時としては独創的だと思うし、ハードな曲、バラード、とバラエティに富んでいて、良いアルバムだと思うよ。オジーの個性は相変わらずだしね。


JUGEMテーマ:音楽

これまた去年も書いたが、下の子の誕生日が、俺の誕生日のきっちり1週間後だ。今日は嫁さんと下の子と3人で川崎に行ったのだが、俺の誕生日週末のはずが、下の子のリクエストのマクドでのおやつ、そして下の子の誕生日プレゼント購入と相成った。家に帰って、今日のご馳走は手作り餃子。そしてこの後はワイン飲むんだ。

BarkAtTheMoon
Bark At The Moon / Ozzy Osbourne
CBS Sony - 1983

とにかく、「馬鹿だもーん」というソラミミが、物凄く有名らしい。ちょいとこのアルバムをWeb検索すると、その話ばかりだ。たしかに、「Bark At The Moon」、「馬鹿だもーん」に聞こえる。うーん、キャッチーだ。そんなところからして掴みはオッケーだ。ランディ・ローズ亡き後のJake'E' Lee。ギターリフが格好いい。そして、「So Tired」なんていう素直なバラードにも耳が奪われる。ジャケットもほぼ笑ってしまいそうだが、YoutubeでPVを見ると、あの狼オジーが走ってるからね。色物ぎりぎりのところで、とても楽しいロックだ。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM