スタジオに向けて体調がちょっと不安

  • 2010.10.14 Thursday
  • 21:19
JUGEMテーマ:音楽

今度の土曜は2ヶ月ぶりのスタジオなんだが、ちょっと体調的に不安あり。体調の不安って言っても、体調悪くてスタジオ行けなくなる、ってんじゃなく、スタジオの後にどうしようもなく体調が悪くなりそうだ。もともとスタジオの前後は、風邪っぽくなったり、何故かアトピーが悪くなったり、体調が悪くなることが多いんだけど、今回は最近異常な肩こりと頭痛を体験しているので、4時間ギターを肩から下げて、ってので、また悪くなるんじゃないかと。とりあえず、重いレスポールだけは辞めておこうと思う。

CatScratchFever
Cat Scratch Fever / Ted Nugent
CBS Sony / 1977

日本製のギターをして「Jpaの作ったギターなんかでブルースができるか!」と発言したというレイシストであり、全米ライフル協会の会員で銃規制に反対し、趣味が狩りだという、この野郎の3rdソロアルバム。1曲目のタイトル曲が有名で結構ヒットした。全編理屈なしのハードロック、ロックンロールで、非常に楽しめる。退屈なバラードなんて一切なし。頭を空っぽにして元気になりたい時に最適な音楽だ。ただし、冒頭に書いた人物評が本当なら、こんな奴は大嫌いだ。



炎天下の苦行

  • 2009.05.10 Sunday
  • 21:16
JUGEMテーマ:音楽

連休最終日、上の子の中学の体育祭に行ったが、もう、物凄い天気。めちゃめちゃ晴天の炎天下の中、数時間パイプ椅子に座る、っていう苦行を行ってきた。日に焼けるとアトピーが物凄いことになるので、日焼け止めを塗った上で、頭からバンダナをかぶり、その上に帽子をかぶり、サングラスを掛け、顔や首のほとんどを隠していた。当然長袖Tシャツ。でも、塗り残しの左手首が真っ赤っ赤になってる。・・・だいたいさ、自分の中学時代に親が体育祭に来たって記憶ないぞ。いわんや祖父母も。でも、お陰で昼夜、食事をよばれ大変助かりました。さて、明日から会社だ。

WeekendWorriors
Weekend Warriors / Ted Nugent
Cbs Inc. - 1978

相変わらず、格好いいハードロック、ブギ、ハードブルースだ。結構な早弾きも見せている。ギターリフやディストーションサウンドも分かりやすい。ただ、如何にもアメリカンな大味さだ。あとさ、Wiki調べなんだけど、この人アメリカのライフル協会会員で、銃規制に反対、また結構なレイシストらしく、「Japの作ったギターでブルースができるか!」なんて発言もしていると。これが本当だとすれば、音楽とイデオロギーは関係ないと言っている俺だが、そんな奴の音楽なんてもう聴きたくないね、と思う。


雨で散歩なし

  • 2008.11.16 Sunday
  • 21:20
JUGEMテーマ:音楽

今日は一日ぐずぐずした雨模様だった。嫁さんとセルフのガソリンスタンド行って満タンにして、雨が降ってなきゃ俺だけそこから歩いて帰ろうと思ったけど、雨。それ以外は一日家に篭ってレコードを録り直したり、録り直したCDを聴いたりしていた。2年半前のダイエットを始めた夏は、それこそ土砂降りでも散歩に出かけたんだけどなぁ。情熱と危機感が薄らいでいるね。

TedNugent
Ted Nugent / Ted Nugent
CBS Inc. - 1975

テッド・ニュージェントのデビューアルバム。1曲目がいきなり長尺の曲。結構まじめにハードロックしていて、後のコミカルさはあまり感じられない。Grand Funk Railroadとかもそうだけど、アメリカン・ハード・ロックのミュージッシャンってどうも肉体派!頭脳は不要ってイメージがあるなぁ。この人もそもそもセミアコ(フルアコ?)でハードロックやろうって時点て何も考えてなさそうだよなぁ。


Vista Service Pac1がインストール不能

  • 2008.10.03 Friday
  • 21:22
JUGEMテーマ:音楽

我が家のVistaだが、Service Pac 1が自動更新の準備で案内され、「1時間以上かかるかもよー」というメッセージに覚悟しながら起動したけど、最後の最後に「失敗しました。」となる。Helpでエラーコードを調べても、「Diskの開きが足りなんじゃない?」とか「途中でネットワーク切れたんじゃない?」とか適当な事を言いやがる。そもそも、「原因不明のエラーが発生しました。」とか「内部エラーが発生しました。」とかおかしいじゃねぇか。仕方ないので、SP1の更新ファイルをダウンロードして、手動起動したのだが、それも失敗しやがる。くそったれ。

FreeForAll
Free-For-All / Ted Nugent
CBS Inc. - 1976

70年代に人気のあった、ハードロッカーだ。珍しくセミアコでハードロックだ。俺は「キャット・スクラッチ・フィーヴァー」くらいしか知らなかった。ジャケットがあまりに素敵なので、おもわずこのレコードを回収してしまった。うん、なんとも聴きやすいハードロックだ。ギターの音が良い。アルバム途中からボーカルがミート・ローフそっくりになる。なんでこんなに似ているのだろう、と思いながら、このアルバム輸入版なので解説もない。で、同じに日回収したミート・ローフのLPの解説に、「テッド・ニュージェントのフリー・フォー・オールに参加・・・」と書いてあって驚いた。本人だった。


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM