JUGEMテーマ:音楽

12月の中旬を最後に休肝日なく、年末年始、俺の誕生日まで毎日飲み続けていた。今週、月、火と今年最初の休肝日を実施。ここのところ休肝日を守れないことが非常に多かったが、二日連続休肝日にできたのって、ひょっとして1年以上ぶりか。なんか、ここのところ、常に血液の中にある程度のアルコール濃度があった気がしていて、脳がアルコール漬けになっていた気がする。なので、休肝日というか休脳日として、1回完全にアルコールを抜きたかったんだよね。月曜も夕べも寝汗もかかず、依存症の離脱症状らしきものもなかったので、大丈夫だろう。でも、今日はひるまからやたらと眩暈がするんだよな。

The Dark Side Of The Moon
The Dark Side Of The Moon / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1973

何故か実家に転がっていたLPを正月明けに持って帰って来て、録音した。太くリアルな音がするんだけど、所々歪んだのは、コンプレッサーを掛け過ぎたか。いつかもう1回録ってみて、ダメだったら諦めよう。アルバムは言わずとしてたPink Floydの1番の傑作アルバムだ。


JUGEMテーマ:音楽

昨日は給料日後のお出かけで、嫁さんと二人でまず、新宿へ。新しくできたDisc Unionのロック・レコード館をどんなもんだか見たりしたが、手ごろなものなく、とりあえず、Kirin Cityで昼飲み。その後、渋谷に流れて、結局タワーで、The BandのLP Boxを買ってしまう。その後、何故か嫁さんが子供たちを呼び出して渋谷で飲んで帰ろうと言いだし。Shnは学園祭の終わり時間と合わずパス、家にいたKndが渋谷で合流。今月で閉店してしまうキリン一番搾りガーデンを再度訪れ、そこでピザやスペアリブを肴に、またもビールを飲みまくってしまった。結局昼間から2リッターを超えるビールを飲み、家に帰りつた時にはグロッキー。早くから寝て、今日は6時半に起きてしまった。

Animals
Animals / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1977

ふと聴きたくなり、掛けた。2011年に全部入りBoxを買って聴いてから、あまり聞いていない。勿体ない。そろそろ新しいものを増やすんではなく、持っているものを楽しむ方へ時間を使わないと、人生の残り時間が足りなくなってしまう。ピンク・フロイドももっと聴こう。

JUGEMテーマ:音楽

Shnの部屋にあったTVをKndの部屋に移した。でShnはPCのTVチューナーとモニタでTV鑑賞と録画をすればよいとしたが、32inchがいきなり24inchになるのは可哀想なので、俺の27inchモニタをあげて、俺が24inchで作業すればよいと思ってたが。そうこうするうちにShnのマシンに入れてあったTVカードがまともに動かない事が多く、仕方ないので、俺のTVモジュールをあげた。そうすると、俺はTVが無くなるわ、モニタは小さくなるわで。特にモニタは27inchになれた後に24inchはつらい。見えない。で、今度は自分用に27inch用のモニタとTVモジュールを買おうとしたが、Amazonで見ると、その合計金額くらいでLGの32inch Full HDのSmart TVが買えてしまう。と言うわけで、TVを買い、ShnからモニタとTVモジュールを回収して、そのSmart TVをShnの部屋に設置。こいつが、安いくせに、無線LANまで搭載していて、DLNAのクライアントにはなるわ、Webブラウザ持ってるわ、USB HDを付けるとそこに録画できるわ、で、ちょっと羨ましい。

TheEndlessRiver
The Endless River / Pink Floyd
Columbia Records. - 2014

昨年出たPink Floydの新作。もう、リチャード・ライトも亡くなってるし、ほとんどギルモアのソロではないか、と思う。またほとんどが、インスト。ヴォーカル入りは最後の1曲だけではないかな。激しく、刺激的なところはほとんどなく、落ち着いたロック作品だ。もう、これで最後かもね。



JUGEMテーマ:音楽

最近の音楽パッケージものの売り方が酷い、と当然のように俺も思ってるけど、最近のビートルズはちょっと酷過ぎると思う。BBC LiveのVol1&Vol2をセットにして売るのは全然いいと思うんだけど、これはないんじゃない?
BeatlesUSABox
The U.S. Albums

アメリカで発売されたCapitol仕様の13枚Boxと謳っているが。いや、以前にもUS仕様のCapitol Box Beatles 64とCapitol Box Beatles 65が出たことがあったが、あのときはちゃんと、USAでのMixを1枚にモノとステレオで収めるという納得のいく内容だったけど、今回のこれって、音は9.9.9の英国統一音源で、曲順を並べ替えて、紙ジャケ作ったってだけだぞ。意味があるのは、紙ジャケっていうパッケージだけ。
と思ってたら、今度はこんなのが出るそうだ。
MeetTheBeatles
Meet The Beatles Japan Box

日本でだされた日本仕様の初期5枚を紙ジャケにしたBox。これが¥14,000(税抜)だそうだ。で、音はやはり9.9.9の英国統一音源。こんなのって、誰が買うの?こんなの買うほどの昔からの日本のビートルズファンなら、ぜったお9.1.1.音源持ってるだろうし、そうすると、やっぱ、紙ジャケというパッケージが欲しい人か、オフィシャルでビートルズ関連を出されると、買わずにおけないマニアか。いずれにしても、やっぱ、音楽に敬意を感じられず、売り方が酷い。

TheWallLive
Is There Anybody Out There / Pink Floyd
EMI Records Limited. - 2000

2、3年前に買った「The Wall」のLive。やっと、載せる。スタジオアルバムと同じ曲順で再現される緻密なサウンドのLiveで、当時、客席とステージの間に本当の壁を築くという大掛かりなパフォーマンスをやったという。サウンドの再現も素晴らしく、したがって、スタジオ盤を聴くのとそんなに大きな違いを感じないんだよね。までも、オフィシャルなLiveは持ってたいよな。


JUGEMテーマ:音楽

毎年、同じような時期に同じようなことを言っているが、最近、完全に体重オーバーだ。年末年始休暇での食べ過ぎからもう2週間以上経つのに、先週くらいからむしろ体重が増えてきている。恐らく、胃が広がって、自覚している以上に食っているのだろう。あと、やっぱり日本酒かなぁ。それと、夜のつまみも増えてるんだよな。昨夜、ちょっと許しがたい数値が出て、今日800g減らしたが、まだ本来の体重から1kgくらいオーバーだと思う。さて、明日1日であとどれくらい減らせるかな。

Pulse
Pulse / Pink Floyd
Sony Music Entertainment Inc. - 1995

これも去年の前半に買ったCD。やっと載せる。これは、ロジャー・ウォルターズが脱退後のギルモア・フロイドのLiveだ。Disc1は色んな時期の曲をやってるが、1stの「Astronomy Domine」をやってるのが嬉しいね。あとはやっぱ、ギルモア期の2枚からが若干多いか。そしてDisc2は「狂気」の全曲再現。なんかこうやって聴くと、ロジャー・ウォルターズ要らねぇじゃんと思ってしまう。さて、残るは「The Wall」の再現をしたアールズ・コートのLiveか。って、それを今日買ったんだけどね。また聴きこんでから載せよう



JUGEMテーマ:音楽

明日からKndは修学旅行だそうで。もう、高校の修学旅行だよ。ついこの間、高校生になれたばっかりと思ったのに。行き先は長崎で、原爆資料館も行くそうな。俺も大学の卒業旅行で行ったけど、滅茶苦茶陰鬱な気分になるので覚悟するように。って、奴は中学の時、広島も行ってるからな。お土産は、ロックグラスをお願いしている。Shnはビードロ、嫁さんもなんらかのガラス細工。明日の朝は5時前に起きなきゃいけないということで、もうベッドに入っている。さぁ、気をつけて楽しんでおいで。

TheDivisionBell
The Division Bell / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1987

やっと、全部入りBox「Discovery」を紹介し切る。これがラスト・アルバム。ギルモア・フロイドの2枚目。「Discovery」を買ったのが、去年の10月8日。全部を聴きこんでここに載せるのに1年掛かってしまった。それでも「Final Cut」以降の3枚は聴きこみが不足している感があるが。さて、「The Division Bell」。これ以降ピンク・フロイド名義のスタジオ作品は発表されていない。透明感や落ち着きた雰囲気、ピンク・フロイドらしさはもちろんあるんだけど、ベルリンの壁崩壊があった時代背景も影響しているのか、どこか明るさや希望を感じさせる音楽だ。それは、常に絶望感が漂っていたウォルターとは明らかに異なる部分だと感じるね。さ、また1枚目に戻って、もっと聴こう。


JUGEMテーマ:音楽

今日で嫁さん、術後1ヶ月。あの時医者からは、完治には1ヶ月かかると言われたので、もうほとんど良いはず。なので、予てからの予定通り、今日は嫁さんとリハビルを兼ね二人で遠出してみた。今日の所はまだバカ歩きは避け、ちゃんとバスと電車に乗り横浜まで。横浜でちょろちょろと歩きまわったが、それほどダメージは無さそう。うちに帰りちゃんと夕飯も作れた。しかし、1ヶ月間、それほど出歩いて無かったので、疲れたかもね。

AMomentaryLapseOfReasom
A Momentary Lapse Of Reason / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1987

そして、ロジャー・ウォーターズはバンド活動の限界を感じ、脱退。自分がメインのライターでシンガーでリーダーなので、自分が抜ければバンドは解散と勝手に思い込んだ。しかし、デヴィッド・ギルモアは「奴が勝手に抜けただけで、なんで自分達までバンドを止めなきゃならん」と、ピンク・フロイドを継続。そのギルモア・フロイドの1枚目。後に裁判とかで揉めるが、このアルバムちゃんとピンク・フロイドになってる。若干、それまではなかった楽曲の明るさが感じられるが、逆に良い。「the final cut」の閉塞感は聴いててしんどいもんな。


JUGEMテーマ:音楽

まぁ、休肝日意外は相変わらず家で飲んでいるのだが。ここのところ、後半の記憶が翌日になかったりする。飲んでいる最中はそれ程泥酔している自覚もないし、翌日どうしようもない二日酔いになることもない。定期通院検査による肝機能数値も正常。それよりは血糖値が気になるお年頃。まぁ、それでも発泡酒500mlの後にウィスキーロック2杯というのは毎日飲むには過量なんだろうな。と言って控えるわけでもないが。

TheFinalCut
the final cut / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1983

ロジャー・ウォルターズが、第二次世界大戦で戦士した(?)自分の父親に捧げたアルバムだ。テーマはずばり「戦争」。なので、陰鬱な曲が延々と続く。でもまぁ、最後には希望が歌われるかと期待しながら歌詞カードを見ながら曲を聞いていくと、最後「two suns in the street」は、なんと、原爆で焼かれる歌だ。救いがない。サウンド面では「The Wall」の延長線上にあるといっても良いが、キーボードのリチャード・ライトは解雇されるし、ここでバンドとしては一旦分裂だ。



JUGEMテーマ:音楽

今日はKndの高校の吹奏楽部、定期演奏会だった。H2レコーダーを持って、鑑賞に行きました。うちの子の高校の吹奏楽部はクラシック系ではなく、スィング・ジャズをやっているので、こんな俺でもそこそこ楽しめる。2部構成になっていて、1部は30分少々で終了。曲数も6曲くらいかな。パンフによると2部もそんな感じなので、結構早く終わるかと思ったけど、今日の主役は3年生たちだった。今日で名目上引退ということで、後半は先生からの3年生の部員一人一人の紹介、思い出話。それが終わると、今度は3年生たち一人ひとりが先生に挨拶というかスピーチ。3年生は6人。その後は1、2年生から記念品贈呈や花束贈呈や。演奏自体よりもそれのほうが長かった。家に帰って、H2レコーダーから涙の挨拶を含め完全収録したCD2枚組を作成。後でKndに渡そう。後2年したら、今日みたいな日が来るのかもね。

TheWall
The Wall / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1979

2日続けてのピンク・フロイド。人生や人間関係に存在する「壁」をテーマにした2枚組の大作。殆どロジャー・ウォーターズの創り上げたミュージカル作品と思って良い。夕べは歌詞カードを見ながら真剣に没頭して聴いてたんだけど、本当にミュージカル作品を聴いているようだった。第二次世界大戦に影響される幼少期、学校の先生、成長した後の女性との関係、「壁」の存在によって全てに失敗していく男の人生は、ロジャー・ウォーターズの自伝だと言われているが、さて。このアルバムも大ヒットし、「狂気」に並ぶ名作、代表作とされている。


JUGEMテーマ:音楽

晴れると思ったが、朝はまだ雨が残っていた。11時くらいに止んだのでそれから散歩。ちょっと体重がヤバかったので今日は多めに歩くことにした。そしたら、途中でまた雨が降ってきて、しばらく濡れて歩いたんだけど、我慢できずにビニ傘購入。嫁さんと2本。結局9Km歩いて、でも体重は800gしか落ちなかった。夕方晴れて日が差してきたので、車を水洗いする事にした。結構雨に濡れては乾き、花粉がついて、と言う状態で、一度、早く汚れを落としたかったんだよな。新車、初洗車。まぁ、今日は水洗いだけなので、俺一人で30分くらいで終わった。しかし、なかなか乗れない。

Relics
Relics / Pink Floyd
EMI Records Ltd. - 1995

プレゼントNo.6。ピンクフロイドのベスト盤だ。このタイミングだと、普通は最新リマスターの邦題「百花繚乱」と言うのを買うんだろうけど、俺は敢えてこれをネットで探し購入。何故かというと、これには初期のアルバム未収録曲、デビューシングルの「Arnold Layne」や、スタジオ録音盤の「Careful With That Axe,Eugene」とかが入ってるからだ。なので、どちらかというと、初期偏重でシド・バレットの色が濃い。プログレというよりサイケ。これがいいんだよな。中期、後期はオリジナルアルバムで堪能できるからね。




PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM