自分の曲のコピー

  • 2012.08.18 Saturday
  • 21:10
JUGEMテーマ:音楽

さて、そろそろ次のボカロ曲の制作を開始しようと、曲のストックからどれを演るか決めた。俺は、曲を作っていた時期として、実家に居た学生時代と、結婚してから宅録を開始しBandをやり始める前の数年間、という2つの時代があって、前者は、キャンパスノートに歌詞とギターコードを書き込んでいるが、後者は頭の中のものを構築してそのままMTRで録音していたので、音しか残っていない。今度の曲は後者から選んだので、まず、自分の曲のコピーからやり始める必要がある。自分の曲なのにコードとか全然覚えてないんだよな。

PicturesAtEleven
Pictures At Eleven / Robert Plant
Swan Song Inc. - 1982

レコード処分の為の録り直し。昨日、昼間、通勤途中や会社でWalkmanでZeppelinの「How The West Was Won」を聞いて、その夜、これを聴いた。やっぱ、悲しいくらい良くない。楽曲が全然いいと思えないんだよな。もし、ボーナムの死がなく、Zepが82年に「In Through The Out Door」の次のアルバムを発表していたら、実は、こんな風に、つまらない作品になっていたんじゃないか、と、ふと思うのは、俺だけじゃないはず。「In Through The Out Door」の音楽性に80年台を生き残れないんじゃないかという兆候があるんだよね。



今週の目処

  • 2011.01.24 Monday
  • 21:45
JUGEMテーマ:音楽

全然休んだ気がしない土日が終了し、今週が始まった。今週は公私共に色々あって、まず、26日に仕事で大きなマイルストーンがあるが、その同じ日に、上の子の公立高校の前期試験。前期試験は内申と面接だけだが、全くのボーダーライン上らしい。で、ペーパー試験の成績は相変わらず最悪なので、これで駄目だと、後期は受験校のランクを落とすしか無い。という大事な日。そして、土曜日は俺の誕生日で、色々注文しているCDも、最後の一荷がまだ届かない。それどころか、この仕事の状況から言うと、おちおち休んで自分の誕生日を楽しんでいられるのか非常に疑わしい。で、2月の頭になると入試結果出て、その週末は下の子の誕生日だ。あー忙し。

PicturesAtEleven
Pictures At Eleven / Robert Plant
Swan Song Inc. - 1982

ロバート・プラントの1stソロアルバム。Zeppelin解散から2年が経っている。アルバムの解説を読むと「Zeppelinまんま」とか書いてあるけど、どこが?たしかに、Zeppelinのボーカリストの声は聞こえるし、所々、Zeppelinっぽいアレンジも見られるが、圧倒的にサウンドプロダクションと、楽曲自身の魅力が桁違いに少ない。フィル・コリンズやコージー・パウェルがドラムを叩いているので、ある程度のリズムのキレはあるんだけど、ギターが圧倒的に弱い。なんでクリーンサウンドでコーラスとコンプだけ掛けたような音なんだか。もうちょっとディストーションで押して欲しかった。この後に、久しぶりにジミーの「Outrider」を聴いたが、やっぱり、そっちの方がZepっぽかったなぁ。・・・Zeppelinと比べることに、意味は無いんだけどね。



超暴食

  • 2009.04.26 Sunday
  • 21:36
JUGEMテーマ:音楽

昨日から娘二人は祖父母の所へ泊まりに行き、今日は、コナンの映画に連れて行ってもらい、そして夕飯は、俺らも一緒に食べようと言うことで、夕方から嫁さんと二人、横浜まで出かけていった。子供達は夕べ天ぷら、今日の昼は寿司をよばれ、夜は蕎麦がいいと言うので、蕎麦屋へ。そこで、俺は、・・・いや嫁さんもか、・・・兎に角、めちゃくちゃ食べ過ぎた。まず、合鴨のローストをつまみにビールを1杯のみ、メインに海老天重っていう天重とミニ蕎麦のセット。その上に、下の子が残したざる蕎麦を食って、蕎麦湯も少し飲んだ。・・・どうやら、ここのところの緊縮財政から、心も飢餓状態で、ロハで食えるなら、食えるだけ食え、って体が暴走したようだ。うへぇ。

RaisingSand
Raising Sand / Robert Plant Alison Krauss
Rounder Records Corp. - 2007

やっと、グラミー受賞のこのCDを聴いた。まぁ、想像はしていたけど、予想通り、落ち着いた内容の作品だ。カントリー6割、フォーク2割、ワールド系1割、ロック1割というところか。ロバートのシャウトは一切ない。落ち着いた気分の夜にはいいけど、ちょっと最後までって、飽きる。刺激が少なすぎる。しかし、確かにいかにもグラミーを取りそうな保守的な音楽だ。


異常気象

  • 2009.02.14 Saturday
  • 21:30
JUGEMテーマ:音楽

暑い。2月に夏日。これがどれほど異常のことか。TVでは「驚きましたねぇ」くらいの軽いコメントをかましてはいるが。本来、雪が降る季節だぞ。やっぱり、冗談ではなく、温暖化だね。馬鹿共がクリスマスシーズンに電飾ぶら下げて、でかい国が未だにCO2削減に駄々をこねている。この分だと、今年の夏はばたばた人が死んでいくんだろうねぇ。

MightyRearranger
Mighty Rearranger / Robert Plant And The Strange Sensation
Trolcham Limited - 2005

これが唯一、初聴で「いいじゃん」と思ったロバート・プラントのCDだ。サウンドがエスニックっぽいところも含め、Page & Plantっぽい。Walking Into Clarksdaleを偏愛している俺には、まさに、その路線の続編といった趣で大変気に入った。ボーカルの枯れ具合も非常に良い。・・・と思ってたら、最新作ではグラミー受賞だって?知らん女性とのコラボ作品で、全然聴く気無かったんだけど、俄然聴いてみたくなったぞ。ロバート・プラントはここに来てまたボーカリストとして何度目かの頂点を迎えているようだ。


9歳、誕生日おめでとう。

  • 2009.02.05 Thursday
  • 21:18
JUGEMテーマ:音楽


今日は下の子の誕生日。生憎のど平日だ。昼間、3つある誕生日プレゼントのうちのひとつを開け遊んだらしい。夜は本人のリクエストでピザ。俺も定時あがりで一緒に食べた。この子が生まれて丸9年。今のところお調子ノリが玉に瑕だが、健康で素直に育ってくれている。ありがたいこった。

ShakennStirred
Shaken'n' Stirred / Robert Plant
Atlantic Recording Corporation - 1985

ソロ4作目。かなりサウンドはNew Waveの影響下にある。楽曲自体はそんなに悪くもないのだが、音処理のせいで時代を感じさせる。80年代の音って、下手すると60年代のロックより古臭く聞こえるのは俺だけか?このアルバム発表の少し前に、Live AidのステージでZeppelinを再結成させたものだから、ファンは、物凄くZeppelinっぽいものを期待していたそうだ。そこに、New Wave。人々はがっかり。そしてセールスも振るうわけが無い。


社食のキーマカレー

  • 2009.01.27 Tuesday
  • 21:22
JUGEMテーマ:音楽

社食のカレーは、レギュラーともうひとつ、「ちょっと高いカレー」がある。この「ちょっと高いカレー」は、週替わりで、「ハイ・グレード・カレー」になったり、「チキン・カレー」になったりするのだが、「キーマ・カレー」は絶品だ。社食のくせに。「キーマ・カレー」に生卵を落とし、辛いOilをお好みで入れ、福神漬けとらっきょうを適量取り、食う。いやぁ、美味い。社食のくせに。

ThePrincipleOfMoments
The Principle Of Moments / Robert Plant
A Warner Communication Company - 1983

全く。ロバート・プラントのソロは、聴いてみて「良かったー」と思ったことがない。ある1作を除いて。それについては後日取り上げるつもりだが、こいつは残念ながら、良いと思ったことが無い集合に含まれる。なんだろうね。いまさらZepを期待して聞いているわけではないのだが、単純に、楽曲、サウンドが良いと思えない。ロバ君のボーカルもなんだが、ちょっと遠い感じを受けるし。なんだけれども、俺はロバート・プラントの持っていないソロ・レコードが安く売られていたら、回収することに決めている。だって、可哀想じゃん。


帰還

  • 2008.06.22 Sunday
  • 20:51
JUGEMテーマ:音楽

今日夕方大阪から帰ってきた。あー、疲れた。かなり疲れた。
親父とは、コミュニケーションを取ることができなかった。もう、言語中枢がやられているので、喋ることができないし、こちらの言っていることも理解できていないのだろう。誰が来ても無反応だ。寝たきりで、栄養は点滴のみ。話しかけると目を開けてこちらを見るが、やはり無反応だ。後数日なのか、数ヶ月なのか、誰にも分からないが、俺はもう覚悟している。どちらかと言うと母親のほうが心配だ。

NowAndZen
Now And Zen / Robert Plant
Atlantic Recording Corporation - 1988

Zeppelinが好きな人って、Zeppelinのどこが好きなんだろう、と考えるに、あの強烈なリズム、Jimmy Pageのギター、全てを含んだあのBANDサウンドがまず、ありき、なんだと思う。その上で、ロバートプラントの「声」なんじゃないかと。メロディラインを重視した、「歌」としてZeppelinを聞く人って、あんまり居ないだろうな。一方、Zeppelinのファンでなく、ロバート・プラントのソロを聞く人ってのも、これまたあんまり居なさそうだ。つまり、こういうソロは、聞いて、がっかりする。それが結論。



PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM