JUGEMテーマ:音楽

連続深夜残業記録更新中。しかも日曜日。ついに7日間深夜まで働き続け、明日からは月曜で、翌週に突入。なんか、感覚がおかしくなるな。土日の勤務は外からの雑音がなくていいや、とか思ってしまう。
今日は、遅い朝は気温が高く、そして帰る頃はめちゃくちゃ寒くて風が強かった。冬の夜道を、音の良いWalkmanで、Cold Playを聴きながら歩くのは、とても気分がマッチした。Cold Playの音楽ってなんか、冬だよな。

今日でリンク張るのは最後、新曲「Think 'bout」

ニコ動 : http://www.nicovideo.jp/watch/sm22694681
Youtube : http://youtu.be/hmtABiMGrCE

Speak & Spell
Speak & Spell / Depeche Mode
Mute Records Limited. - 1981

輸入盤のDeluxe Editionが安かったので、このDepeche Modeの1stアルバムをCDで買った。ここではヴィンス・クラークの独壇場。初期のシンセサウンドが非常にカッコいいし、シンセだけでロックできるってのを証明してる。が、Disc2のDVDが酷い。Palだ。日本じゃ掛けられない。こんなもの売るなよ。








JUGEMテーマ:音楽

PJのトラブルは日に日に最悪な状況に進んでいて、そんな中、俺は今日、3回目の歯医者で定時退社。あとよろしく〜ってな感じで会社を抜け出し、歯医者へ。ま、俺が居なきゃ進まない状況なら医者の方をずらすが、居なくても何とかなるので、後は優秀な人たちへ任せた。で、今日は仮詰めを剥がし、型を取って作成された金属の詰め物2本分を装着。これでやっと明日からガムが噛める。そう、仮詰めの間、ガムを噛むなと言われていて、結構しんどかったんだよね。意外にガム中毒だ。

ABrokenFrame
A Broken Frame / Depeche Mode
Sire Records Company. - 1982

ディペッシュモードの2枚目。レコードで回収したんだけど、音は良く録音できた。途中でヴィンス・クラークが脱退して、ソングライターはマーティン・ゴアへ移行。作風はよりヨーロッパ的憂いを帯びるようになった。かっちょ良い。「See You」は本当にカッコよい曲だなぁ。



JUGEMテーマ:音楽

今日は、メインが皮膚科通院の休暇。嫁さんが診察券を出してきてくれるので、俺は朝食にパンを食べ、場合によってはものすごく待つので、レコードの1枚くらい回そうかとPCを立ち上げるも、モニタに何も表示されない。いきなりPCが壊れた。HDDのアクセスランプとか見ると本体は立ち上がってるようなので、モニタかグラフィックカードが行ったようだ。そうこうするうちに嫁さんから電話あり。皮膚科、今週いっぱい、お休みとのこと。もう、朝から想定外の出来事2連発。とりあえずPCはマザーオンボードのHDMIコネクタに接続させたら写ったので、やっぱ、グラフィックカードが壊れたようだ。仕方なく、2個目の予定であった、嫁さんの免許更新に付き合う、って用事で、久しぶりに車で川崎へ。警察行って、免許更新させて、昼食にインドカレーを食って食い過ぎる。ヨドバシでグラフィックカード買って、帰宅。PCのセットアップ。無事画面がきれいに映るようになった。晩飯は、嫁さんと我慢できず寿司の出前を取る。随分金を使った嫁さん誕生日週末、色々想定外。

DeltaMachine
Delta Machine / Depeche Mode
Venusnote Ltd. - 2013

今年出たディペッシュ・モードの新譜。なんだか、今回のアルバムはアナログシンセに回帰しているそうだ。ずいぶん長い間、結構好きで聞いているのに、そのバンドの事をほとんど知らない、ってグループがあるが、ディペッシュ・モードもそうだ。今は3人組。そもそものメイン・メンバーは初期の頃に脱退し、Yazooを結成した、とか、Wiki見れば歴史は分かるんだけどね。80年代のニュー・ウェーヴの流れで出てきたバンドなので、もう、ずいぶん活動期間は長い。今も、ストイックに聞こえるシンセロックを聴かせてくれるので、好きだな。



JUGEMテーマ:音楽

先日、邦盤で買ったPink FloydのBoxセット「Discovery」だが、HMVでは輸入盤は「入荷困難」で発売中止となったが、Amazonでは受け付けているのが、どうしたことだと思っていたら、ネットで他人のBlogとかちょっと見てみると、やっぱ、輸入盤はとっくの昔に発売が開始され、9月中に輸入盤を入手している人がたくさん居る。今、一時的に売り切れていても、Amazonでは15日くらいに日本に入荷する目処があるってことだ。そうでなくてもマーケットプレイスとかなら、海外から独自ルートで輸入するショップのあるので、いくらでも手に入るだろう。実際、マイルスの70枚組Boxは、そうしたショップから、世間ではとっくに売り切れた後、スペイン盤か何かを、俺は入手することができた。んー、輸入盤だと、¥15,000は安く入手できたんだよな。

SomeGreatReward
Some Great Reward / Depeche Mode
Mute Records. - 1984

レコードを焼き直しした。一般的にテクノサウンドと認知されているバンドだが、結局、歌のメロディが良くて、ビートのノリが良いと、十分、良質なロックとして聴けるわけで。この頃のデペッシュモードは本当に良い。「People Are People」とか「Master And Servant」なんて、物凄くキャッチーだ。ただ、やはり残念なのは、レコードを録音したがゆえの「プチ」ってノイズ。これがなければ言うこと無いんだけど。いつかCDで買い直すかな。



JUGEMテーマ:音楽

本当だったら今日はレコードのストックが無くなりつつあるので、渋谷までレコード仕入れに行きたかったが、朝から台風の影響で土砂降り。レコード仕入れは諦め、車でPCデポへ。プリンタを買い換えることにした。大体あたりはつけえてあって、CANONだとMG6130、EPSONだとカラリオのEP-803A。今まで使っていたのがCANONなので、今度はEPSONにしようかと思いつつ、値段を見るとカラリオの方が¥2,000程安い。が、スキャナ部分を見て、エプソンはスキャナ面が周りの縁より少し沈んだ構造に成っているのでやめた。スキャナ面より大きなLPジャケットのスキャンがうまく出来ないと判断した。結局、付属ソフトも今までも物がバージョンアップ版で使用できるので、CANONで良かったと思う。それにしても、3年でぶっ壊れるのか。まぁ、俺の使い様はジャケットスキャンやジャケット印刷で激しいからな。

SomeGreatReward
Some Great Reward / Depeche Mode
Mute Records. - 1984

ディペッシュ・モード、84年のアルバム。非常に楽曲に優れた作品だ。サウンドも完全に個性を獲得している。Netの評を見ると歌詞も社会風刺的なものが多く、そこが優れているという評と、若く青い、という評に分かれる。やっぱり俺的には、以前からSingel Collectionで聴いていた「People Are People」と「Master And Servant」がベスト・トラック。



JUGEMテーマ:音楽

Walkmanの音にはほぼ満足していて、後はイヤフォンでどれだけ音質向上できるかな、と思っているくらいなんだが、やはり、32Gbytesの容量は圧倒的に少ない。自分のCDの何割かしか持ち歩けないと言うことは、中に入れるアルバムを入れ替えながら使うしかない。が、外出中に何を聴きたくなるか分からないじゃないか。なので、iPod Classicの方は、一応120Gbytesの容量があるので、入れておきたいものは大体入る。が、音が悪い。Walkmanを聴きなれると、音質的に戻れない。と言うわけで、こんなものを買ってみた。
At-pha30i
AT-PHA30i / audio-technica

ただのリモコンではない。iPodのドックから音声を抜き出し増幅する、ヘッドフォン・アンプだ。商品レビューを読むと、相当音質がアップするような事が書かれていたので、試してみたくなった。これで、Walkmanと同等の音質をiPodで達成できれば、俺の悩みはほぼ解決する。が、結果は、NG。確かに普通のイヤフォンジャックから聞くよりも音質アップしたような気がするが、Walkmanの品位に達していない。所詮、こいつはアナログアンプで、DACはiPod本体のものを使っている限り、音的にWalkmanには勝てないのだろう。あーあ。

TheSingles81to85
The Singles 81>85 / Depeche Mode
Mute Records Ltd. - 1998

ディペッシュ・モードの初期ベスト版、シングル集だ。初期のモノシンセの音がいいね。後にYazooに行ってしまうヴィンス・クラークの音が結構好きだ。って、そんなの最初期だけだけどね。そういえば、数年前、GapのCMに「Just Can't Get Enough」を使っていたなぁ。CMのプロディーサーが好きだったのだろうか。このバンドは欧米では物凄いビック・ネームだが、日本ではそれほどでもないよな。が、80年代のエレクトロ・ロックの先駆けであることは間違いない。


JUGEMテーマ:音楽

今日は病院の後、市政記念日で小学校がお休みの下の子と、嫁さんと待ち合わせ、渋谷に行ってしまった。結果から言おう、買ってしまいました。テレキャスター。

Fender52Tele
恐らく、以下のSpec。

-Fender '52 Tele Tl Nat-
●Body/Finish:Ash , Thin Lacquer Finish
●Neck/Finish:Maple , U-Shape/Nitrocellulose Lacquer
●Fingerboard:Maple
●Frets:21 , Vintage
●Tuners:Vintage
●Bridge:American Vintage w/3 Brass Saddles
●Pickguard:1-Ply Black
●Pickups:2 American Vintage Tele SC
●Switching:3-Way
●Controls:Master Volume , Master Tone
●Strings:250R
●Case:Tweed Hard Case

税込み定価26万を超える代物で結構安く売ってた奴をさらに千円ちょっと値切って買った。ご覧の通りバタースコッチ・ブロンドではなく、ナチュラルだ。木目が嬉しい。音は、もう、本当にテレキャスターの音で、嬉しくなる。が、フロントの音は物凄くこもっていて、モコモコの音だ。何でも'52年当時のスペックではフロントは完全にトーンを絞った音が仕様らしい。このギターは'52年ヴィンテージの完全リ・イシューモデルで、そのようになっているが、それを現代的な仕様に改造するための図面と、コンデンサーが付属品として付いている。後6点ブリッジと、ブリッジカバーもお好みで付け替えるようにと、これも付属。後、シールドとストラップも付いていた。うーん、面白い。
とにかく、ここ数ヶ月、「無駄使い禁止」として物凄く節制した生活を頑張っていたのだが、Fujigen NC購入から1年を経ずしてのテレキャスター購入。あまりの駄目っぷりが気恥ずかしいので、当分、買ったことを誰にも言わず、内緒にしとこう。(でも、内心はうきうきだぞ)

SoundsOfTheUniverse
Sounds Of The Universe / Depeche Mode
Venusnote Ltd. - 2009

発売から数ヶ月経ってやっと買えた。ディペッシュ・モードの新作。2、3回聴いたけど、どうにも途中から聞き流してしまう。相変わらずのサウンドと、暗めの楽曲にNew Albumにも関わらず、初めて聴いた気がしない。全体的に悪くないんだけど、「これ!」っていうキラーチューンもないんだよな。聞き込めば良くなると思うんだけど、果たして良くなるほど聴き込めるのか、てのはちょいと疑問だ。


JUGEMテーマ:音楽

晩御飯がカレーライスだった次の日って、カレーが相当残ってて、食べていい気分だったら連続でカレーライスを食うこともある。気分じゃなければ、カツカレーにグレードアップすることもある。が、カレーうどんとして処理されることも多い。今夜がそうだった。そして、カレーうどんだけでは寂しいので、巻き寿司を作ってもらった。カレーうどんと巻き寿司。だめだ。必殺だ。どうしたって食いすぎる。折角昨日もどした体重が増え気味だ。

BlackCelebration
Black Celebration / Depeche Mode
Mute Records. - 1986

初めてディペッシュ・モードをレコードで買った。この手のサウンドはレコードの音質が悪ければつらいかと思ったが、十分良い音だった。アルバムは中期の名作だそうで、大変心地よい。落ち着いた気分で高揚感が味わえる。しかし、基本ギターロック好きな俺だが、ギターの一切入っていないゴシック・テクノを良い、と思えると言う事は、やはり、ディペッシュ・モードの音楽が十分ロックだということだろう。


JUGEMテーマ:音楽

思考力低下。
今日は脈絡なく思いついてることを書く。
久しぶりにWebPageeの方を更新した。Fujigenギターを載せるためだ。本当はこのギターをもっと詳しく別ページで書きたいのだが。
iPodのメンテナンスをもっとやりたい。なんせ、今までHDの容量に制限があったので、入れるCDも選択した上で入れていたのだが、まぁ、無節操に入れても当分大丈夫な容量になったので、ジャケ写入りでもっと入れたいのだが、リッピングだけでも時間が掛かる。
やっとレコードのCD化が終わった。
13ゲームを守れなかった阪神とか言うチームの監督は辞めるそうだ。本当に腹が立つ。ハラタツノリなんちゃって。
ロス疑惑って、結局、一体なんだったんだ?

PlayingTheAngel
Playing The Angel / Depeche Mode
Venusnote Ltd. - 2005

メタルとか、ギターロックばかりを聴いていると、たまに、エレクトロニックな音楽が聴きたくなることがある。そんなとき、ディペッシュ・モードはどんぴしゃなんだよな。あんまり熱心なファンじゃないので、詳しくはないが、このアルバムは今現在のところ最新のものらしい。いつ買ったのか記憶もあまりないが、よく見るとCCCDだった。もう絶対CCCDは買わない。


JUGEMテーマ:音楽

「Live Date II」本日無事到着。とりあえず今CD-Rに焼いている。これから聴くつもりだ。出品者の方は、対応が丁寧だし、おれが2枚組みと思い込んで落札したら1枚組みだったので、あちらから「キャンセルを受け付けます。」と言ってくれたし、入金確認から発送まで早かったし、梱包も丁寧だったし、とても良かった。でも、落札価格¥510ぽっちで、落札者(俺)とやりとりしなきゃいけないし、発送も手間が掛かるだろうから、出品者って結構大変だ。
ギターの見積もりはまだ来ない。

SongsOfFaithAndDevotion
Songs Of Faith And Devotion / Depeche Mode
Sire Records Company - 1993

これディペッシュ・モードにしては珍しく(?)、結構ギターが鳴っている。なので、俺のこのバンドへの入り口としては正解だった。その後、初期のエレポップも違和感なく聴くことができた。ボーカル、サウンド含め、当時非常に気に入ったんだな。ゆうべ、本当に久しぶりに聴いた。こいつがもう15年も前の作品になるのか。



1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM