JUGEMテーマ:音楽

Kissの「Alive II」を中古レコードで買ったけど、音の歪みが激しく、ここは新品レコードで買い直すしかないと思っていた。しかし、現在Amazonで見ても売り切れ中で入荷未定、価格は¥3,500程。なんとはなしにmoraを覘いたところ、ハイレゾ音源が¥3,200で売っているではないか。また、The CarsのエレクトラBoxが¥7,611で売っている。これも新品のアナログBoxを買うと¥16,000以上する。ここは、ここの所の憂さ晴らしも込め、買っちゃえ、と嫁さんが行ってくれて、ポチッとな。ハイレゾ音源はダウンロードに時間が掛かるが、一気に2セット買っちまった。

BrainSaladSurgery
Brain Dalad Surgery / E.L.P.
Victor Entertainment Inc. - 1973

ほんの2、3日前にジョージ・マーティンの訃報があったばかりだが、今度は、キース・エマーソンの訃報だ。ネットのニュースなんかで見ると、拳銃自殺らしいとのこと、細かな原因等は不明だ。なんだか、70年代のミュージッシャンがどんどん亡くなっていく。時間の経過とともに、それは当たり前の事なんだけど、なんか、寂しい気分になるな。思わず、このアルバムを聴いたよ。



JUGEMテーマ:音楽

ホントは家で色々やりたい気も有ったけど、給料日後の休日。レニーの新譜もジョージのリマスター盤も出ているので、渋谷へ。Zeppelinのレコード収集も少しずつ、継続中。あと、Wishbone Ashの音の悪いCDもレコード回収したいよな。と、相変わらず、欲しいもん一杯だが。とりあえずレコファンで買い物した後、嫁さんとKirin Cityへ。ランチのチキンカレーを1つと、シティポテトを頼んで、嫁さんランチビール1杯、俺、普通のビール3杯。あぁ、昼飲みは幸せだねぇ。

まだもう少し。新曲「Second Impact」
ニコ動 : http://www.nicovideo.jp/watch/sm24532452
Youtube : http://youtu.be/dCQucPXU6fA

LaiesAndGentleman
Welcome Back My Friends to the Show That Never Ends ~ Ladies And Gentlemen / Emerson Lake And PalmerManticore Records Limited. - 1974

誕生日プレゼントNo.・・・?もう分からない。時間が経ち過ぎだ。やっと、1月に自分の誕生日プレゼントとして買ったこれを載せる。以前にレコードで回収したけど、品質が悪かったので、CDで買ってみた。しかしCDも対して音は良くなかったな。LP3枚組なので、CD2枚で聞きとおすには結構な時間が掛かる。演奏はハイテンションで良いんだけどね。


JUGEMテーマ:音楽

夏期休暇以降、体重多め。まぁ、休日の昼食を以前に比べると食べ過ぎている感はあるんだけど、それ以外にも、どうも、腹回りが柔らかくなった気がしていた。ダイエットで一時期、気合の入っていたときはもうちょっと筋肉質だったような気がする。で、俺は毎日、腕立て、腹筋、背筋を30回ずつを3セット、つまり90回ずつ行なっているんだけど、最近、腹筋とか楽にこなしていて。それは筋力がついて楽になったってのもあるんだろうけど、楽にしかやってないってことで、もうちょっと初期にやってたような、ゆっくり臍を覗きこむような腹筋方法に変えて見たら、昨日、今日、腹筋すげぇ、しんどかった。ちょっと、やり方を見なおそう。

LadiesAndGentleman
Welcome Back My Friends to the Show That Never Ends ~ Ladies And Gentlemen / Emerson Lake And PalmerManticore Records Limited. - 1974

レコード処分のための録り直し。LP3枚組の大作Liveだ。非常にテンションの高い演奏。しかしながらレコードの品質が今一。プチノイズが多いので、どうも、大切に聴き込もうと言う気がしない。また、あまりにも長いインスト演奏は、曲の全体像が頭に入らない。これ、クラシックと一緒だ。覚えるまで相当時間が掛かる。Yesの全盛期の曲もその傾向あり。そして、やっぱ、ギターの音のないロックは、いいなと思いながらもどっかで物足りなさを感じてしまう。

JUGEMテーマ:音楽

実家にあげるデジタル・フォト・スタンドに入れる為の写真の整理が思った以上に、とてつもなく大変だった。ファイル名順にソートできる機能を持っているので、何百、何千という写真データのファイル名を年代順に付け直していた。そうしないと、実際に撮った年月と、PCにスキャンしたアナログフィルムとが滅茶苦茶な順で再生されてしまうからだ。ついでにネガスキャンした写真の退色を補正し、横向きのデータを縦に直し、あげる写真を選び、フォトスタンドに転送し・・・という作業を行い、さらに、休みの間に録音した、もしくは増えたCD26枚分をmp3にしながら、mp3タグを付け、ジャケットスキャンし、iPodにぶち込むという作業と並行で行っていた。今日は、散歩の終わった午後2時過ぎから8時くらいまで、途中晩飯にスパゲッティを作ったりしながら働いていた。明日で、1回目の夏期休暇が終わる。

Tarkus
Tarkus / Emerson Lake & Palmer
Sony Music Entertainment - 1971

ELPの2ndであるこの「タルカス」。名盤と評判なのでいつか聴こうと思っていて、最近やっと入手した。輸入盤なので、歌詞カードなし。機械獣カルタスと獣神マンティコアの戦いを描いたコンセプトアルバムだ、と言われたところで、歌の意味は一切わからず。あるのは音のみ。アルバム出だしの非常にリズミックなパートは10/8拍子だそうで、「おぉいいぞ」と引き込まれる。1曲目の表題曲が20数分で、アナログ時代はA面全部を占めていた。確かに、いきなりハイライトで、その後の印象は薄いか。気がつくと「Are You Ready Eddy?」の軽快なロックでアルバムは終わっていた。



JUGEMテーマ:音楽

一昨日、俺の担当PJでトラブル発生。まぁ、今週中に原因だけでも判明させなければと思っていた。でも、できれば今日は定時で帰りたくて、そして明日も休出なんてしたくなくて。今朝時点でまだ原因不明。が、午後になって急転。回避方法が分かり、解決。実は本当に本当の原因判明に至ってないと思ってるのでどこか釈然としていないのだが、PJ的には大丈夫な状態となった。ってわけで、今日は定時で帰って家で晩飯食べれた。明日はお休みだ。ラッキー。


PicturesAtAnExhibition
Pictures At An Exhibition / Emerson Lake And Palmer
Leadclass Ltd. - 1971

「展覧会の絵」という作品だ。ムソルグスキーのクラシック音楽を取り入れたプログレ作だ。一応、ライブということになっている。「一応」っていうのは、アルバムの出だし、アンコール前後に歓声が聞こえるが途中は全然聴こえず、演奏もばっちり、音質もどちらかというとデッドで、とてもじゃないがLiveに聴こえない。このアルバムも数年前に買った当初はシンセの音が薄っぺらく聴こえ、全然良いと思えなかった。当時はクラシックの方を聴いたりしてたしね。が、ここのところのELP再評価で、うん、気持ちよく聴けた。アンコールは「Nutrocker」、そう「くるみ割り人形」だ。


JUGEMテーマ:音楽

月曜日に会社にいぃって、火曜日も会社にいぃって、ちゅらちゅらちゅらちゅらちゅらちゅららー。・・・10連休の後、フルで5日間会社行って一週間が終わった。結構疲れたかも。でも、このGWは金がないので毎日どこへ出かけるでもなく過ごしたから、流石に後半「休み」にうんざりしていた。いや、決して会社に行きたかったわけではないが、週の前半はめずらしくやる気だったかも。もう、今日あたりはぐったりだったけどね。

LadiesAndGentleman
Welcome Back My Friends to the Show That Never Ends ~ Ladies And Gentlemen / Emerson Lake And Palmer
Manticore Records Limited. - 1974

ELPのアナログ3枚組みLiveだ。タイトルめっちゃ長い。どうもここの所ELPが良くなってきている。3枚組みLiveというと「Yessongs」や、「Wings Over America」もそうで、どうもボリュームの多いものを好んでしまう。一気に聴くには時間が掛かるので、滅多に聴かなくなるくせに。これはELPの全盛期に発表されたLiveで、「恐怖の電脳改革」までのアルバム曲で構成されており、演奏も曲も上質だ。去年のYesに続き、今年はELPをたくさん聴いてしまうのかな?ギター中心じゃないからそうでもないかな。


JUGEMテーマ:音楽

今日は2ヶ月ぶりの肝機能検査通院。朝、ここ3日ほど続いている雨がまだ止まず、傘を差して病院まで40分歩きだ。今日ぐらいバス、電車で行こうかと思ったが嫁さんの「バスすごく混んでるんじゃない?」の一言で歩くことに決めた。病院に着いたときは結構濡れてた。いつものように血を5本抜いて結果が出てから診察だ。結果。正常。GTP/GOT/γ-GTPの値は全て正常、当面の問題はないようだ。ただ、他の数値で、HとかLとか異常値があるんだけど、先生そこは何にも言わないんだよな。まぁ、何にも言われないから放っておいてもいいんだろぅ。

Trilogy
Trilogy / Emerson Lake & Palmer
Island Records, Ltd. - 1972

最近ちょっとづつELPを聴きだしている。これは4枚目のアルバムだそうだ。やはり分かりやすい、もしくは激しい3分間ロックばかりでは食い足りない時があって、そんな時はプログレとよばれる音楽が非常に心地よい。特にELPの作品は限りなくクラシックに近いロックだと言えるだろう。このバンドは基本、ギターレス(ベースがギターも入れる場合あるが)でキース・エマーソンのキーボードが暴れまくるって音楽だが、そのキーボードがジャズだったりクラシックだったりする。その割にはこのアルバムは分かりやすく、聴きやすい。


JUGEMテーマ:音楽

今日は肝機能検診だった。実はうすうす全身のアトピーは、肝機能異常のせいなのではないかと疑っていて、しかも親父の死にまつわるストレス、酒の飲みすぎ、体重の増加、・・・そんなこんなで、今日の数値は酷くなっているだろうと覚悟していたのだが。エコーと血液検査の結果、数値は全部正常値だった。但し、脂肪肝だそうだ。この「かいかい」と肝機能は関係無いらしい。じゃぁ、なんだろう?
ともあれ、今日で、親父のくれた長かった休みは終わりだ。

Elp
Emerson Lake & Palmer / E.L.P
Atlantic Record - 1970

E.L.Pの1stアルバムだ。非常にとんがった音楽をやっている。プログレの範疇で、新しいことをやってやろうという気概が非常に感じられる。中でもやはりキース・エマーソンのキーボードがすごい。オルガン、シンセの他に、意外なほどピアノの演奏が入っていて、時にクラシカル、時にJazz。でも歪んだベースと重たいドラムのお陰で、やっぱりロック。このアルバムは気に入った。


JUGEMテーマ:音楽

ロック好きだが、あまり詳しくない方面がプログレだ。「プログレといえば?」と問われて出てくるバンドはPink Floyd、Yes、King Crimson、E.L.P.くらいだ。こんなの、誰だって知ってる。昔は正直、聞いていてそんなに良いと思えなかった。が、年をくって来て、いつの頃からかPink Floydのあの腐敗的な音世界は良くなってきた。そしてここの所、Yesは大変良い。Crimsonは1stが超名盤といわれているが、俺の持ってるCDは最悪に音が悪いからなぁ。

BrainSaladSurgery
Brain Salad Surgery / E.L.P.
LeadcぁssLtd. - 1973

そしてE.L.P.だ。E.L.P.はそんなプログレ群の中でも、一番好きじゃない。なぜって、ギターが居ないんだもの。おれはギターロックがすきなんだ。ギターの居ないバンドなんて・・・。でも、ピアノトリオのJAZZは好き。って矛盾してないか?って訳で、夕べ久しぶりに引っ張り出してきたのがこのCD。ギーガーのデザインしたジャケットは秀逸。「恐怖の電脳改革」って邦題も超絶。そして聴いてみたところ、結構良かった。やっぱ、CDって、一度聴いてみて良くなくても、寝かしておくに限るね。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM