JUGEMテーマ:音楽

DLNAでファイルを再生すると言っても、Mp3なんかの圧縮音声ではなく、高音質ハイレゾを聴くことにしたんだけど。非圧縮のPCM音源であるWaveファイルの致命的な欠点に、タグ情報が付けられない、ということがある。曲名、アルバム名、アーティスト、曲順、年号、ジャンル、そしてジャケット画像情報を音声ファイルに入れられない。これは、NAPで聴く際にも不便で、ファイル名の頭に数字を付けたりして順に再生するようにしたり、ファイル名で曲名が分かるようにしなきゃいけない。そこで、可逆圧縮ファイルであるFlacを採用することにした。Flacだと、音質の劣化はなく、ファイルサイズも縮小でき、しかも、タグ情報を付けることができる。今もせっせと、録り溜めたWaveをFlacに変換する作業を続けている。今やっと「V」だ。もうすぐ終わる。

Heliocentric
Heliocentric / Paul Weller
Universal-Island Records Ltd. - 2000

廉価Boxからラスト5枚目。このアルバムは以前聴いたことがなかったので、あまりなじみ無く、ここに載せるのに時間が掛かってしまった。最近の俺のハードロックモードだとなかなか聞く気になれなかったってのも原因だ。このアルバムは、非常にゆったりしたムードのアルバムで、性急な曲が無い。しかし、どっしとりたグルーブが感じられるし、アコースティックな音作りでありながら、ロックを感じさせてくれる好盤だ。

JUGEMテーマ:音楽

実は夕べ、びしょ濡れで家に帰り着いたときには、台風6号は熱帯低気圧に変わっていた。その後、夜中に掛けてキツイ雨が降っていたけど、一夜明ければ、台風一過で、どピーカン。上着も着ずに家を出て、それ程暑くはなかったが、それでも会社に着いたときには結構汗をかいていた。昼間、青天の中、どんどん気温が上がり、最終的には27度くらいまで上がったんではないかな。まったくもって、5月に夏日だ。今日は水曜で定時間で会社を出た。もう、季節的には6時過ぎでは全然太陽が沈まず、昼間に帰宅をしているようだった。ま、ビルに1日居ると、暑さはあんまり感じないんだけどね。

HeavySoul
Heavy Soul / Paul Weller
Universal-Island Records Ltd. - 1997

廉価Boxから4枚目。相変わらず良いんだけど、前作「Stanley Road」をピークに、ここでちょっと坂を下っている気がするのは俺だけか。最近は、あまり気分じゃないってもの関係しているかも。聴くと気持ちいいんだけね、なんか集中して聴く気にもならんというか。ま、一方的に俺個人の問題だけど。


JUGEMテーマ:音楽

先週買ったStonesのアナログ、まず1枚目、「Sticky Fingers」を録音して聴いた。そしたら、なにやら違和感。「Can't You Hear Me Knocking」の出だしのギターリフが、左Chから聴こえる。あれ?このリフ、キースだよね、キース右Chだよね。と思い、CDと比べると、LRが逆。PCのSound IFにケーブルを右左間違えて刺したのかと思い確認するも、あってる。なぜ?アナログはLR逆なのか?でも、ネットで見てもそんな話は載っていない。で、今、もしや、と思って、レコードプレーヤーとアンプを確認した。・・・なんと、アンプのRec OutをLR逆差ししていた。ってことは、いったい、いつから、どれ程の枚数のレコードをLR逆で録ってたんだ!?

StanleyRoad
Stanley Road / Paul Weller
Universal-Island Records Ltd. - 1995

ポール・ウェラのBoxから3枚目。これも、以前中古屋で¥300で回収したことあり、新鮮味はないが、内容は素晴らしい。「The Changingman」で幕を開けるが、この曲は、ソロのポール・ウェラで一番最初に好きになった曲だ。昔、ベストでね。ソロ活動も絶頂期の1枚。


JUGEMテーマ:音楽

給料日後の休日だし、録音していない中古LPも減ってきたし、録音しきったLPも処分したいし、というので、LP13枚程をもって、渋谷へ。レコファンで売って、全部で¥250。さぁ、今度は仕入れ、と思うが、良いのが全然ない。おっ、と思うのは平気で¥1,000や¥2,000超えてて。じゃぁ、ここの所のブームの新品LP Boxはどうよ、と、Towerに行くも、俺が欲しいと思ってたBruce SpringsteenやRoxy MusicのBoxはなく、すんでのことでBlondieのBoxを買いそうになったが、後悔しそうなので堪えた。なんか茶濁しで適当なCD買うってのも気が進まず、手ぶらで帰ってきた。本当に何も買わず手ぶらって、初めてだ。と、言いつつ、昼飲みはしたけどね。

WildWood
Wild Wood / Paul Weller
Universal Island Records Ltd. - 1993

ポール・ウェラの廉価Boxから2枚目。どうも、以前に中古CDを買って載せているし、箱をCDラックにしまっているせいで、このBoxの存在を忘れがちだ。JamもThe Style Councilも箱Box買った後にアルバム形式の廉価Boxを買い、ソロも大体を中古CDで買ったのに、また廉価Boxが出れば買ってしまった。まぁ、中古は売ればいいけど。ソロのこの辺も活動が軌道に乗ってきた頃で非常に良い内容だ。

JUGEMテーマ:音楽

毎年の事だが、今日は自分の誕生日だ。ある年齢から、誕生日は全然嬉しくなくなったが、それを通り越して、徐々に、また一つ無事に歳を取れたことを感謝するべき年齢かも知れないな。誕生日に社食のラーメン食って、ちょっと残業したからこの時間だ。後で、酒を飲みながら、プレゼント贈呈をしてもらおう。あ、Shnからはもう、学校の手芸で作った革のペンケースをもらった。
後で、「おめでとう」をくれた母にメールの返事を、姉にLineで返事を、後数名の友達にFacebookでお礼を書き込もう。

PaulWeller
Paul Weller / Paul Weller
Universal Island Records Ltd. - 1992

ポール・ウェラの廉価Boxから1枚目。以前、中古CDでゲットして聴いて、一度載せている。なので、聴くのは初めてではない。スタカンの失速から、新人のようにロードを重ねて、再度、表舞台に出てきた、っていうだけあり、ここでは、やっぱ、質の高いロックをやっている。一つだけ気に入らないのは、CD最後の無音時間の後のリプライズだ。


JUGEMテーマ:音楽

時期的にそろそろだと思ったが、今日、関東も梅雨入りしたそうだ。午後からしとしと雨。帰りもザーと降ったかと思ったら、小降りになり、止んだかなと思ったら、またザーと降るという感じ。じめじめ。それにしても今日の雨は、なんだか生臭い嫌な臭いがしたな。大気の汚れが大きいのだろうか。そんな中、明日はKndは友達と東京ディズニーランドに行くそうだ。まぁ、毎年書いてるけど、梅雨は来るべき夏に備え水を蓄えるために、仕方ないよ。

「夏のレクイエム」
ニコ動 : http://www.nicovideo.jp/watch/sm23683212
Youtube : http://youtu.be/VCnhK-ze36s


HeavySoul
Heavy Soul / Paul Weller
Island Records Ltd. - 1997

ポール・ウェラのソロは、何故か、中古で買い揃えている。「Paul Weller」も「Wild Wood」も「Stanley Road」も、そして、これも。この頃はロッカーとして第3回めのピークを迎えているだけあって、内容は非常に気持ち良いものになってる。あぁ。そーいえば、「Live Wood」も中古で買ってあるなぁ。


JUGEMテーマ:音楽

今日も、デジタルビデオのPC取り込みとかやりながら、ボカロの新曲を仕上げていた。メインボーカルのパラメータ調整後、メインボーカルを別トラックにコピーし、それをコーラスに作り替え、2声のボーカル部完成。VocaloidからWaveファイルにエクスポートしたものをMusic Creatorで取り込み、MixDown。が、完成したものを聴いたが、自分のギターソロの下手さ加減に嫌気がさした。ちょっとやっつけ感満載だし、来週、リードだけでも録り直そうと思う。というわけで、今日はまだ1枚もCDが聴けていない。

WildWood
Wild Wood / Paul Weller
Pony Canyon Inc. - 1993

ポール・ウェラ、ソロ2作目のスタジオ作。物は去年の夏に実家に帰省した際、実家そばの中古屋で安く入手したものだが、これはいい。まさに全曲気持ちの良いアルバムだ。パンクっぽさ、やモッズっぽさも引っ込んで、グルーヴのあるソウル・ロックになってる。やはりこれはJamでもStyle Councilでもない、違う音楽性だよな。そう、気負いが感じられないんだよね。1英国人、ポール・ウェラ自然体のロック、そんな感じだ。




JUGEMテーマ:音楽

徹夜、明け休、今日一日出社、そして、明日は定期通院の為の休暇。ということで、今週は3日しか会社に行っていないイメージがあるが、実はその内の1日は朝まで働いたので、4日は働いんてんだよ。明日の通院休暇は4ヶ月前から決まっているしな。そう言えば、また担当の医者が病院を辞めると言っていたので、明日はまた別の担当医になる。前回の医者なんて3回くらしか掛かってないんじゃないかな。定着率の悪い病院なんかね。何にしても、徹夜明け休の昨夜は爆睡。それでも今日もダメージ残り、だるかった。

PaulWeller
Paul Weller / Paul Weller
Go! Disc Ltd. - 1992

スタカン解散後のソロ、1作目。スタカンは最後、商業的にはアルバムも出せないような状態で解散。ポール・ウェラのキャリアも終わりか、って状態で自身のバンド組んでクラブサーキットやって、再デビューみたいな形だったそうな。ここで聞ける音楽は、ロック、R&B、ジャズの融合だな。やっぱ、俺は多分にスタカンっぽさを感じるけどな。つまりジャズの要素が強いんじゃないかと思う。中盤、ちょっとだれて、「Int Tomorrow」のリフのかっこ良さにはっとするって流れが良い。ただ、最後、90年代に流行った無音のシークレットトラックで延々時間を引き伸ばすのは嫌い。


JUGEMテーマ:音楽

前回、神保町に行った時、見逃したレコードがあって、今日、それを回収しに行ってきた。1枚は、Wishbone Ashの「Live In Tokyo」。ちょうど、「Live Dates II」の頃の日本のLive版だ。1枚だし、「Live Dates II」とかなり曲もダブっている(音源は違うはずだが)し、¥1,800もしたので、前回はパスした。でもその後、ヤフオクとか見てたら結構良い値段ついているので、買えばよかったと後悔していたものだ。もう1枚(というか3枚)はWingsの「Wings Over America」だ。前回、水道橋のDisc Unionで見かけたのだが、「渋谷で買えばいいや」と思いパスしたのだが、その後、なかなかレコードを見かけない。先週、CD屋でCDを見かけたのだが、見るからにリマスターされていない物が¥4,200もしたので、これは、レコードで入手するしかないと思っていたものだ。無事、2作品とも回収した。

StanleyRoad
Stanley Road / Paul Weller
Solid Bond Productions, Ltd. - 1995

これは、先週、日吉の駅近くの古本屋で、¥300で買った中古CDだ。そのとき実は先日紹介したPretendersと、もう1枚イアン・ブラウンのCD、合計3枚で¥900で買った。内容は、結構良い。というかかなり良い。肩に力の入っていない、でも骨太のロックを聴かせてくれる。Jamのように突っ走っておらず、スタカンのように妙にお洒落でもない、自然なロックだ。・・・こんな掘り出し物CDを1枚¥300で見つけると、¥1,000以上出してレコードを買うのはどうか、とも思ってしまうね。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM