がっつり散歩

  • 2020.06.28 Sunday
  • 20:59

JUGEMテーマ:音楽


ここの所、在宅勤務中の平日はそれ程がっつり歩く時間もなく。休日は、車でスーパーに買い物に行って昼飲みして終わり、ってパターンで、あまり歩けてなかった。今日も朝から土砂降りで、嫁さんは体調悪く、1人で車でスーパーに行った後は、つまみ作って昼飲みをした。2枚目のレコードを編集中に外をみると、なんだか雨は上がって晴れている。で、気が向いたので、酔っぱらったまま、散歩に出かけた。今日は昔よく行っていた散歩コースの一つを選び、Book Offとかドンキを冷やかして、がっつり長距離を歩いて帰って来た。

Pretenders II
Pretenders II / The Pretenders
Warner Music UK. - 1980

PP-300で録り直し。アナログBoxから2ndアルバム。アルバム出だしの数曲は、このオリジナルメンバー時期じゃなきゃ聴けないごつごつした疾走感のあるカッコ良いサウンドの曲なんだよね。残念ながら3rdアルバムからは疾走感があっても、小奇麗に感じるサウンドへ変化していくからね。



退院後、初の週末

  • 2020.06.06 Saturday
  • 20:50

JUGEMテーマ:音楽


今日は、嫁さん退院後初の週末。俺も、長距離の散歩に出かける気はなく、二人で、家の近くのコンビニまでゆっくり歩いて、食料を少し買って、帰って来た。それから、いつもの様に俺は昼飲み。今日は一人ではなく、ソファに嫁さんが居るので、ラインしながら飲む必要もなく。その後、レコード回したり、昼寝したりして、夜はリクエストを受けたたらこスパゲッティと永谷園松茸のお吸い物を使ったしめじパスタを作って食べた。

Pretenders
Pretenders / The Pretenders
Warner Music UK. - 1979

PP-300で録り直し。この後も色々ヒット作出すんだけど、俺はやっぱこれが一番好きだな。アルバム前半のゴリゴリした疾走感と、後半のメローな哀愁感。The Kinksのカバーもとても良い。


豚骨醤油スペシャル

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 20:59

JUGEMテーマ:音楽


今日は水曜日、社食のない定時間日。嫁さんは今日、友人たちとの会合があると言うので、晩飯は自己解決と言われていた。で、定時で上がって、家路を。このくっそ暑い季節のと歩帰宅途中。あろうことか、俺は家系ラーメンが食いたくなってしまった。馴染みの商店街にある家系が最近えび豚骨とかいうのを押してる店にリニューアルして、でも以前のメニューもありそうなので、そこに寄る。豚骨醤油スペシャルを頼んで、食す。
豚骨SP

リニューアルしても味は変わらない。しかし、卓上のトッピングから、豆板醤と玉ねぎスライスが無くなり、すりニンニクだけになってしまっていた。これは大きく減点だなぁ。

Viva El Amor
Viva El Amor / The Pretenders
Warner Music UK. - 1999

アナログBoxからラスト8枚目。このアルバムは良い。ギターのリフがキャッチーだったりするけど、なにより、どの曲も歌メロがしっかりしていて聴いていて気分が良くなる。もうすでに、時代の流れとは乖離していてヒットしなかったそうなんだけど、良いアルバムは残っていってほしいなぁ。



さあ新宿へ

  • 2019.07.06 Saturday
  • 20:55

JUGEMテーマ:音楽


Kirin Cityの割引ハガキを消費しに、今日は新宿に。それと、目的はサマージャンボ、そして中古の「龍が如く3」、これはあればだけどね。で、まず、いつもと違う改札から外に出て、宝くじ売り場でサマージャンボを購入。そして、その近くにあるBook Offに行くも、「龍が如く3」は在庫なく。仕方ないので、いつもの東口方面へ。タワーレコードを冷やかし、映画のサウンドトラックCDを1枚。¥1,080。その後、Kirin Cityで昼食。メガ2杯かっ食らって、別のBook Offへ。そしたら運よく「龍が如く3」があり、ゲット。その後はDiskに行くも、食指の動く、安いものがなく、何も買わずに帰って来た。

The Isle Of View
The Isle Of View / The Pritenders
WEA Records Ltd. - 1995

アナログBoxから7枚目。これは2枚組のLiveだった。というか、アンプラグドのLive。初期からメローさも持ち味だったので、アコースティックで奏でられる楽曲群はそれはそれはマッチしている。でもそんな中、1stのゴリゴリしたサウンドの「The Phone Call」がアコースティックでがしがし演奏されると、それもそれでメッチャカッコ良かった。



レコードが溢れてる

  • 2019.06.05 Wednesday
  • 20:59

JUGEMテーマ:音楽


ふと、自分の部屋を見渡すと、レコードで溢れかえっている。何年か掛けて、ちょっとずつ、新品のBoxを買い漁っていたら、収納する場所が無くなり、床に置いている状態。新品のBoxってやはりなかなか処分する気にはならないし。中古のLPもちょっと以前は録音したら市場に戻していたけど、ちょっと持っておきたいな、と思う物ばかり残っていて、それが大量にある。なんか、2枚組のLive盤とか、無条件で持っていたいんだよね。でも、いい加減割り切って処分していかないと、部屋のスペースが無くなってしまう。

Last Of Independents
Last Of Independents / The Pretenders
WEA Records Ltd. - 1994

アナログBoxから6枚目。これは以前5CD Boxにも入っていたので、聴いたことがあるはず。ファンキーで疾走感のある曲もあるが、やっぱ、メローな曲の方が多い。「I'm A Mother」とか「Every Mothers' Son」とか妙に母を主張しているのは、この頃クリッシーが子を産んだからか。



横浜、昼飲み

  • 2019.05.11 Saturday
  • 20:54

JUGEMテーマ:音楽


GW明けの4連勤はそれなりにしんどく、あぁもうGWが遠いなぁと思いつつ、週末に突入。今日は、GW中に1度も行けなかった横浜に行こうと。でも、そんなに変わったイベントがあるわけでもなく、Kirin Cityで昼飲みして、TowerとDiskを冷やかして、ヨドバシでNASを物色して、ソフマップで「龍が如く」シリーズの他のゲームの中古の値段調べて。でも結局何も買わずに帰って来た。こうなると、結果的に、横浜まで昼飲みしに行った事になるんだよね。そして晩飯はまた俺がスパゲッティを作った。ニンニクトマトソースと、キノコバター醤油。塩分多かったかな、妙に喉が渇く。

Packed
Packed! / The Prentenders
Demon Music Group Limited. - 1990

アナログBoxから5枚目。今まで、このアルバムは5CD Boxにも入っていなかったし、聴くのは初めてだ。これも、疾走感のある曲や、キャッチーなメロディのある曲が沢山だけど、サウンドは綺麗。初期のゴツゴツ感は皆無。ヨーデルの様な高音で歌う曲もあり、まぁ、面白いし、良いアルバムだと思う。



嫁さん通院

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 20:52

JUGEMテーマ:音楽


今日は嫁さん通院の日で。嫁さんは一人で通院。新しい薬に変えてから約3か月。今の所は調子よさそうだったけど、さて今日の検査結果は。Lineで知らせてくれとお願いしていたら、血液検査の結果もレントゲンもかなり良い結果だそうで。良かった良かった。調子が良いようにみえても昨年12月のようにいきなりぶり返して状態が悪くなることがあるので、どうも手放しでは喜べないが。今日は、都内外出の帰り、1個前の駅で降りて、散歩圏内の商店街のサーティー・ワンに寄り、嫁さんが欲しがっていたチョコミント・アイス・ケーキを買って帰った。

Get Close
Get Close / The Pretenders
Warner Music UK. - 1986

アナログBoxから4枚目。もはや、違うバンド?と思うくらい、サウンドや楽曲の持ち味が変わっている。ともかく、メローで、エッジの立ったロック楽曲がない。そして、多分にファンクで。これはこれで、聴きどころ十分なんだろうけど、やっぱ2ndまでの「カッコいい」と思う曲の方が好きだったなぁ。



「ジャッジ・アイズ」が売っていない

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 20:52

JUGEMテーマ:音楽


キムタクがメインキャラを務めている「ジャッジ・アイズ」っていうPS4のゲーム実況をここの所Youtubeで観ていて、凄く面白いなと思っていた。自分では「BIOHAZRD RE:2」をやっている関係もあり、同時に2本もゲーム買うのはどうかと思って、実況を楽しみに観ていたんだけど。どうも、ゲーム実況者とゲームメーカーで、ネット投稿しても良いのは、ここまで、って取り決めがあったようで、ゲーム佳境で実況は終了となった。いやいや、あれとかこれとか、色々ストーリー的にも気になるし。こうなったら自分でやるしかねぇ、と思った時には、メインキャラの一人であるピエール滝のせいで、ゲーム売ってねぇし。

Learning To Crawl
Learning To Crawl / The Pretenders
Warner Music UK. - 1984

アナログBoxから3枚目。ここでメンバーが大幅に変わり、バンドのサウンドも変化。でもまだ、このアルバムはメロー感より疾走感が勝っているので、聴いていて気持ち良い。もともと1stから「Kid」のようなメローな部分も持ち味ではあったが、この先、どんどんそっちが勝っていくならなぁ。



URBANO V04

  • 2019.03.02 Saturday
  • 21:02

JUGEMテーマ:音楽


予定通り、Shnと嫁さんと3人で川崎に。何故か、機種変は川崎と決まっていて、去年嫁さんとKndが機種変したビックカメラのauショップで見積もりをしてもらう。毎年のように料金プランが変更になって、新しい割引が始まったり、あった割引が無くなったり。結局、最初は安いけど4ヶ月めから料金があがり、2年目からはさらに上がりというプランくらいしかなく、一旦、店を出る。Kirin Cityで昼食を摂って、今度は一昨年に俺とShnが機種変した街ケー屋へ。そこで、ほぼ同じ条件で、でも細かく条件を聞いてくれて、auショップよりだいぶ安くできたので、そこで契約。ShnはiPhon XR。俺は出たばっかの京セラのURBANO V04ってAndroid機にした。

Pretenders II
Pretenders II / The Pretenders
Warner Music UK. - 1980

アナログBoxから2枚目。確か、この後、オリジナルメンバーが二人死んでしまうんだよね。で、3枚目からはメンバーが違ってくるんだけど、それが理由か、1stと2ndだけで聴ける「ゴツゴツ感」というか、独特のサウンドのカッコよさがあるんだよな。てわけで、この2ndも結構好きなアルバムだ。



Pretenders The Vinyl Collection 1979-1999

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 21:00

JUGEMテーマ:音楽


去年の12月は、The PoliceのアナログBox、3か月ずれ込んだTom Pettyの「An American Treasure」ともう一つ。こんなものをクリックしていた。
Pretenders The Analog Collection1
The Vinyl Collection 1979-1999


Pretenders The Analog Collection2

プリテンダーズのアナログBox、8枚組。発売されたのは数年前で、だいたい¥27,000くらいで売ってて、高いのでずっと見送ってたんだけど、12月にAmazonを眺めていたら、何故か¥12,000程度で新品を売っていて、思わずクリック。だいたいのアルバムは聴いていて、途中からメローな曲が中心になってあまり好みではない、というのも分かった上で、じっくり楽しんでいこうと思う。

Pretenders(Box)_Analog
Pretenders / The Pretenders
Warner Music UK. - 1979

そして、1stアルバム。アルバム前半の疾走感。滅茶苦茶カッコ良い。そして、哀愁の「Kid」「Brass in Pocket」、必殺キンクスのカバー「Stop Your Sobbing」。ひょっとする1stがベストかもしれない、というくらい良いアルバムだ。


PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM