JUGEMテーマ:音楽


このアトピーは、疲労もあるはずと思い、なるべく頑張らず、のんびり過ごそうと思ったが。まぁ、散歩はいくでしょ。で、結局結構な距離を歩いてしまう。帰ってからさらに2枚レコードを録音し、アルバム1枚を聴いた後。Shnは今日も出かけていて、Shnが居ない間に、PCのアップグレードをやってしまいたくなり、俺のPCから取り出して置いたマザーとCPUとメモリを、ShnのPCに換装する。1時間ほどで作業終了したが、結局、埃だらけになり、水ぶくれだらけの手はどろどろ。なんだかなぁ、じっとしていられない性分なんかな。

Pretenders
Pretenders / The Pretenders
Real Records. - 1980

先日、Diskで再回収した中古LP。ずっと以前に5CD Boxでゲットしたものの、音が非常に悪く、自分でイコライザーを掛けて補正したりしていたが、安くでLPを見かけたので録り直したくなった。まぁ、ともかく名盤だ。A面の畳みかけるような疾走感も、Kiksのカバーも凄く良い。B面のしっとりとしたグルーヴもこれまた。



JUGEMテーマ:音楽

この間の三連休にAmazeonで欲しかったCDを2枚買って、家に届いたと思ったら、翌々日にはそのずっと前に予約していたDVDが届いた。このDVD、早く観たいんだけど、今、Live AidのDVDを見返しててなかなか見れない。それでなくとも平日とかに慌しく観たくないしな。まぁ、そのうち此処に載せる。Live Aidの方は数年前に出た4枚組。夕べは2枚目の中盤、ちょうどアメリカのステージでプリテンダーズの演奏だった。これがリリースされた時も「長生きはするもんだ」と思ったね。まさか、一回こっきりのTV中継が、20年もたってオフィシャルリリースされるとは。

LastOfTheIndependents
Last Of The Independents / The Pretenders
WEA Records Ltd. - 1994

これも今まで未聴だったアルバムだ。出だしから3曲ほどは疾走感溢れる元気の良いナンバーで、「お、復活!?」と思わせたが、なんと4曲目から10曲目は連続してメロー、もしくはスローなナンバーで、(「I'm A Mother」は微妙だけど)ダレる。曲はいいと思うんだけど、こんなメローなナンバー、プリテンダーズに期待していないんだよな。アルバム後半でちょっと盛り返すが、ラストがこれまたディランのカバーを思いっきりメローなアレンジでやっている。本当に疾走感があったのは極初期の頃だけだったか。さて、これでプリテンダーズも5枚組Original Album Seriesは終了。



JUGEMテーマ:音楽

目論見結果。結局一番目標だった体重は惨敗。昨日から300gしか落とせず、結果1.2Kgのみ。目論見は2.0Kgだった。レコードは今日も3枚録ったので、クリア。バンドの練習は、・・・ここで大きく予定外の行動。日曜だというのにわざわざ横浜まで出かけ、今度のスタジオ用に、PCMレコーダを買ってしまった。

h2_01
ZOOM H2 Handy Recorder

これは機器の全面と後面にそれぞれステレオマイクを内蔵しており、4Trレコーディングが可能。録音後もそれぞれのTrのバランス調整をし、ステレオにMix Downすることができるので、簡易的なMTRのようなもんだ。午後、これの性能を試すべく、部屋で音源を鳴らしながらギターを弾き、それを録音。結構リアルな音で録音できていた。今度のスタジオに持って行こう。ってやっていたら、歌の練習をする暇なく、これまた目論見外れ。
頭痛は無くならず。明後日、頭痛外来に行こうと思う。

GetClose
Get Close / The Pretenders
WEA Records Ltd. - 1986

ここで、バンドの音ががらっと変わってしまったようだ。硬質なゴツゴツしたサウンド、疾走感ある楽曲が魅力のひとつだったのだが、そういった曲はここでは聴かれない。ノリの良い曲も、もっとファンクになってしまっている。そして、どちらかというとメローな曲がアルバムでは主体的だ。やはり、オリジナルメンバーの死亡とそれに続くメンバーチェンジがバンドに大きく影響を与えたようだ。それとも、こっちの路線がクリッシーのやりたい事だったんだろうか。




JUGEMテーマ:音楽

先日、初代、うちのバンドのギタリストだったOeから転居通知が届いた。彼は会社の後輩でもあったが、もう10年近くも前に辞めてしまい、関西で働き出したので、一緒にバンドができなくなり、年賀状だけの付き合いになっていた。せっかく転居通知をくれたのだからと思い、当時の彼のプライベートアドレスにメールをしてみたところ、ゆうべ返事が来た。もう結婚して子供もでき、順調に人生を歩んでいるようだ。何年も在っていないけど、機会があればまた、飲みたいね。もっと機会があれば、一緒に演りたいね。

LearningToCrawl
Learning To Crawl / The Pretenders
Warner Bros. Records Inc. - 1984

メンバー2人が亡くなり、交代した後の3rdアルバム。少し垢抜けたサウンドになっているのは、メンバーの違いか、プロデュースの方向の違いか、はたまた時代のサウンドになったか。ハードな曲、メローな曲、クールな曲ないまぜになりながらも、どれもプリテンダーズらしさを感じさせてくれる良いアルバムだ。プリテンダーズの魅力は、クリッシーの女を感じさせない恰好いいボーカル、タイトなリズム、クリーンなテレキャスターの音、まぁ、色々あるが、このアルバムはそのすべてを堪能することができる。



JUGEMテーマ:音楽

今日、散歩の途中でいつも寄るPCデポに、フィルム・スキャナーが¥5,000程度で売っていたので、思わず衝動買いしてしまった。家に帰って昔の写真のネガを掘り出して、100枚ちょっとスキャンしてみたんだけど、結構、面白くて辞められなくなってしまった。1996年より1999年のネガの方が色あせていたりして、保存状態や、フィルムメーカによって品質もまちまちなんだろうな。しかし、ネガの裏表を間違えずにセットするのが大変。上下はなんとかネガを直接見れば分かるんだけど、裏表はスキャンして日付の数字を見てみるまで分からない。これから休みの日にこつこつ、ちょっとずつ、デジタル化しよう。

PretendersII
Pretenders II / The Pretenders
WEA Records Ltd. - 1980

こいつも音質、いまいち。俺がそれまで持っていた古い「Forever Young」シリーズのCDの方が音圧が高いくらいだ。が、内容は良い。ゴツゴツしたサウンドとクリッシーのクールなボーカルが味わえる。1stよりも甘さが抜けて、一層ハードに感じる出来だ。メンバーはこの後2人もドラッグで無くなってしまうので、オリジナルメンバーでもアルバムはこの2ndで最後となってしまう。これが既に30年前のアルバムかぁ。



JUGEMテーマ:音楽

昨日、「普通の土日を過ごすぞ。」と言い終わった途端、今日録る予定で予備回ししていたレコードのB面が針飛び盤であること判明。最先わるー。なんとかノイズ入りだけど録れたけどさ。そして、おニューのグラサンとポーターを持って散歩。いやぁ、9月に入ったのに全然涼しくなる気配なし。散歩途中で水分補給しないとヤバい。夏の始まり頃より暑いんでないか?その後は、レコードを更に2枚録ったり、先週の結婚式の写真をCD-Rに焼いたりしていたんだけど、最大に普通の土曜と違うこと。それは、上の娘が東関東大会の為、今夜は宇都宮に1泊していて、家に居ないということ。誕生日祝うどころじゃねぇ、本人不在だよ。

Pretenders
Pretenders / The Pretenders
Warner Music UK Ltd. - 1980

昨日、The PretendersとThe Carsの5CD SetがAmazonから届いて、早速、このプリテンダーズのデビュー盤から聴いたんだけど・・・音質にがっかり。Rhino盤だから音は良いもんだと思い込んでいたけど、レベルが以上に低く、低音も出ず。演奏音が小さくてペラペラした音。俺がレコードで録ったCD-Rの方が明らかにダイナミズムがあり、ロックの迫力がある。嫁さんの耳にもそう聴こえたので間違いない。作品としては文句なしに名盤だと思うんだけど、あのダイナミックレンジの低い音で聞かされると魅力半減だ。



JUGEMテーマ:音楽

朝から雨で。上着を着て込みがちなバスに揺られ、片手はびしょ濡れの傘を人につけないように気をつけながら持ち、もう片一方も濡れた手でつり革を掴み転ばないようにして。どのバス停でも人は次々に乗ってきて、でも運転手は換気のひとつもするわけではなく社内の温度と湿度がどんどん上昇し、汗がだらだら流れ出す。バスが駅近くまで到達するものの、駅前は人を送りに来た乗用車でごった返しなかなか駅前に到着しない。不安定な格好で片手をつり革から離し鞄からフェイスタオルを取り出し汗を拭く。なぜ、換気しない!と思いつつ回りを見ると他の乗客は結構涼しい顔をしている。なぜおれだけ汗だく?兎も角、この上なく不快だった。

GetClose
Get Close / The Pretenders
WEA Records Ltd. - 1986

これを聴いているところへ、上の娘が図形の問題を教えろと言う。中学2年の図形の問題。微妙に難しい。というか忘れている。なので、このアルバムがどんな内容だったかというより、俺の頭に残っているのは、正多角形(N角形)の外角は、360°÷N で求められる、なんてことだ。うっすらとした印象は、初期の疾走感はなく、メローな曲が多かった。でも、クオリティは低くないな、ってな感じだ。まぁ、初期から結構メローな曲も持ち味ではあったが。


JUGEMテーマ:音楽

夕べちょっとBlogの引越し先を探してみた。そしたら今もう、容量無制限とかの無料Blogサイトが山ほどあるじゃん。Jugemに固執する必要は全然なし。と思いつつ、今まで育て上げたcategoriesとか、過去記事とか考えると、別のところで1から始めるのってやっぱり億劫。と言うわけでもうしばらくはここで続けようかな。記事紛失に限らず、もう一度頭くることあったら速攻で引越しすることにする。

PritendersII
Pretenders II / The Preitenders
WEA Records Ltd. - 1980

プリテンダーズの2nd。俺はヒットしたデビューアルバムより先に、こっちを聴いた。ゴリゴリしたサウンドにクリッシーの独特な声が絡む、何とも格好良いバンドだ。このCDはワーナーが出している「Foever Young Series」という、当時の廉価版CDで、まだ国内版CDが¥3,000とかした頃に¥2,000で買えたので、結構好きなシリーズだった。が、リマスター前の音質は非常に悪い。レベルは低く、また一枚膜がかかったような篭ったサウンドだ。これだと、マジ、レコード録ったほうが音が良い。


JUGEMテーマ:音楽

何度も書いているが、俺は帰路、会社から歩いて帰っている。45分くらいで歩いているのでまぁ4Kmくらいだろう。で、今日、会社を出たところで帰るコールをしたら嫁さんが「物凄い雨でしょ?」と言う。へ?雨降ってないよ。なんだが、たかが4Km程離れた俺の家の周りは土砂降りだったらしい。途中、コンビニでビニール傘購入。そしてやはり岐路の途中雨に降られた。

LooseScrew
Loose Screw / Pretenders
Victor Entertainment Inc. - 2003

プリテンダーズ、2003年の作品。これも中古屋で¥300で回収。まぁ、クリッシーの声だからいいんだけどさ、やっぱこのバンドには疾走感を求めちゃうね。が、それに反して、収録曲の半数以上がレゲエだと、ちょっと、萎える。分かっていて、落ちつた気分のときは凄くいいのだろうけど。


JUGEMテーマ:音楽

夕べもシップして、今朝もシップを張り替えて、普段どおりに会社に行ったが、背中の痛みはほぼなくなった。今日はいつもどおり歩いて帰れた。この後の筋トレだけはもう1日休もう。
話変わって、・・・夕べ「Supertramp」で検索をかけ、ある個人のWebSiteに行き当たり、中を読んでいたのだが、結構、好みとか似ていて。どんな人だろうとプロフィールを読んだところ、思わず、「これ、俺?」と言ってしまうほど似た境遇の人だった。同い年で大阪出身で80年代音楽があまり好きでなくて、ある一時期に神戸に住んでいたら大震災にあって、と。いやぁ、自分に似た人って、Internetの世界に居るもんですねぇ。

Pretenders
Pretenders / Pretenders
Real Records. - 1980

プリテンダーズの1st。あまり記憶がないが、これも当時誰かに借りてテープに落としたと思われる。全曲聞き覚えがあった。普通10曲入りのアルバムだと、A/B面、5曲ずつと言うのが普通だが、これはA面6曲、B面4曲。前半は疾走感のある短めの曲でたたみ込み、後半はじっくりと聞かせる構成になっている。やはり前半の勢いが素晴らしい。クリッシー姉御のロックン・ローラーとしての面目躍如だ。



PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM