JUGEMテーマ:音楽


アメリカ大統領選挙。事前の支持率調査では、僅差だけど、クリントン優勢と毎回言われていたし、いくらアメリカ人が馬鹿だからと言って、あんな品性のない候補者を最終的に選ぶことはないだろうと思っていたが。・・・驚いた。それ程社会的な格差が広がって、下の層の人たちが不満を持っていたんだ。現状の延長線上の政治は嫌だと。これは民主党から共和党への政権交代でもあるしな。結局、ある一定の収入のあるリベラルな都会に住んでる人たちしかヒラリーに投票しなかったって訳か。アメリカは大きな田舎、年寄も多く、レイシスト傾向の強い昔の強いアメリカを取り戻したいという白人労働階級は、トランプを選んだんだね。

Second Album
Second Album / Roy Buchanan
Polydor Inc, - 1973

中古レコードで回収した、ロイ・ブキャナンの2nd。日本では当時、これがデビュー作だったようだ。まぁ、ブルースなんだけど、時折ハワイアンやハードロックも顔をのぞかせる、聴いていて気分の良い音楽だ。ただ、テレキャスターの高音の叫びは時折耳が痛い。


JUGEMテーマ:音楽

この間の土曜日の憂さ晴らしで買ったもの、その1がこれ。
DigitalSoundCleaner
Digital Sound Cleaner - 株式会社インターネット

レコードの録音に今までサウンドカードにバンドルされていた「Sound it! 3.0 LE」というソフトと、クリック音除去やイコライジング、コンプと言った編集にはAudacityというフリーソフトを使っていたんだけど、ここのところノイズ除去で歪みが発生したりで、正解が分からなくなっていた。一発ここで、有償のソフトを買って、録音クオリティが上がるのか試したくなった。レコード録音の為に投資するってのは、俺には有意義のはず。また、この会社がVocaloid3のGumipoidを出している会社ということも購入を後押しした。

AStreetCalledStraight
A Street Called Straight / Roy Buchanan
Electra Records. - 1976

前回、結構歪みのあったこれをDigital Sound Cleanerで再録してみた。件のソフトはノイズリダクションの性能が売りだそうで、ハムノイズ、クリックノイズ、ヒスノイズの3種類それぞれのノイズリダクションエフェクトを持っている。後は、若干のイコライジングとコンプレッサーを掛け、このソフトの中でCD-Rへの焼きこみも行った。結果、ノイズ、歪みは殆ど感じないレベルになった。注意深く聴くと皆無では無いかも知れないが、音楽の鑑賞を邪魔するようなノイズはなし。しかし、コンプレッサーをかけすぎたのか、若干、音の出方、消え方に不自然を感じる。結構パラメータをいじれるので、ベストなやり方を会得するまでにはまだ色々試す必要があるだろうけど、このソフトで綺麗に録ることができるようになったのは間違いない。肝心の音楽だが、ノイズレスだと、音楽そのものも良くなったような気がして、前回よりは全然気持ちよく聴けた。








JUGEMテーマ:音楽

昨夜Blogを付け終わってから、いつもの様にリビングで嫁さんに今日の記事を見せようと自分のページを表示したが、表示されず。サーバがダウンしたりしてHTTPのリクエストに答えない場合はずっと砂時計が続いたりするんだが、レスポンスは直ぐに返ってきてるようで、ただ、画面が表示されない。iPod Touchでは表示出来るというので、わけが分からなかったんだが、今朝、Jugemから「【重要】PC版ブログの表示ができない障害に関しまして」てなメールが。どうやら、Blogのデザインテンプレートがぶっ飛んで、それが原因で画面表示が出来なかったらしい。朝には復旧していたが、やれやれだ。

AStreetCalledStraight
A Street Called Straight / Roy Buchanan
Electra Records. - 1976

ミュージッシャンズ・ミュージッシャンとして知られる、いや、それ故一般的には知名度が低い名ギタリストのアルバム。レコードで回収。どうもここに来て売れたいと思ったのか、「My Friend Jeff」なんていうJeff Beckの名前を冠する曲を収録してみたり、「メシアが再び」を再録してみたり。その特徴的なテレキャスターの演奏はたっぷり聞くことができるが、なんか、あんま良い、と感じられなかった。「Guitar Cadenza」の後半なんて、テレでこんな音もでるんだぞー、すごいだろー、と言われているようで、音楽的にはとてもつまらなかったりするのも、その原因のひとつだろう。


JUGEMテーマ:音楽

前回、数週間前にお好み焼きを焼いたのだが、タネが全然固まらず、ゲル状のわけの分からない「お好み焼きもどき」になった。ねばねばの食い物だ。近いうちにリベンジをと言ってあって、今日焼いたのだが、またもゲル状。どうした嫁さんよ。今まで20年近く散々作っておいて、ここに来て2連敗とは何事か?それもそーだし、何故俺は毎日料理してるよ。昼はチャーハン作ったし。

LiveStock
Live Stock / Roy Buchanan
Polygram Records,Inc. - 1975

これが、CD持ってるのにレコード買っちまったやつだ。そうじゃん、「Live Stock」と「Live In Japan」はCD買ったじゃん。何故忘れるかなぁ。って、聞き込んでないのが悪いんだ、と思い、夕べ久しぶりに聴いた。ロイ・ブキャナンは、一時期Stonesにも誘われたと噂がある程のギタリストだ。ルックスはまるっきり地味なおっさんだが、ギターは激しい。テレキャスターの甲高い音が絶叫のように聴こえる。そして結構な早弾きだ。やっている音楽は基本的にブルース。一般的な商業的成功は得られなかったが、独特なカラーをもったギタリストだった。


JUGEMテーマ:音楽

いやー、今日もなかなか大変だった。小学校の文化祭とYAMAHA発表会LIVEのはしご。朝早くから餓鬼どもの貧乏臭い出し物を見て、午後はYAMAHAのリハと夕方から本番。ダメだ。俺はたとえ子供でも他人のLiveを見ると自分がやりたくなる。
結局夕べは、「狂熱のライブ」、特典映像ディスクだけを見た。当時のロバ君、滅茶苦茶格好良いね。本編はこれから見る。

LiveInJapan2
Live In Japan / Roy Buchanan
Polydor Records - 1978

「世界で最も偉大な無名ギタリスト」。・・・いや、俺が言ったんじゃない。インナースリーブにそう書いてある。いい得て妙だな。ロイ・ブキャナンは、どっちかっていうとミュージッシャンの間で高く評価されているが、一般の知名度や、人気は低い。ミュージシャンズ・ミュージシャンと呼ばれている。テレキャスターのギタリストなので、聴いてると時々耳が痛いほどの金きり音がする。この人、確か、最後、酔っ払って豚箱で自殺したんだよな。


1

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 昔のアルバムの長さ
    2S
  • 昔のアルバムの長さ
    ぽんたろう
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 日曜の夜の過ごし方
    2S
  • 日曜の夜の過ごし方
    jerry
  • 給料日待ち合わせ
    2S
  • 給料日待ち合わせ
    jerry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM